宅地建物取引士(宅建)資格試験に挑戦

宅地建物取引士の資格試験に挑戦しました

宅地建物取引士の資格試験の過去問を始めました

2016年7月23日

数字など細かい部分の記憶は十分ではないのですが、理解度はかなり深まったので、平成9年からの過去問で模試を始めました。
まずは回答欄を作って、問題は http://ss-up.net/ 回答解説は http://e-takken.tv/ を利用しました。
本試験では50問2時間ですが、よっぽど気合を入れてテキパキしないと時間内に全問回答することはできません。
正しいのはどれですかとか、誤っているのはどれですかという4拓の問題ですが、途中で正しいのと誤っているのがごっちゃになって、自分では分かっているのに間違った回答をする事が多いので、問題1つ1つに、正しい(T)誤り(A)不明(?)を記入して、最後に回答を決めるようにしました。そのようにしたら判ってて間違うというミスが少なくなり、時間も節約できて2時間以内にすべての問題に回答を記入できるようになりました。
ちなみに、正しいと思うけどはっきりとは分からない場合はT?、誤っていると思うけどはっきりしないはA?、全く判断できない場合は?と記入します。そうすれば、後で解説を読む時に、どの部分を集中的に読めばよいかの判断材料にもなります。
?のついた部分と、間違った部分は、必要と思うところは、コピー&ペーストしてまとめておくと、弱いところを後から何度も読み返せます。こういうところはネットというのは楽で便利です。本だと改めて入力しないとできません。

http://e-takken.tv/では法改正されている部分は訂正してあるので助かるのですが、それでも統計や住宅金融公庫など現状では該当しない部分もあります。

過去問をすると、今まで勉強していない事も新たに知ることができて理解度が深まります。

2016年7月27日

すでに合格圏を超えている年がほとんどですが、散々な年もあります。
とにかく単語カードで記憶が必要なものを完璧に記憶して、安定して合格圏に入るようにしなければいけません。

2016年8月6日

2時間で50問というのは、時間的にギリギリです。最初の10問ほど権利関係の問題が出るのですが、問題を理解するのにも時間がかかるし、考えるのも時間がかかるので、問題の半分くらいが終わった時には時間の2/3くらい過ぎてたりします。そうなると焦ってしまいます。最終的には、時間内に全部の問題の回答を記入できるのですが、もし時間切れになって分かっている問題なのに回答を記入できなくなることになると悲惨です。
こういう事態を回避するためには、時間がかからなくても解ける11問以降から先にやってしまうのが良いと気づきました。

それと万が一、時間が余った時のために、後から再考したい問題には印をつけておくのが良いということが判りました。

2016年8月18日

やっと、平成27年までの過去問が終わりました。だいたい合格圏にきているのですが、5年に1回ほど不合格になっていたりします。合格の年でもギリギリだったり、2,3問しか余裕がなかったりというのが多いです。
しかも最新の平成27年の過去問では不合格でした。ショックでした。テレビをつけながらで、途中、気を取られた時もあったこともあり、明らかな不注意ミスもあったのですが、自分の知識からすると間違えても仕方ない問題も多かったのです。相変わらず、売主自らの販売だとか、相手が宅建業者であることを読み落とすことがあります。
どれだけ知識を増やしても、間違える問題が減りません。後で解説を読んでも、全く聞いたことないという事例が結構出題されています。過去問はテキストに反映されているので、新しい過去問になるほど、テキストにのっていない事例が多くなるのは当然のことかもしれません。
結局、テキストは隅から隅まで理解・記憶する事は最低限必要で、そのうえで過去問で出題された事例をカバーしておかないといけないという事になります。それだけ勉強しても、聞いたこともない事例の問題も数多く出てきます。
それはともかくとして、「わかって合格る宅建基本テキスト」って優れたテキストだと思います。
まあ全部正解しなくても70%程度の正解率で合格なので、テキストと過去問を完璧に理解・記憶しておけば大丈夫なのですがハードルは高いです。運不運はかなりあると思います。

最近、問題の傾向が少し変わってきて、正しいか誤っているかだけではなくて、正しいのはいくつあるかとか、正しいものの組み合わせはどの組み合わせかというような問題が増えています。以前の形式だと、はっきり判らなくても、正しいものを選ぶときに、誤っているとはっきりしているものは除外して、残りの物から1つ選ぶという方法ができたのに、今の問題形式だと1つでもはっきりしないものがあると正解を導くことができない事になります。

これからは、問題集にとりかかろうと思います。試験まで2か月です。

Yahoo知恵袋を利用しました

2016年8月15日

判らない事をネットで調べると、Yahoo知恵袋が一番わかりやすい事が多いです。
それで、どうしても判らないことを、Yahoo知恵袋で問い合わせする事にしました。1日もたたずに回答していただいて理解する事ができました。あんまり安易になんでも聞くのは迷惑だと思うので節度を守って利用したいと思います。

Yahoo知恵袋って最初に1050ポイントが与えられました。ベストアンサーにお礼として25ポイントから任意の報酬を設定できます。
答えてベストアンサーに選ばれると、その報酬が与えられますが、質問者も、ログインしたり質問したり、ベストアンサーの登録をしたりするとポイントが与えられるので、所持ポイントはあまり減りません。

Yahoo知恵袋の場合は、質問の細かいカテゴリー選択は自動になるので、質問の最初にどういう系統の質問であるかが判る文を入れておくと良いようです。

2016年9月9日

Yahoo知恵袋に数件相談しましたが、世の中親切な人が多く、回答がない相談はありませんでした。
適切な回答で、目からウロコという時もあるのですが、もっともらしいけど間違った回答も多いです。そういう回答に対して、根拠を出して再質問すると、回答を削除されたりします。1週間で回答を求める期間が終わってしまうので、もっともらしいけど間違った回答に納得してそのままにしておくと、それが最終的な回答になって、それを見た人は、その回答が正しいと思ってしまいます。
まあボランティアで回答しているので、仕方ないですが、Yahoo知恵袋の結論をまともに信じてはいけません。

単語カードとテキストの表の両方の併用が覚えやすい

単語カードは、とても便利で役立つのですが、単語カードだと、所得税・不動産所得税・固定資産税・登録免許税の特例の関係性や、防火・準防火地域における建築物の構造の規制、建築確認の要否、35条書面と37条書面の記載事項の関係性が、すっきり覚えられません。
こういう関連性をはっきり理解するには表を見て理解するのが有効です。

宅地建物取引士の受験の申し込みをしました。

今日、宅地建物取引士の受験の申し込みをしました。インターネット経由での申し込みで、写真も家族にデジカメで撮ってもらいました。
応募規格に切り取るソフトもあって、問題なく対応できました。
支払いはカードで、受験料7000円の他に事務手数料257円がかかりました。

宅建受験用単語カードを制作しました

2016年6月24日

聞くだけ宅建CDでも、覚えないといけない数字があって、それは単語カードやメモで覚えるのが良いという事なので100円ショップで単語カードを探してきました。
普通の単語カードもあったのですが、赤や青のマーカーペンで覚えておかないといけない部分にマークして着色したフイルムで透かすとマークした部分が黒くなって見えないというのもありました。テキストの覚えないといけない部分にマークしてフイルムで透かすと見えなくなるというマーカーペンとフイルムのセットも売っていたので買ってきました。
世の中、便利になりました。

2016年6月26日

パソコンで綺麗な単語カードが作れたら良いなあと思ってケーズデンキに探しに行ったのですが見つからず、ネットで調べました。
 
A-one 51163 (マルチカード 各種プリンタ兼用紙 白無地 A4判 30面 単語カードサイズ 穴あきタイプ/5シート(150枚))
というのを見つけて購入することにしました。540円と少し高いのですが・・・・・
実は、A-oneでは、マルチカードを印刷するためのソフトが無料でダウンロードできるようになっているんです。ある意味、そのソフトだけで登録したデータを使って、クイズとしても使えるんです。
ひょっとして、宅建用記憶カードを販売したら売れるんじゃないかという気がしています。宅建用記憶カードって購入しようと探しても売ってないんです。
データを入力したら、プリントすれば、いくらでも簡単に作成できます。

2016年7月2日

宅建の受験用記憶カードが完成しました。90問です。結構、良い出来だと思います。
ただ、用紙の上下左右端で文字が消えてたりしていたので対策が必要です。

takken1.jpg
takken2.jpg

2016年7月3日

宅建の受験用記憶カードのすべてのカードを、内容が間違ってないかネットでチェックしました。
入力ミスや法律が変わっていたとか、いろいろミスが見つかりました。
やっぱり古いテキストだと余計な手間が増えます。

2016年7月4日

改めてプリントしてみると、1か所だけ字が切れているところがありました。完璧なものを作成する見通しがついたので、宅建の受験用記憶カードをヤフオクで出品しました。クリックポストの送料込みで1500円です。
ヤフオクで出品するためにはヤフープレミアム会員にならないといけないんで、月額462円(税抜き)かかります。
1個売れれば元はとれるけど1個も売れなかったら今月だけにしようと思います。

2016年7月16日

宅建の受験用記憶カードが1個売れました。90枚入りで出品したのですが135枚できていたので、45枚はサービスで送りました。
A-one 51163 が378円で、送料164円、リング2本が20円程度なので、とりあえずヤフープレミアム会員料の元はとれました。
ついでに今年買った宅建のCDも1セット売れました。

2016年7月19日

宅建の受験用記憶カードがまた1個売れました。

2016年7月25日

ヤフープレミアム会員は7月でやめるので、宅建の受験用記憶カードのオークションを終了させました。結局2個しか売れませんでした。本当に凄く役立つのですけど・・・・笑!


2016年8月20日

宅建の理解が深まると、宅建の受験用記憶カードについて、改良が必要な点に気づいたり、データの追加が出てきたり、一部間違っている箇所に気づいたりもしました。
その都度、修正して150枚になりました。これで完璧に近いと思います。
その内、また出品するかもしれません。

2016年9月16日

9月から宅建の受験用記憶カードをヤフオクで再出品しましたが、また1個売れました。

2017年1月18日

10月16日の宅建の試験が終わってから、宅建の受験用記憶カードが3個売れました。ちなみに2017年の宅建試験までに変更が確実なデータは変更しておきました。

2017年2月25日

2月は宅建の受験用記憶カードが2個売れました。

2017年3月9日

3月に入って宅建の受験用記憶カードが2個売れました。

宅建の受験用記憶カードの需要が、かなりありそうなので、ヤフオクの宣伝を試してみました。

出品する商品に興味がありそうなお客様を対象に、マイ・オークション「入札中」画面などで「あなたへのおすすめコレクション」欄に商品を表示できるというオプションが落札価格の10%です。

注目のオークションで  カテゴリ 本、雑誌 > ビジネス、経済 > 資格試験 > 宅建 で1日32円の経費をかけてトップから2番目に表示するようにさせました。

アフィリエイトで1%報酬と、アフィリエイトのシステム料が報酬額の30%

どれだけ効果があるのか楽しみです。

2017年3月12日

さっそく、宅建の受験用記憶カードが売れました。明らかにアクセス数が増えて(3倍程度)いました。

注目のオークションで  カテゴリ 本、雑誌 > ビジネス、経済 > 資格試験 > 宅建 での出品は、1000円弱の利益のものに1日32円の広告費はあまりにもバカバカしいので、やめました。
それでも3ページ目(デフォルトである注目のオークション順とおすすめ順で)に表示されていました。

出品する商品に興味がありそうなお客様を対象に、マイ・オークション「入札中」画面などで「あなたへのおすすめコレクション」欄に商品を表示できるというオプションが落札価格の10%は、落札されなければ払わなくても良いので続けました。

アフィリエイトで1%報酬と、アフィリエイトのシステム料が報酬額の30%
も続けました。

2017年3月13日

表示のページ数も下がってきたし、アクセス数も増えないので、注目のオークションで  カテゴリ 本、雑誌 > ビジネス、経済 > 資格試験 > 宅建 での出品は1日23円の広告費を設定しました。5番目に表示されました。

2017年3月16日

また売れました。
おすすめのページ1日21円の公告費(1週間だけ)、「あなたへのおすすめコレクション」欄に商品を表示、アフィリエイトで1%報酬
で再出品しました。

2017年3月26日

また売れました。
おすすめのページ1日21円の公告費(1週間だけ)、「あなたへのおすすめコレクション」欄に商品を表示オプション10%、アフィリエイトで1%報酬
で再出品しました。

2017年3月27日

また売れました。
おすすめのページ1日21円の公告費(1週間だけ)、「あなたへのおすすめコレクション」欄に商品を表示オプション10%、アフィリエイトで1%報酬
で再出品しました。

2017年3月29日

今日も売れました。
おすすめのページ1日21円の公告費(1週間だけ)、「あなたへのおすすめコレクション」欄に商品を表示オプション10%、アフィリエイトで1%報酬
で再出品しました。


2017年3月30日

今日も売れました。
やっぱり該当カテゴリの1ページ目に表示されるのって効果あります。

2017年4月3日

今日も売れました

2017年4月9日

久しぶりに売れました

不動産業って副業でできるのかなあ

2016年6月28日

不動産業と宅地建物取引士の資格の関係が、いまいちはっきりしないまま宅建の勉強を始めたのですが、宅建のテキストを読んでだんだん判ってきました。

まず、宅建の資格試験に合格すると、その合格資格というのは、原則として一生有効です。
基本的には、不動産業の実務経験が2年以上ないと宅地建物取引士になれないようですが、国土交通大臣の登録を受けた登録実技講習を受けると未経験者でも宅地建物取引士になれるようです。
都道府県知事に申請して欠格要件が無ければ、宅地建物取引士の登録ができて、宅地建物取引士証が交付されます。
不動産業(宅建業)をはじめる場合は、60万円の保証金(弁済業務保証金)が必要です。
宅建業の事務所には、常勤の専任宅地建物取引士が必要ですが、自分が経営者か役員で宅地建物取引士の資格をもっていれば、それで要件を満たすという特例があるそうです。自分も含めて5人以下の従業員だと、宅地建物取引士を別に雇って常任さなくても良いです。
事務所は、ちゃんとした建物の中であれば問題ないようです。

不動産取引って地主と繋がりがないと成り立たないのかと思っていたのですが、不動産を借りたいとか買いたいという人さえ確保できれば、基本的に、どの物件であろうと媒介仲介ができるようです。不動産業の収入って基本的には売ったり貸したりする側の不動産屋と、買ったり借りたりする側の不動産屋と折半になるんです。

なんか副業として営業するのも可能なような気がしてきました。

2016年9月4日

宅建業を副業で行おうとする場合の要件って意外と厳しい事が判明しました。

宅建業の事務所は、「継続的に業務を行うことができる施設」である必要があり、かつ「他業者や個人の生活(居住)部分からの独立している」必要があります。つまり、他の法人や個人事務所と混在していたり、生活部分と混在している場合には免許を受けることができません。

代表者は事務所に常駐し、代表権行使のできる者です。代表者が事務所に常駐できなければ、政令で定める使用人を置く必要があります。

宅建業が主でない場合、全ての従業者を宅建業の従事者にする必要はありません。従事者に該当する方は、次の通りです。
代表者(非常勤でも該当)、専任の宅地建物取引士、政令2条2の使用人、宅建業に関わる役員、宅建業に関わる従業者
*非常勤役員と監査役は該当しない。
*宅建業が主でない場合、一般管理部門に従事する方は該当しない。


2016年10月14日

不動産業(宅建業)をはじめる場合は、宅地建物取引業保証協会に入会すると60万円の保証金(弁済業務保証金)で開業できるのですが、ネットで調べると、宅地建物取引業保証協会に入会するのには入会金や会費などで、保証金の他に100万円ほど払わないといけないようです。毎年の会費も10万円以上するそうです。

聞くだけ宅建CDを購入しました

2016年6月18日

宅建のテキストを一通り読んでみると、範囲が広くて、覚える数字も多いので、テキストや問題集だけでは安心できないということで、仕事上、運転の時間が長いので、聞くだけ宅建CD( 松田弘著「住宅新報社」)を購入することにしました。

一週間に運転する時間は12時間はあるので、その時間を有効利用できるとずいぶん違うと思います。ただ、居眠りしないように気をつけないといけません。
本当は、最新のCDを購入しようと思ったのですが、今年のものはすでに売り切れていて購入できなかったので平成24年版を購入しました。意外と新しめの中古が出回っていないんです。

法令上の制限(平成27年版)1450円、宅建業法(平成27年版) 1249円、権利関係(平成27年版)2499円でした。

2016年6月22日

今日初めて聞くだけ宅建CD( 松田弘著「住宅新報社」)を聞いてみたのですが、参考書を読むよりは理解度が相当高いです。どうして、こんな法律ができたとかいう思想みたいなものも理解できるので、ひねった問題とかに対する対応力もつくように思います。購入して良かったです。

消費税など、ちょっと現状と違っているところはありますが、あまり細かい数字は言っていないので、ほとんどは違和感なく利用できました。
  
2016年7月3日

CD1種類だけだと飽きるので、ユーキャン 平成26年度 「スキマ時間で聴く なるほど CD」16枚セットをヤフオクで購入しました。最新版ということです。
出品者のカルチャースクールで使用している、最新版(平成27年度版)のテキストデータ と、平成16年度から、平成26年度までの過去11年間の宅建本試験の過去問題集も付属していて総額4551円でした。

2016年7月7日

ユーキャン 平成26年度 「スキマ時間で聴く なるほど CD」16枚セットが届きました。
ちょっと聞いてみましたが、「聞くだけ宅建CD( 松田弘著「住宅新報社」)」とポイントとしている点が違うので、新鮮に聞けますし、新たに理解が深まります。消費税が5%で講義されているので、実際には平成26年度より古いものだと思われます。

2種類の違う種類のCDセットを利用するのは決して無駄になりません。価値は十分ありました。

2016年8月6日

「スキマ時間で聴く なるほど CD」「聞くだけ宅建CD( 松田弘著「住宅新報社」)」を順番に聞き続けていますが、理解している部分が増えてくると、頭に入っていなかった部分には、より集中して聞けるので理解度が深まります。全体的に集中して聞いていたつもりですが、初めて聞くように感じる部分も結構多いです。最近、過去問と単語カードを集中してやっているので、テキストに書かれている基本的な事で、つい忘れてしまっている事もCDを聞くことで思い出すことも多いです。CDを何度も繰り返し聞くって事は、とても有意義な事だと思います。

2016年9月16日

聞くだけ宅建CD3種がヤフオクで売れました。

2016年9月24日

「スキマ時間で聴く なるほど CD」もヤフオクで売れました。これでCDは完売です。

CD全部売って6744円回収できました。

宅建の勉強

6月から、「わかって合格る宅建基本テキスト」を読んで、勉強を始めています。試験まで4か月半もあります。
宅建の試験では4択なので、覚えるという事以上に理解するって事が重要なようです。
「わかって合格る宅建基本テキスト」は民法から始まるのですが、広く浅く説明されているせいもあるけれど、実際に経験して無い事だったり専門用語が使われたりしているので、なかなか理解が出来ません。そういう時にはネットで検索すると、Yahooの知恵袋などで具体的な例で説明されていたりします。宅建をとろうと勉強している人が、それだけ多いということなんですね。GoogleChromeを使っていて、そういうページをブックマーク(宅建関係のフォルダを設置しておく)しておくと、どこにいてもインターネット環境があればパソコンでもスマートフォンでも復習できます。
もちろんそれだけではなくて、テキストで重要なところはマーカーペンで印をつけておいて、何度も確認しておく必要はあります。
全体的に理解ができたと思ったなら問題集で確認です。

宅建の資格を目指す

きまっし金沢で制作したい新しいページも無くなってきたし、記憶力も落ちてきて、頭の働きも衰えてきたので、新しい事に挑戦する事にしました。

無駄なことをするのもつまらないし、きまっし金沢を利用して副業しようとする場合に役立つという事で、宅地建物取引士の資格をとることに挑戦する事にしました。

宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)の資格は、一般的に宅建と呼ばれていますが、国家資格で合格率15%の難関のようです。試験問題は4択で50問中35問程度の正解で合格のようです。

今年のインターネットでの申し込みは7月1日(金)9時30分から7月15日(金)21時59分まで受験手数料は7000円、試験日は10月16日13時から15時までだそうです。合格発表は11月30日です。
石川県では金沢工業大学で試験があるようです。
石川県で受験できるなら、失敗しても、たいした負担では無いです。

とりあえず、テキストや問題集を揃えることにしました。毎年、その年用のテキストや問題集が発刊されているようですが、少しぐらい古くても大丈夫だろうという事で、ヤフオクで揃えることにしました。

わかって合格る宅建基本テキスト(2014年度版)
わかって合格る宅建 一問一答セレクト600(2014年度版)
出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(1) 権利関係
出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(2) 宅建業法
出る順宅建ウォーク問過去問題集 2014年版(3) 法令

以上で1754円の出費でした。