ファイナンシャル・プランナーの資格試験に挑戦

ファイナンシャル・プランナーの国家資格に挑戦した記録です

残り2週間でラストスパート

2017年5月13日

FP2級の試験まで2週間と迫りました。

学科試験については不合格になることはまず無いと思われるので、残りは単語カードで数値を完全に覚えるのと、実技の過去問に絞って勉強しようと思います。
単語カードは覚えていない物に絞っての学習に切り替えました。

実技の過去問をするのは2月上旬以来なのですが、2週間はちょうど良い期間かなと思います。
こちらのほうは覚える事は少ないし、前回やった時に要注意の問題には印をつけてあるので効率よく勉強できると思います。

それが終わったらテキスト「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」を最初から読んでみようと思います。3級の試験が終わってからは、あまりテキスト類を読んでいないんです。

2016年1月の実技の過去問をしたのですが、ボロボロでした。
計算ミスはするし、勘違いはするしメチャクチャでした。やっぱり実技は練習しないといけません。
前回の時は、先に問題集をやっていたので対応できましたが、今回はいきなりだったので、計算方法を完全に忘れていたようです。

2週間あれば完全に取り戻せると思います。

2016年5月の実技の過去問もしました。単純なミスが多いです。次回からは使い慣れた大きい電卓を使おうと思います。

自動車の中で聞く音源も直前対策用のものに切り替えました。

2017年5月14日

2016年9月の実技の過去問をしました。やっぱり単純ミスがあります。

当たり前のことをころっと忘れていたりもします。でも80%以上の正解率はあります。

2017年1月の実技の過去問をしました。やっぱり単純ミスがあります。まあ時間ギリギリまで確認しないので仕方ないです。正解率は90%以上でした。

忘れていた事も思い出しました。

せっかくなので2級の問題集「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編」を再びやってみることにしました。

前回より随分勉強したと思っていましたが、やっぱり難問が多くて、テキストの隅のほうまで理解していないと解けない問題がかなりあります。テキストだけでは解けない問題も少しはあります。
受験対策上だけなら、ここまでやらなくてもいいかなという感じです。でも、理解が浅かった部分の理解が深まります。

特に覚えておかないといけない事は、ラインでマークしておきました。

2017年5月19日

FP2級の試験まで2週間を切って、「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」を改めて読みました。

やっぱり判りやすいです。
忘れていたことや、記憶していたことが頭の中で整理されました。

記憶があやふやなところにはラインをひいておいたので前日1時間ほどでチェックできると思います。

後は単語カードを完璧に覚え、問題集の残りをしようと思います。完璧状態に近づいています。

2017年5月21日

問題集「パーフェクトFP技能士2級対策問題集 実技編」を全部やりました。

理解が浅かった部分の理解が深まりました。

完璧状態に近づいています。

これから実技の過去問の、前回間違えたところを中心に復習します。

単語カードもかなり完璧に近い状態で覚えました。

2017年5月22日

実技の過去問2016年の3回分しました。相変わらず凡ミスがあります。

でも、中途半端な理解が、より深い理解になった点もありました。

2017年5月23日

最短合格・2級FP技能士上巻を改めて読み始めました。

最短合格・2級FP技能士は初歩段階での勉強には役立ちませんが、ある程度理解が進んだ段階での学習には役立ちます。
「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」では掲載されていない箇所で、実技の過去問をやって見て重要だなと思った箇所も最短合格・2級FP技能士には掲載されているので、最後の頭の整理には良いです。

6割とる事だけが目的ならば、ここまでしなくても良いのかもしれません。

実技の過去問2017年1月の過去問しました。満点でした。

2017年5月24日

最短合格・2級FP技能士上巻を読み終わりました。

ほとんどが理解できているので、苦手な部分を中心に学習でき、苦手だった部分がかなり理解できました。

電子単語カードで学習しました。

2017年2月24日

電子暗記カードmemoriboLISNYを購入したので、旅行業務取扱管理者資格試験用の単語カードに続いて、ファイナンシャル・プランナーの自作の単語カードを電子化してみました。
パソコンのエクセルからデータをコンバートできるのですが、改行とかは送れないので、memoriboLISNYにデータを送ってから整形しないといけません。
画面が小さくて白黒なのが物足りないです。
レジューム機能があるのと、単語の難易度を登録できて、覚えていないカードだけを表示できるのが良いです。

2017年4月22日

白ロムのスマートフォン(docomo契約だったSONY XPERIA acroHD SO-03D)を3454円で購入したので、Androidアプリの単語カードを試してみました。やっぱり画面が大きく文字が見やすいのが良いです。

ファイナンシャルプラニングの単語カードの内容を、シンプル単語帳、AnkiDroidに移植しました。パソコンのEXCELからデータが移植できました。苦戦もしたけれど、なんとか使えるようになりました。

「シンプル単語帳」はデータを取り出せないので、他の端末で共用できません。レジューム機能も無く、文字の表示が大きすぎて使う気がしませんでした。

AnkiDroidもパソコンのEXCELからデータが移植できました。データの編集可能は簡単です。文字の大きさも適度で読みやすいです。
AnkiDroidはレジューム機能が完全ではないのと、単語の難易度の登録も使いにくいのが難点ですが、スマートフォン上でのデータの修正が楽なので使いやすいです。文字の大きさも適度で読みやすいです。
データを取り出して、他のAndroid端末で使う事もできます。

2017年5月8日

AnkiDroidで単語カードの学習をしました。
AnkiDroidは、この問題は10分後に再びするとか、4日後に再びするとかいうのが難易度の登録で、しかも登録は必ずしないといけないので、不定期に短時間ずつの学習には不向きですが、1日にある程度の時間を使って学習するのには便利です。またファイルを他の人にメールで送るモードもあります。

自作の単語カードは、自分で言うのもなんですが、要点がしっかり抑えられていて便利です。
やっていると自信がつきます。

単語カードの数字をしっかり覚えてから実技の過去問をしようと思います。

2017年5月9日

memoriboLISNYで単語カードの学習をしました。

やっぱり、memoriboLISNYのほうが学習しやすいです。
165個の単語カードの内、完全に覚えきれていないカード(レベル2)を89個に絞りました。
枚数を絞ると、効率が上がります。

さらに、もう1段階絞ろうと思います。

2017年5月13日

165個の単語カードの内、最も覚えにくいカード(レベル3)を41個に絞りました。

残り2週間で完全に覚えます。

FP2級、3級の過去問のアプリが存在する

2017年1月9日

ファイナンシャル・プランナーの2級と3級の過去問を検索したら、Android用のアプリが存在していました。解説まであるので便利です。

ちなみに3級学科の最新の過去問をやってみたら9割以上の正解率でした。最近2級用の勉強ばかりしていたので、直前には、3級用の勉強もしないといけないかなと思っていたのですが、このまま2級の勉強を続ければよさそうです。

2017年1月12日

2級学科の新しめの過去問をやってみましたが、かなりの正解率でした。2級学科なら今でも合格できそうです。

2017年1月14日

2級実技の過去問をやってみましたが、問題のページが1面で見れないので使いにくいです。どちらにしても計算も必要なので出先で使うより、パソコンで過去問を見ながらじっくり取り組んだほうが良いです。

2017年4月25日

2級FP暗記カード+過去問徹底対策(解説付き) というアプリを使ってみました。
学科問題だけの掲載ですが、解説もついているし、問題を赤(要チェック)、黄(普通)、青(バッチリ)の3段階にチェックできて、色を指定して問題を表示することもできます。リジューム機能もあるので、途中でやめても、そこから再開できます。
本当に理想的なアプリです。

過去問は2014年9月、2015年1月、2015年5月だけしかないので、ちょっとデータが古いですが良くできたアプリです。75%程度の正解率でした。

新しいデータのものがあれば300円程度なら購入しても良いかなと思いました。

2017年4月29日

最新版FP2級(2016年度版2級3級FP一問一答過去問 解説 無料)というアプリを使ってみました。
最新版といえ、2015年1月と、2015年5月と、2015年9月の過去問だけでした。
2級FP暗記カード+過去問徹底対策(解説付き)と較べると機能が素朴ですが、有意義に使えました。
リジューム機能があるのが嬉しいです。

FP2級過去問解説も使ってみましたが、2015年9月、2016年1月、2016年5月、2016年9月、2017年1月の過去問が掲載されていました。4択問題では無く、すべて〇✖式なので、ちょっと使いにくいです。それに難しい問題のチェック(登録)もできないし、レジューム機能も無いです。
データは有意義ですが、広告が過大でソフトとしては評価できません。

2017年5月7日

FP2級過去問解説(学科)の2015年9月、2016年1月、2016年5月、2016年9月、2017年1月の過去問を全部やりました。

90%程度は判る問題でした。本当は、できなかった問題だけ、再びやってみたいのですが、基本的に記憶する機能が無いので、それはできません。効率の悪いアプリです。

残り3週間あるので、実技の過去問と単語カードで勉強しようと思います。

ファナンシャルプランナーのコラムや著書も参考になる

2017年4月27日

新聞に時々ファイナンシャルプランナー畠中雅子さんのコラムが掲載されているのですが、とても役立ちます。

ファイナンシャルプランニング2級の受験勉強していて、合格できそうなレベルまできていても、畠中雅子さんのコラムの内容は知らない事ばかりです。しかも知っていると、とても役立つことばかりです。

例えば財形貯蓄からの借り入れの利率が低いなど全然知りませんでした。

いくら受験のための勉強をしていても、身についていないというか、肝心な知識を持っていないというか、まだまだだなあと思います。

やっぱりAFPの資格取って、会報を参考に勉強したほうが良いのかなあ。AFP認定者の入会金は10000円および年会費は12000円です。

2017年5月13日

ファイナンシャルプランナー畠中雅子さんの本「定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?)という本を読みました。

FPの受験を目指す人が対象でなく一般の人を対象に書かれた本なので、本当に役立つことに絞って書かれていて参考になりました。
金額の具体例が掲載されているので、今まで机上の知識でしかなかった物が、現実的な知識として実感できたような気がします。

厚生年金の上乗せの額が、国民年金(基礎年金)の額よりかなり大きい事や、加給年金と比べて振替加算の額が極端に低い事や社会保険の任意継続の損得、高額療養費の所得区分、公的介護保険の負担額や内容などが特に参考になりました。

高齢者施設で公的施設は特別養護老人ホーム(要介護3から5程度)と老人保健施設(要支援1から要介護5)、介護・療養型医療施設(介護度は関係なし)があることも初めて知りました。

ただ、新聞コラムで書かれていた内容が、この本では触れて無かったりしてるので、もっと広範囲な話題を扱っていただければ、もっと良かったなあと思います。

ちょっと不思議に感じたことがあったので、畠中雅子さんのブログに問い合わせしました。
「ご指摘の箇所につきましては、社会保険労務士さんの試算になりますので、現在、確認しております。」との返答がありました。

2017年5月15日

畠中雅子さんから、社労士のほうから返事があったとのメールがありました。

記載漏れということで、重版がかかることがありましたら、そのタイミングで修正をしたいとの事でした。

社労士の試算をもとにした記載とはいえ、社労士に確認しないと返答できない内容では無かったので違和感を感じました。

AFPとCFP

ファイナンシャルプランナーの資格試験には国家資格のFP技能士1級、2級、3級と民間資格のAFP、CFPがあります。

AFPとFP技能士2級が同じレベルでCFPとFP技能士1級が同じレベルだそうです。

FP技能士1級、2級、3級は1度合格すると永久的な資格ですが、AFP、CFPは会費を支払って、講習の受講を続けなければ資格が無くなります。

FP技能士1級、2級、3級は日本国内だけで通用する資格だけど、AFP、CFPはアメリカなど海外でも通用する資格と日本FP協会は主張しているようです。

ちなみにFP技能士2級合格者は日本FP協会の講習を受ければAFPの資格も取得できるそうです。

実務で活かしたい人は、情報収集の意味からもAFPやCFPの資格が有効なのかもしれません。

まあ、FP技能士2級を名乗るよりAFPのほうが耳触りが良いですよね。名刺に入れるにも見栄えがします。2級というのは、あまりにもダサいです。

ファイナンシャル・プランニング1級は実務経験が必要

2017年4月10日

ファイナンシャル・プランニング2級の試験まで残り50日になったのですが、今すぐ受験しても受かりそうな気がしてきました。

1月の3級受験時点で合格ラインまで行っていたので当然と言えば当然なんですけど。
あまりにも50日間が無駄な時間の消費のような気がして、ファイナンシャル・プランニング1級の勉強をしようと思い調べたのですが、ファイナンシャル・プランニング1級の受験資格は実務経験が1年必要ということでした。
1級と2級では難易度が相当違うようです。かなり深いところまで勉強しないといけないし、マイナーな問題も出るそうです。
実務経験って、自分でFPの仕事をやっているって思っていれば、無料相談だけ受けていても経験になるのかなあ?
ネットで調べると、ブログでファイナンシャル・プランニングの相談を受けるのも実務期間に含まれるそうです。これだと簡単に実務経験の1年はクリアできそうです。

ファイナンシャル・プランニング1級の試験は学科が9月と1月の2回、実技が6月と2月の2回です。

ファイナンシャル・プランニング1級は通信教育も少ないし教材も少ないです。
みんなが欲しかった! FPの教科書 1級を買ってみようかな。6月になると新版が出るようです。6月では遅いけど、すぐ古くなるのは買いたくないなあ。

2017年4月12日

さっそく、人生設計相談掲示板を設置しました。

みんなが欲しかった!FPの教科書2級の勉強

2017年4月6日

東京ファイナンシャルプランニングの講義動画を見終わったので、「みんなが欲しかった!FPの教科書2級('14-'15年版) 」で勉強しようと思います。やっぱり理解しようという事だと「みんなが欲しかった!FPの教科書 シリーズ」が良いです。
14-'15年版なので、数値の変更があるので、最初に修正しようと思います。

「みんなが欲しかった!FPの教科書3級('14-'15年版) 」と「15~16年度最短合格・2級FP技能士上巻・下巻」で、データの修正点を確認済みなので、それほど手間はかからないと思います。

2017年4月7日

「みんなが欲しかった!FPの教科書2級('14-'15年版) 」の修正をしました。

おおまかに内容を見ると3級の「みんなが欲しかった!FPの教科書3級('14-'15年版) 」と内容は8割がた同じです。ただ、「みんなが欲しかった!FPの教科書3級('14-'15年版) 」に自分で記入した補足説明が「みんなが欲しかった!FPの教科書2級('14-'15年版) 」には掲載されていたりするので少しは内容が深くなっているようです。

結局はFP2級も3級も、それほど変わらないという事なんだと思います。

2017年4月8日

遺族厚生年金の、遺族基礎年金と中高齢寡婦加算と経過的寡婦加算の関係と、老齢厚生年金の経過的加算と加給年金と振替加算の関係、国民年金の寡婦年金がよくわからなかったのですが、「みんなが欲しかった!FPの教科書2級('14-'15年版) 」とネットからの情報で、なんとなく理解できました。

こういうのは、「最短合格・2級FP技能士」では、ダメなんですよね。

2017年4月9日

「みんなが欲しかった!FPの教科書2級('14-'15年版) 」を最初から最後まで読みました。数字以外はほぼ記憶を取り戻しました。

単語カードで数字を覚えなおして、過去問をすれば試験対策としては万全だと思います。残り50日もあるので、相当余裕があります。

旅行業務取扱管理者試験の国内地理と並行して勉強しても大丈夫そうです。WEB上の国内観光地理を早く完成させようと思います。

2017年5月19日

FP2級の試験まで2週間を切って、「みんなが欲しかった!FPの教科書2級」を改めて読みました。
やっぱり判りやすいです。
忘れていたことや、記憶していたことが頭の中で整理されました。

国民年金の老齢基礎年金の満額の受給額が変わった

2017年3月26日

新聞を見てたら、4月から国民年金の老齢基礎年金の満額受給額が下がり、保険料の金額が上がると掲載されていて、慌てて、テキスト、問題集、単語カードの値を変更しておきました。

国民年金の老齢基礎年金の満額受給額が779300円になりました。

2017年4月8日

他にも年金・保険料・税金などで4月から変わった部分があったので、テキスト、問題集、単語カードの値を変更しておきました。

YAHOO知恵袋を利用した

宅建の勉強をしている時は、よくYAHOO知恵袋を利用していたのですが、国民年金の若年・50歳猶予や免除期間の老齢基礎年金額への反映について判らないことがあったのでファイナンシャル・プランナーの勉強で初めて、YAHOO知恵袋を利用しました。

すぐに回答があって、とても参考になりました。