福井の食 美味しいランチ

福井の食べ物についてのブログです



ラーメン池田屋福井店

今日はラーメン池田屋福井店に入りました。
ラーメン池田屋はデカ盛で有名なお店です。
店内は、それなりに広いのですが、カウンター8席と2人掛けのテーブル1個しかなくて、待つための椅子や無駄なスペース(?)がほとんどを占めています。客の回転率を上げるため、あえてそのようにしているのかもしれません。
最初に発券機で食券を購入します。ラーメンプチ(普通の大盛)680円、ラーメン小(麺2.5玉分)730円、ラーメン中(麺3.5玉分)780円、ラーメン大(麺4.5玉分)830円などがあります。初めての人にはラーメン小がお奨めという事です。
今日はラーメン小にしました。
食べ終わった人がいると、自分でコップと箸とレンゲをとってコップに水を入れて順番に空いた席に座ります。特に案内とかはありません。
カウンターに食券を置いて、出来上がるのを待ちます。
カウンターには「当店はセルフサービスになっております。お手数ですが、食器 ごみなどはカウンターの上にあげ。汚れは拭き取ってから、次のお客様にお譲りください」と掲示されていました。
それほど待たずに、ラーメン小が出されました。
茹でもやしが大量に盛り付けられていて、チャーシューもボリュームあります。麺は極太で歯ごたえがあります。スープは味噌味です。
茹でもやしは味がついていないので、そのまま食べると味が薄くて物足りないので、スープをしっかりと付けて食べます。個人的にはもやしを炒めてくれたほうが嬉しいです。でも美味しかったです。
小でもボリュームがあり、お腹いっぱいになってスープを飲み干せませんでした。

ikedaya.jpg

ラーメン池田屋福井店の場所はこちら   福井県福井市学園2丁目6−1



酒菜 ゆめ哉

今日は、「酒菜 ゆめ哉」に入りました。ワンコインがあるって情報をキャッチしていたので興味があったのですが、以前行った時は臨時休業で、入れなかったのですが、やっと入ることが出来ました。
店頭にワンコインランチ、まんぷく定食 牛ロースステーキ、週替わり丼 鶏ごまだれって掲示されていました。
店内に入ると、カウンター席と個室などがあるような感じでした。1人だというとカウンター席を勧められました。ランチタイムは禁煙と掲示されていたので、カウンターでも安心です。
すぐに熱いお茶と紙のお手拭き、ランチムニューが出されました。
ランチメニューを見ると、ゆめ哉(海鮮)重500円、ぜいたく(海鮮)重900円、ゆめ哉(週替わり)丼500円、ちょこちょこ定食(鉢物7品、ご飯、汁物)500円、まんぷく定食(週替わりメイン一品、鉢物5品、ご飯、汁物)900円がありました。
具大盛+100円、ご飯大盛+100円、定食はおかわりOKです。
当初、ワンコインランチを食べようと思って入りましたが、牛ロースステーキにつられて、まんぷく定食を注文しました。
10分ほど待って、まんぷく定食が出されました。まんぷく定食には刺身盛り合わせ(カツオ、鮭、ぶり)、ビーフステーキ、こんにゃくと油揚げの煮物、蓮根と人参の煮っころがし、メカブのぬた、ポテトサラダ、うどん、ご飯、漬物が付いていて豪華なランチです。
刺身は新鮮さを感じましたし、その他の料理の味付けも良く美味しかったです。
ただ、ビーフステーキはあまりにもレアすぎて、ステーキというより牛肉のたたきって感じでした。味は良かったのですが、せめて熱いステーキが食べたかったです。ちょっと心残りでした。
とは言え、これで900円は凄いです。

yumeya1.jpg
yumeya2.jpg

酒菜 ゆめ哉の場所はこちら   福井県福井市灯明寺2丁目703



まごころ屋 ますよね

福井市中央卸売市場(ふくい鮮いちば)に久しぶりに行きました。ランチやっているお店が減っていました。
でも「まごころ屋 ますよね」って新店ができていました。
店頭にメニューが掲示されていて興味があったのですが、店員さんが2人立っていたので、よく見えなかったのです。通り過ぎてしばらくして戻って、どうしても気になって、メニューを見ようとしたら、「お昼の食事終わりました?」って聞かれて、まだですと答えると、「それではどうですか?」と言われ、何がありますかと聞くと、「まごころ屋定食が、福井特産品を揃えたお奨めです。」と言われました。日替わり定食は、なんですかと聞くと「甘海老の天ぷらと鯛の漬けです」との事でした。それで日替わり定食を頼んで店内に入りました。
メニューには日替わり定食800円、まごころ屋定食900円、海鮮漬け定食1200円、特製漬け海鮮丼1000円(上1500円)、炙り海鮮丼1000円、生しらす丼900円、炙りウニの3種丼1280円などがありました。御飯大盛が100円高、食後のコーヒー100円などがありました。
ちなみに丼は普通の御飯と酢飯(+100円)を選べます。これはありがたい配慮です。
店内はカウンター席とテーブル席があり、お客はいませんでしたがカウンター席に座りました。すぐに熱いお茶が出されました。
それほど待たずに、日替わり定食800円が出されました。
日替わり定食には、甘海老の天ぷらと鯛の漬け、黄身の玉子焼きと白身の玉子焼き、豆腐、漬物、海藻の味噌汁、御飯、ひじきのふりかけが付いていました。鯛の漬けは異様に柔らかかったです。甘海老の天ぷらも柔らかかったですが、サクサク感はあまり無かったです。
日替わり定食については、物足りなさを感じました。でも生しらす丼900円は興味があるので再訪するかもしれません。
お茶は飲み干してあったのですが、追加で注いでいただけました。

magokoro.jpg

まごころ屋 ますよねの場所はこちら   福井県福井市大和田1-101



タイごはん サヌック

奥まったところにタイ料理のお店があるのを見つけたので入ってみました。店頭に主なメニューが掲示されていたので、ちょっと高いかなあと思いましたが安心して入れました。
テーブル席がいくつか並べられています。最初はエスニック風の音楽がかかっていましたが、途中で日本の音楽やら洋楽やらなんでもありって感じでかかっていました。
メニューにはガパオライス(単品850円、セット1300円)、グリーンカレー(単品850円、セット1100円)、ガイヤーン(単品850円、セット1300円)、カオマンガイ(単品850円、セット1300円)などがありました。
今日はガイヤーンのセットを注文しました。飲み物が選べたのでアイスコーヒーを注文しました。
15分ほどで、料理が出されました。
ガイヤーンのセットにはガイヤーン(タイ風焼き鳥)、タイ風玉子焼き、にんじんのソムタム、もち米のおにぎり、スープ、アイスコーヒーが付いていました。
選んだ料理が悪かったのか、エスニックを感じた料理はありませんでした。ガイヤーンは普通のチキンソテーで、つけダレのみが唯一エスニックっぽいかなあと感じました。
食べ方の説明をしてくれて感じは良かったのですが、ちょっと残念でした。
sanuk.jpg

タイごはん サヌックの場所はこちら  福井県福井市中央1丁目21-33



すたみな太郎 福井店

今日は、すたみな太郎 福井店に行きました。
すたみな太郎は店名が「オリオン」だった時に、ディナータイムに行った事はありましたが、平日ランチタイムは初めての経験です。
ホットペッパーでクーポン(ドリンクバー無料)を入手しておいたので、入店時渡します。会計は基本料金1258円を入店時に済ませ帰りに追加料金を支払うシステムになっていました。ランチタイムの最短時間コースは90分です。

テーブルに案内されて、コンロに火をつけて、ドリンクバーのコップを渡されました。
時間は13:00と少し遅めだったので、空いていました。

とりあえず、ウーロン茶と焼き肉の肉を持ってきました。肉は牛肉、豚肉、鶏肉、なんかよくわからない名前の肉などがありましたが、一応生産国の表示はしてありました。
タレは1種類だけで、辛子みそなどは置いてありません。
edokko1.jpg
実際に金網にのせて焼いてみると。最初から肉が金網にくっついて焼きにくいです。しかも肉が超薄く切ってあるので金網から取ろうとするとボロボロになってしまいます。
edokko3.jpg
どれも、良い肉では無いのですが、その中ではトロトロホルモンが気に入りました。
2回目は、薄くない種類の肉を選んで取ってきました。
edokko5.jpg
さすがに、何皿もとってきて食べるようなお肉はありません。

惣菜ブースの料理の種類が少なくてびっくりしました。
チャーハン、焼きそば、たこ焼き、鳥唐揚げ、筑前煮、ポテトフライ、不明の揚げ物だけです。
チャーハン、焼きそば、たこ焼きはおかずとは言えないので、実質、鳥唐揚げ、筑前煮、ポテトフライ、不明の揚げ物の4種類だけと言えます。
惣菜ブースのお皿はヒーターらしきものの上に置いてありますが、全然保温されていなくて、全部冷たかったです。酷過ぎです。
edokko2.jpg

モツの味噌煮込みは、しょっぱめでしたが意外といけました。ただ、モツはあまり入っていなく野菜がほとんどでした。
モツの味噌煮込みはお替りしたのですが、2回目はお湯を加えて食べました。
スープはカルビスープとコーンクリームスープも飲みましたが、まあまあの味でした。
edokko4.jpg

せっかくなので、寿司も食べてみました。当然ながら瑞々しいネタの寿司は無いですし、乾いた感じもしてまあ、スーパーマーケットで売られている寿司程度の物です。
edokko6.jpg

まあ、料理に関しては散々な「すたみな太郎」です。料理だけだったらオレボ食堂のほうが何倍も良いです。
「すたみな太郎」の真価はこういうところには無いです。何と言ってもデザートです。
まずはモンブランケーキとプリンと杏仁豆腐をとってきました。モンブランケーキはそれほど美味しくは無かったのですが、不味いという程でもないです。
プリンと杏仁豆腐は美味しかったです。
edokko8.jpg

最後にとっておきの大好きなソフトクリームです。ソフトクリームがあるだけで点数がどーんとアップします。
容器に餡子(あんこ)をたっぷり入れた上にソフトクリームを盛り付けました。
とっても美味しくて、至福の時を感じました。
edokko9.jpg

さすがに体が冷えたので、カロリー控えめのホットココアを飲みました。美味しかったです。
edokko10.jpg

それほどの量を食べたわけでもないのですが、お腹いっぱいになりました。

結局40分でお店を出ました。

すたみな太郎 福井店の場所はこちら  福井県福井市 新保町23−3-2



オレボ食堂 オレボステーション米松店 OreBo Station

2018年1月16日

今日もオレボ食堂に入りました。今まで気づかずに利用していたのですが、御飯・パスタ類は150g以上で総菜は450g以内という制限があるようです。
炒飯、カレーライス、たらこスパ、ノースヒレカツ、鶏唐揚げ、ササミチーズはさみ、コーンクリームコロッケで564円でした。お茶、味噌汁はサービスです。526gで外税42円の総額568円でした。御飯・パスタ類と総菜類と別々に重さを測ったわけではないですが、多分制限内だったと思います。

いつもレンジの温めで失敗するので、今日はレンジを慎重に設定して使いました。少し高めの85℃に設定しましたが70℃で切れてしまいました。
炒飯、たらこスパはぬるいままでした。カレーライスやコーンクリームコロッケは熱々でした。
コーンクリームコロッケは2つとりましたが美味しかったです。
お腹いっぱいになりました。

orebo7.jpg

2017年6月27日

今日は、時間が無かったので、オレボ食堂に入りました。オレボ食堂は待たずに食べられるので、こういう時に便利なんです。

炒飯、お好み焼き、海鮮あんかけシューマイ、油淋鶏、鶏の唐揚、ソースカツ、カニクリームコロッケ、ポテトサラダ、パスタサラダ、フルーツサラダ、味噌汁、お茶。
これだけ盛り付けても523円です。

今日はカニクリームコロッケがあったので2つ食べました。やっぱり美味しいです。

今日は、レンジが温めが効きませんでした。ここのレンジは、どうも使い方が判りません。

orebo6.jpg

2017年1月31日

今日もオレボ食堂に入りました。今日も13:30と時間が遅かったのですが、前回よりは料理は残っていました。
肉料理を中心に、たくさんの種類を盛り付けました。
前回美味しかったカニクリームコロッケはありませんでした。
これだけ盛り付けても629円です。
68度で温めましたが、それほど熱くなりませんでした。レンジがもうちょっと性能良いといいんですが。

orebo5.jpg

2016年11月1日

久しぶりにオレボ食堂に入りました。ランチタイムは1g1円は変わっていませんでした。13:30と時間が遅かったので、料理は無くなっているのものがほとんどで、補充もされていません。チャーハンも1人分すら残っていなく、無料サービスの味噌汁もぎりぎり最後の1杯という感じでした。それでも、なんとかプレートに料理を盛り付けました。チキンロースト、ソースカツ、ホタテクリームコロッケ、鶏唐揚げ、春巻き、ポテトサラダ、麻婆ナス、チャーハンです。
429円でした。
料理が冷たいので電子レンジで暖めました。最初60度で温めたのですが、それほど温かくなく、再度70度で温めました。ホタテクリームコロッケと春巻きは火傷しそうなほど熱くなりましたが、チキンロースト、ソースカツ、鶏唐揚げはぬるいままでした。
相変わらず、不味い料理は無いですが、美味しい料理も無いと思って食べていましたが、意外な事にホタテクリームコロッケはメチャ美味しかったです。

orebo4.jpg

2013年11月26日

今日は時間がなかったので久しぶりにオレボ食堂に入りました。食べたいものをプレートに入れて精算を済ませて、カウンター席で食べました。やっぱり料理が冷たいので電子レンジで暖めました。でも一部しか暖かくなりません。
相変わらず、不味い料理は無いですが、美味しい料理もありません。583円でこれだけ食べられれば文句言えないかな・・・・

オレボ食堂のランチ

2011年12月28日

今日は昼食をとる時間があまり無かったのでオレボ食堂に行きました。時間が遅かったせいもあり料理は冷え切っていました。
さすがに冬に冷えた料理を食べるのはイヤだったので、レジで料理をプレートごと温めても良いですかと聞くと短い時間なら大丈夫と言うので、短い時間ってどれくらいですかと聞くと20秒か40秒だということでした。
とりあえず電子レンジで20秒暖めたのですが、まったく変化が無く、再び40秒暖めたのですが、少しぬるくなった程度でした。これでは電子レンジの意味がありません。
プレートは電子レンジに耐えれる材質のものを使っていると思うので、なんで短時間しか暖められないのか判りません。たまたまレジの人が無知なだけだったのかもしれません。
冬にオレボ食堂を利用する場合は、暖めたほうが良い料理だけを先にとって、電子レンジで暖めてから(2分ほど暖めたほうが良いと思います)サラダなど暖めないほうが良い料理を入れてレジに持っていくのが良いようです。
おなかいっぱい食べて595円でした。
オレボ食堂のランチ

2011年9月20日

今日は惣菜バイキングのお店オレボステーション(OreBo Station)に入りました。オレボステーション(OreBo Station)にはコンビニのスペースと惣菜のスペースと食堂のスペースがあります。
惣菜は約30~40種の料理があり,おのおのに100gあたりの値段がついていますが,ランチタイム(11:00から14:00)とディナータイム(18:00から21:00)はバイキングになっていて,ランチタイムは全て1g1円,ディナータイムは1g1.2円との看板がでていました。100g300円以上する料理もあって,本当に全部が1g1円なのか不安を感じていたのですが,レジへ持っていくと高いのも安いのも関係なく1律1g1円だったので安心しました。
豚の角煮やエビマヨやダシ巻き卵やウインナー,キノコの五目御飯など,いろんなものをプレートに乗せて,合計474gで474円でした。味噌汁はサービスになっていました。
味噌汁以外は,熱々というわけにはいきませんが,いろんなものを好きなだけ食べられるので良いです。外のポスターには御飯は最低150gで惣菜は最高400gまでと書いてありますが,どういう意味かは不明です。惣菜だけで食べるのはダメということなのかもしれません。
丼物やうどん類もあります。

オレボステーションのバイキング

オレボステーション米松店の場所はこちら  福井県福井市米松2丁目24-38



AORカフェ アンソロジィー

今日は、ランチの旗を見かけてAORカフェ アンソロジィーに入りました。
ログハウスのお店で、店内に入るとレッドツェッペリンやACDCのレコードジャケットが目に入る、「おっ」と思いました。
カウンター席には誰も座っていませんでしたし、テーブル席も少なかったので、カウンター席に座ろうと思ったのですが、タバコの煙の臭いがかなりして、つい「タバコの臭いがしますね」と口に出てしまいました。
2階もありますと言われたのですが、ちょっと迷っていると、2階は暖かいですよと言われたので2階に行くことにしました。
2階にはテーブルが1つしかありませんでした。2階にはエレキギターが置かれていて、ビリージョエル、ジョンレノン、ビートルズ、J・Dサウザー、デビッドボウイ、プリンスなどのレコードジャケットが飾られていました。なんか同じ人種に対する親しみを感じました。
すぐに冷たいお水とタオルのおしぼりが出されました。
ランチメニューにはサイコロステーキセット1150円、トマトソースドリアセット1050円、オムライスセット1050円、グリルサンドイッチセット750円などがありました。ランチメニューとはいえ一日中注文できるようです。
今日はサイコロステーキセット1150円を注文しました。飲み物が選べるという事でアイスコーヒーを一緒に持ってきてくれるよう頼みました。
かかっていた曲は、最初はシャーディー、シカゴ、クリストファークロス、ドゥービーブラザースでした。2,3曲ずつかかっていたので不思議に感じていたので、店員さんが来た時、有線放送ですかと聞くと、マスターが編集したCDをかけているということでした。
AORカフェって名前はAdult-Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)から来てたんですね。

注文して25分待って、サイコロステーキセットが出されました。今日はスマートフォンを忘れてきたので少し手持無沙汰でした。
サイコロステーキセットにはサイコロステーキ、焼き野菜、野菜サラダ、グラタン、御飯、アイスコーヒー、食後にフルーツが付いていました。
サイコロステーキのお肉は柔らかいのと硬いのと半分半分でした。個人的には違う食感のお肉を食べられて良かったのですが、ちょっとお肉に臭みを感じました。ソースは美味しかったです。野菜サラダのドレッシングはちょっと工夫が欲しかったです。グラタンが付いていたのが嬉しかったです。

ansorogy1.jpg
ansorogy2.jpg

AORカフェ アンソロジィーの場所はこちら  福井県福井市新保町10−33



日本海寿司

今日は、日本海寿司に行きました。
カウンターに座ると、ランチはこちらですとメニューの掲示を案内してくれました。すぐにタオルのお手拭きが出されました。
にぎり特上寿司1500円、にぎり上寿司1000円、にぎり寿司700円、もり合わせ600円、ちらし特上1500円、ちらし上1000円、ちらし700円がありました。
今日は、ちらし上1000円を注文しました。ちょっと待ってお茶が出されました。
最初に、お蕎麦が出されました。続いて、野菜と肉の煮物が出されました。
せっかく熱いのが出されたので、すぐに食べました。
注文して10分程度で、ちらし寿司とアラ入りの味噌汁が出されました。
ちらし寿司には、ブリ、マグロ、甘エビ、カニ、イカ、イクラ、サーモン、ウニ、うなぎ、玉子焼き、もみじこが付いていました。
どの料理も美味しかったのですが、マグロの解凍が半端でシャリシャリしてたのが残念でした。
それと食事中にカウンター席の客がタバコを吸いだして、タバコの臭いの中で食事を続けないといけなかったのは、とても残念でした。だからカウンター席は嫌いなんです。
でも、これだけ付いて1000円というのは凄いです。
nihonkai1.jpg
nihonkai2.jpg

日本海寿司の場所はこちら 福井県福井市文京4丁目20−9



いきなり!ステーキ 福井大和田店

今日は、いきなり!ステーキ福井大和田店に入りました。
石川県では入ったことがあるのですが、福井大和田店は初めてです。
13:20頃に行ったのですが、外に行列ができているほどではなく、店内の待合室の椅子に20人程度が座っていました。どれくらいの待ち時間が聞くと20分程度だというので待つことにしました。椅子に座って待てるので、それほど苦にはなりません。
とにかく回転が速く15分程度で順番がきました。
ランチメニューはワイルドステーキ200g1220円、300g1501円、450g1998円、ワイルドハンバーグ1188円、乱切りカットステーキ200g1188円、300g1782円などがありました。
ワイルドステーキとワイルドハンバーグはライス・スープ・サラダは付きますが、乱切りカットステーキはライス・スープ・サラダが付きません。
前回はワイルドステーキを食べたのですが、切りにくいし噛み切れないので、今回は乱切りカットステーキ300gを注文しました。
注文して25分ほどで乱切りカットステーキが出されました。トウモロコシとタマネギとスライスニンニクが付いていました。
2種類のソースと胡椒2種、ニンニク、辛子、ワサビ、七味などの調味料はありました。
いきなりソースとワサビで食べました。
乱切りカットステーキも、かなり噛み切りにくくて、匂いのする肉もありました。これならワイルドステーキのほうが良かったかもしれません。
ご飯やサラダが無かったので300gがちょうど良かったです。200gだと物足りないかもしれません。
隣の人はワイルドステーキ450gを注文していたのですが、ワサビを瓶の半分、辛子も瓶の半分、ニンニクも大量に、2種の胡椒をたっぷりつけて、ソースもたっぷりかけていました。ワサビと辛子とニンニクは全部混ぜていました。びっくりしました。どんな味なんだろう?????
14:00過ぎに帰ったのですが、もう待っている人はいませんでした。

ikinari.jpg

いきなり!ステーキ 福井大和田店の場所はこちら  福井県福井市大和田2丁目422



手作りお惣菜 じんべえ

手作りお惣菜 じんべえの存在は以前から知っていて興味があったのですが、ランチパスポートに掲載されていたので、この機会にということで仕事のついでにまわり道して行ってきました。
11:30くらいだったのですが、駐車場は満車状態でした。まわり道までしてきたのに諦める事はできないということで、ちょっと頭を使ってお店に入りました。
1人だと言うと「中に入って右に行って」と言われました。靴をげた箱に入れて中に入っていくと、部屋の中に大きなテーブルがあって、椅子の数だけ大皿、小皿、御飯茶碗、湯飲茶碗、割りばしが、並べられていました。
使われていない食器の場所に座って、自分で食べ物をとってきて食べる方式のようです。
ちなみに食事は総菜のランチバイキング735円だけのようです。ランチパスポートを使うと540円です。
大きな皿を持って、入り口の所の総菜のある場所に行きました。50種類はあるのではないかと思われる総菜の中から、いろんな種類をすこしづつ盛り合わせました。
野菜を中心にした煮物、焼き物、パスタ、サラダや揚げ物、天婦羅などさまざまな料理が並べられています。ヒレカツ、串カツ、焼き鳥、鶏唐揚げ、チキン照り焼き、コロッケ数種、魚のフライ、サバの味噌煮・大学いも、煮豆・・・・本当にさまざまな料理がありました。
小皿にも料理をのせてきました。御飯はひかえめにいれました。
味噌汁やスープはありません。御飯やお茶は各部屋に置かれています。
料理は冷たかったのですが、味付けは良く美味しかったです。
ひと通り食べた後、再び大皿に料理を盛り付けてきました。
個人的には、こんにゃくのからし和えがインパクトが強くて気に入りました。
隣のお客は、御飯を食べなくて、もくもくと総菜を食べていました(笑!)
まだ腹8分目でしたが、時間の余裕が無かったので早々に帰る事にしました。
レジで、ランチパスポートのじんべえのページにスタンプを押す時に、「あら初めてなんですね、もう今月いっぱいしか使えないけど明日と明後日も来てください」と言われました(笑!)。
前回のランチパスポートは、なんか胡散臭い価格設定のお店が多くてお得感を感じませんでしたが、今回のランチパスポートは随分お得感がありました。でも曜日や地域的に行ける範囲で興味のあるお店は無くなったので、もう買う事は無いと思います。

jinbee1.jpg
jinbee2.jpg
jinbee3.jpg

手作りお惣菜 じんべえの場所はこちら   福井県丹生郡越前町織田98−24