2017~18年版スピードスタディを購入しました - ファイナンシャル・プランナーの資格試験に挑戦

ファイナンシャル・プランナーの資格試験に挑戦

ファイナンシャル・プランナーの国家資格に挑戦した記録です

2017~18年版スピードスタディを購入しました



2017年9月20日

ヤフオクでFP1級スピードスタディ2017~18年版(Ohmsha DVD)を購入しました。
22000円(送料別着払い)で即決にて出品されていました。
正規に購入すると10万円近くするのに、最新版がこんなに安く購入できるなんてラッキーです。

2017年9月22日

FP1級スピードスタディ2017~18年版(Ohmsha DVD)が届きました。
DVD6枚で13時間ほどの講義です。
さっそくMoo0ボイス録音器を使ってMP3化に着手しました。
11月末に福祉住環境コーディネーターの試験ですが、そっちのほうは気合入れてまで頑張らなくても合格できるので、一日でも早くFP1級スピードスタディの音源での学習を始めようと思います。

2017年9月25日

FP1級スピードスタディの音源を聞き始めました。
FP1級で重要なのは、2級の復習、難しそうだけど頻出の問題のマスター、改正になった制度のチェックということでした。
学科応用の1枚目「ライフプランニングと資金計画」の講義音源を聞いたのですが、2級の内容とそれほど変わっていなく、ちょっとマイナーな分野が問題として出るような感じです。

2級の内容を完全にマスターしていれば、1級だからと特別に新しい分野を学習しなければいけないというものでも無さそうです。結局は60%の正解で良いのですから、見た事の無いような奇問は最初からできないと割り切った方が良いようです。
スピードスタディは合格できれば良いという事で、重要ポイントを完全にマスターすることを目指した教材のようです。なんか合格できそうな気がしてきました。

2017年9月26日

FP1級スピードスタディの学科応用2枚目「金融資産運用、タックスプランニング」を聞きました。
金融資産運用音源財務諸表について、いろんな係数の計算により経営を判断するような内容で、これは1級からの範囲なので今から覚えなくてはいけません。
タックスプランニングは法人が中心なので、これも1級からの範囲です。
DVD講義を見て学習すればマスターするのは難しくはないように思います。

学科応用3枚目は「不動産、相続・事業相続」でしたが、2級の内容を少し踏み込んだ内容です。宅建の受験範囲に無かった部分も少しありましたが、ちょっと学習すればマスターでそうです。
相続・事業相続は取引相場の無い株式の評価が中心で、2級ではほんの少し舐めてた部分が深いところまで触れられています。

FP1級では学科応用と学科基礎で100点ずつで合計で120点取れば合格で、学科応用のほうが得点しやすいので、学科応用で70点から80点取って、学科基礎で50点から60点をとれば合格と考えればよいみたいです。

学科基礎1枚目はタックスプランニング、リスク管理に関する講義でした。
タックスプランニングも内容が深く、法人関係も多いです。
リスク管理は自動車保険や企業向けの保険も深いところまで覚えないといけません。

2017年9月27日

FP1級スピードスタディの音源の続きを聞いてみました。
学科基礎2枚目は金融資産運用、不動産に関する講義でした。
不動産に関しては、2級に含まれないかなり深い部分まで範囲になっていますが宅建で学習しているのでも問題ありません。

学科基礎にも計算問題があるのですが、時間内に消化するのは大変そうです。

学科基礎3枚目は相続・事業継承、ライフプランニングと資金計画です。
確定拠出年金や日本政策金融公庫、中小法人の資金調達など詳しいところまで出題範囲になっているようです。


コメントする