石川の食 美味しいランチ

石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です



網元(あみげん) 縁むすび処 時々

2018年7月7日

今日の朝刊に「縁むすび処 時々」の記事がありました。
なんでも、起業しようとする人のお試し営業のために貸し出しているようです。
確かに、お客が入らないようなお店を開店するリスクを避けるためには良いシステムだと思います。
記事には今日、開店すると掲載されていました。
だったら今週水曜日の営業はなんだったのでしょうね? 不思議です。

2018年7月4日

今日は、元網元の「縁むすび処 時々」に入りました。
駐車場に入れるか心配だったので、近くに自動車を停めて歩いて行きました。
お店に行くと、元々4台の駐車ができるよう(2台の後ろに2台が駐車)になっていたのですが自動販売機を入口の方に設置してあるので最大3台しか駐車できないようになっていました。それなのに奥の方に脚立などが置いてあって、1台分が使えないようになっていました。
ただでさえ駐車しにくくなっているのに、手前に自動車が1台停めてありました。手前に自動車が停めてあると、他の自動車は、ほぼ駐車できません。実はその1台はお店の人の自動車だったのです。
お客を迎えるという気持ちは全く感じられません。
先週にも報告しましたが、店頭にはランチの時間は掲示していますが、販売しているお酒の価格の表示はあるものの、料理の内容の表示は一切ありません。なんだかなあ・・・・
お店に入ると、網元の時にあったカウンターをつぶして、お酒と何かよくわからないグッズが雑然と置かれています。商品という感じは全くしなくて意味不明です。
メニューを見ると、手まりむすび10貫1580円、たっぷりとろタク丼1000円、サーモン満開丼1580円、マグロ満開丼1580円、海鮮丼小丸山城1580円、自家製ローストビーフ丼1580円などがありました。
マグロやサーモン、ローストビーフがメインで地元の美味しいものを提供すると言う網元のポリシーは全く引き継がれていません。値段も高めだし地元の人は全く眼中にないようです。とは言え、観光客があの場所にふらっと訪れるとも思えません。全く意図が理解できません。
今日は、唯一手頃な値段の「たっぷりとろタク丼」を注文しました。
もうテンション下がりっぱなしです。
8分ほど待って「たっぷりとろタク丼」が出されました。「たっぷりとろタク丼」は普通の白飯の上に、ネギトロ、たくあん、ねぎが乗せれていました。おすましとガリと抹茶プリンも付いていました。
メニューの写真には写っていなかった抹茶プリンが付いていたので、ほんの少しテンションが上がりました。
「たっぷりとろタク丼」は意外に美味しかったです。
食事が終わって、レジに行くと1080円だと言われました。メニューには税抜きの表示が無かったので、びっくりしました。一挙にテンションが下がりました。帰る時には雨が降っていて、雨に濡れながら帰りました。
すっかりテンションが下がりきりました。もう行かん!

amigen8.jpg

2018年6月27日

「朝漁れ一番哲」のマスターから、最近「網元(あみげん)」が営業再開したと聞いたので、ちょっと店頭だけ覗いてきましたが、掲示を見ると、網元という地酒とグッズ販売のお店(11:00~16:00)と、「縁むすび処 時々」というランチのお店(11:00~14:00)が併営しているような感じでした。
お酒の値段の表示はありましたが、ランチのメニューとか料金の表示は無かったようです。
自動車は停めにくそうでした。

オーナーは全くの別人で、店舗を借りて、営業を開始しただけのようだとの事です。

2017年11月1日

「網元(あみげん)」が閉店したとかランチ営業をやめたとの情報をいただいたので、前を通ってみました。
なんとランチ営業していました。
初めて、お店の前に自動車を駐車しました。ラインに従うと台数停めれないので、奥まで突っ込んで駐車しました。
早かったせいもあってお客はいませんでした。
メニューを見ると、刺身定食1000円が増えていました。
今日は特選海鮮丼1000円を注文しました。
ほとんど待つことなく特選海鮮丼(まつり)が出されました。特選海鮮丼(まつり)には海鮮丼とお吸い物、漬物、切り干し大根の煮物が付いていました。
特選海鮮丼は、とろろ芋が入っていて相変わらず美味しかったのですが、開店当初と比べると(季節の問題かも)魚の瑞々しさに欠けるような気がしたし、魚の種類・量も減ったかなあと感じました。
御飯が異様に硬かったです。御飯は硬めが好きな俊でも、相当な違和感を感じました。
途中でお客が入ってきて、俊の自動車の後ろに駐車したのですが、お店の人が慌てて、自動車の駐車位置を変えていただいていました。
食事を終えて帰る時も、自動車の誘導をしてくれました。感謝です。
帰りに、しばらく休んでいたんですかと聞くと、昨日は休みましたけど、ずっと営業してましたと言っていました。おかしいなあ?????

amigen6.jpg
amigen7.jpg

2016年4月27日

今日も「網元(あみげん)」に行ってきました。
店頭に、今日の地物海鮮丼に使われている魚の種類が掲示されているのですが、イワシ、がんどブリ、アオリイカ、すずきでした。
新たにカウンター席が出来ていました。カウンター席には、電源コンセントが設置されていました。
今日は地物海鮮丼800円を注文しました。
お店には、かなりお客が入っていて、しかも食事前の客ばかりだったのに、10分程度で料理が出されました。
地物海鮮丼には、海鮮丼と、たけのこと野菜の前菜、漬物、味噌汁が付いていました。
地物海鮮丼にも、とろろ芋とめかぶが入っていました。
地物海鮮丼は、特選海鮮丼と比べて、魚の種類も少ないですし、魚の量も少なめですが、通常の昼食とすれば十分です。
ただ、初めて「網元(あみげん)」で食事するのなら特選海鮮丼をお奨めします。200円以上の差は確実にあります。
お茶は飲み干してありましたが、追加で注いでいただけました。

網元(あみげん)の地物海鮮丼
網元(あみげん)の地物海鮮丼

2016年4月20日

今日も「網元(あみげん)」に行ってきました。12:20頃に行ったのですが、空いている席は6人掛けの小上がりの座卓だけでした。1人ですけどというと、6人掛けの小上がりの座卓に案内されました。小上がりは板の間で座るとちょっと足が痛くなります。
今日は季節限定の20食限りの炙り丼1000円というのがありました。
焼き魚定食は何ですかと聞くと、ガンドとイワシだということでした。どちらかを選ぶんですかと聞くと、両方とも付きますと言うのでびっくりしました。
今日は焼き魚定食800円を注文しました。
焼き魚定食は注文して10分後に出されました。早くてびっくりです。
焼き魚定食には、イワシの塩焼き1匹とガンド切り身の塩焼き2切れ、チマキ、キノコと野菜の煮物、漬物、魚の味噌汁、ご飯が付いていました。
味噌汁の魚もガンド切り身も骨が抜かれていました。
それにしても、焼き魚定食で2種類の魚が付いているのは本当に珍しいです。当然、ボリューム満点です。
イワシの塩焼き1匹とガンド切り身の塩焼きの味付けは醤油が必要としない程度の塩加減でした。新鮮なんだと思うのですが、季節がら?イワシもガンドも脂がのっていなくて、個人的には物足りなさを感じました。

途中、3人連れのお客が入ってきたので、店員さんに相席どうぞとジェスチャーで意思表示しました。

網元(あみげん)の焼き魚定食

今日、七尾市役所近くで、ランチをやっている新店を見つけました。それと近日中にインド料理のマナカマナ七尾店が開店するようで、工事をしてました。

2016年4月13日

伊藤正喜さんに開店情報をいただいた「網元(あみげん)」に行ってきました。駐車場があるかどうかも判らなかったので、七尾市観光駐車場に自動車を停めて、散歩がてらに徒歩で行きました。途中で「花嫁のれん館」の前も通ったのですが、入場料大人550円もしててびっくりしました。550円では誰も入らんでしょう。途中に小丸山公園駐車場もありましたが、原則小丸山公園利用者以外の利用は禁止されています。
網元(あみげん)には、3台分の駐車場がありました。
網元(あみげん)の店頭にはメニューが掲示されていて安心して入れました。網元(あみげん)の店内には2つのテーブルと3つの小上がりの座卓がありました。12:40でしたが、お客は2グループだけでした。
テーブル席に座ると、お茶が出されました。メニューを見ると、海鮮丼御膳のれん(限定15食)1500円、特選海鮮丼まつり(限定15食)1000円、地物海鮮丼800円、焼き魚定食800円、プチ海鮮丼600円などがありました。網元(あみげん)では、渡鹿島定置網で獲れた魚を使っているそうです。
今日は特選海鮮丼まつり(限定15食)1000円を注文しました。
網元(あみげん)ではWi-Fiも使えるようです。
それほど待つことなく、特選海鮮丼まつりが出されました。
特選海鮮丼まつりには、海鮮丼、漬物、野菜の煮物、味噌汁が付いていました。
海鮮丼には7種類の生魚と、その他にアオリイカとたこが入っていました。鮮度は抜群でとろろ芋とめかぶも入っていました。とろろ芋を入れるなんてズルいですよね。とろろ芋が入っているだけで美味しいですもん。それに加えて、新鮮な魚がたっぷり入っているんですから不味かろうはずがありません。普通、手軽な価格の海鮮丼の場合、玉子焼きなど魚以外のものでなんとか体裁を保っている場合がほとんどなのですが、「網元(あみげん)」の海鮮丼はそういうごまかしは一切なく、まさしく名前通りの海鮮丼です。近江町や金沢駅近辺のバカ高い海鮮丼なんかアホらしくなります。
味噌汁には、イカと魚が入っていて、魚の骨は全部抜かれていました。手間がかかっています。
満足しました。網元(あみげん)は超お奨めです。
「網元(あみげん)」は七尾での観光客人気No1のグルメスポットになる可能性があります。2つのテーブルと3つの小上がりの座卓だけなので、人気が出たら、入店に苦労しそうです。
「網元(あみげん)」を能登の美味しいランチのお店の2つ星に登録することにしました。

網元(あみげん)の特選海鮮丼
網元(あみげん)の特選海鮮丼

網元(あみげん)の場所はこちら  石川県七尾市魚町5番地



朝漁れ一番 哲

伊藤正喜さんから、「朝漁れ一番 哲」でランチを開始したとの情報をいただいて、さっそく「朝漁れ一番 哲」に行ってきました。
店頭に「ランチ始めました 11:00~13:00 漁師飯(刺身・あら汁・ごはん)800円 セルフサービス ごはん・アラ汁おかわり自由 限定10食なくなり次第終了(平日のみ)」との掲示がありましたが、営業している感があまりなく、入るのに躊躇しました。看板に細い枠のライトがついているのですが昼には目立たないのです。せめて営業中の札か、のれんでもかけてあると営業しているのが分かるのですけど。

時間が早かった(11:30)ので、最初の客でした。
ランチメニューは1種類しかないので、注文を聞くことなく、説明がありました。最初にお盆に、お手拭きと箸と醤油皿を乗せて下さいということでした。
お茶は冷たいのと熱いのがあるのでセルフでどうぞということでした。
ご飯とあら汁は自分でよそって下さいということでした。ご飯とあら汁はお替りが自由ですという事でした。ネギと一味唐辛子は好みによって入れて下さいということでした。
ご飯とあら汁は、料理が出てから取りに行こうと思っていたら、ほとんど待つことなく刺身盛り合わせが出されました。5種類の魚の刺身盛り合わせですが、最初に1つ1つの魚の名前の説明がありました。
フクラギ、真鯛、ハチメ、マアジ、チカイの5種類の刺身ということでした。
刺身のお皿には、刺身とワサビだけがつけられていて、ツマは何もありません。

刺身の鮮度は抜群で、どの刺身も瑞々しかったです。大満足です。刺身さえ美味しければ、ツマは無くても全く問題はありません。
今日は水曜日なので魚の仕入れが無い日なのですが、水曜日以外の曜日だと、もっと美味しい刺身が食べられるのだと思います。
ご飯の炊き方も絶妙で美味しかったし、アラ汁もとても美味しかったです。
ご飯茶碗が小さかったこともあり、ご飯とアラ汁のお替りをしました。

「朝漁れ一番 哲」ではフリーWiFiの設備もあります。

店主と会話したのですが、なんでも毎日朝4時に、漁港に行って漁船より魚を直接仕入れているそうです。漁船が戻ってくる時間は一定でなくて、遅い時には8:00頃に戻ってくる事もあるそうです。あまり遅く行くと、魚を市場に出されるので、その前に行かないと仕入ができないそうです。
大変な労力です。

店主が以前働いていた網元の話もしたのですが、最近、営業を再開したそうです。
「朝漁れ一番 哲」の場所は「もり好」の跡地で開店したのですが、「もり好」の店主は急病で亡くなられたそうです。

「朝漁れ一番 哲」の料理・価格は申し分なく、「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星(限りなく2つ星に近い)なのですが、限定10食というのがひっかかります。人気が出て、お客が多く来て、いつ行っても品切れで閉店というのはイヤですよね。そういうお店はお奨めできないです。
といっても、「朝漁れ一番 哲」には、それ以上の魅力があります。
そういう訳で、ギリギリですが1つ星に登録しようと思います。

tetu.jpg

朝漁れ一番 哲の場所はこちら  七尾市神明町ロ22-4



マキシマムザラーメン 初代 極

今日は激盛の「マキシマムザラーメン 初代 極 」に行きました。
駐車場がわかりにくいです。本当はお店の隣が駐車場だったのに、間違えて店の裏にとめてしまいました。
最初に食券を購入するシステムで、箸やレンゲやコップや水も発券機の横に置いてあってセルフになっています。
ラーメン小730円、ラーメン小豚930円、ラーメン小豚W1130円、ラーメンプチ680円
ラーメン中780円、ラーメン中豚980円、ラーメン中豚W1180円
ラーメン大830円、ラーメン大豚1030円、ラーメン大豚W1230円
などがありました。ちなみにラーメン小は麺300g、ラーメン中は麺400g、ラーメン大は麺500g、ラーメンプチ200gです。
ラーメン小でも、かなりのボリュームだという事は知っていたので、ラーメン小の食券を購入しました。
カウンターに座ると、「食事が済んだら食器はカウンターの上に置いて、付近でテーブルを拭く。食後、混雑してたら次の客に席を譲るように。お待ちのお客様がいらっしゃるので食事中のスマートフォン・タブレット等の端末の操作は控える」などの注意が書かれていました。
ニンニクはどうしますかと聞かれたので、無しでお願いました。

15分ほどして、ラーメン小が出されました。さすがに激盛のお店だけあってラーメン小でもでっかいお肉がのせられていました。
スープはかなり濃いめで、麺は極太で、チャーシューは柔らかく厚く、脂身もたっぷり入っていて、茹でモヤシものせられていました。ラーメン小でもお腹いっぱいになりました。コストパフォーマンスは相当高いと思います。

kiwami.jpg

ちなみに、連れはラーメン小豚のニンニク入りで頼みました。圧倒されました。ちなみにニンニクは食後にそれほど臭わなかったようです。

kiwami2.jpg

マキシマムザラーメン 初代 極 の場所はこちら   石川県野々市市扇が丘5-3



セピア

今日は激盛で知られているセピアに入りました。
川に面していて、景色はなかなか良い感じです。建物はシャレた感じで、ポップな音楽がかかっていました。でも店員さんは、オシャレっ気はない感じで不愛想な印象を受けました。
雑誌などがいろいろ置いてあって、ゆっくりくつろぐには良い感じです。

遅かったせいもあり、お客はいなかったので、窓側のテーブル席に座りました。
すぐに冷たい水と、紙のお手拭きが出されました。
各テーブルには「最近お水のお代わりの申し出が多く、この作業で次のお客様に出来た料理を提供するのが遅れてご迷惑をおかけする為、二杯目からのお水は、店内中央にある機械を使ってセルフサービスでご利用して頂きますよう、ご協力よろしくお願いします」という掲示が置かれていました。

メニューを見ると、から揚げランチ910円、オリジナルランチ970円、ランチDEドリア930円、とんかつランチ780円、ランチDEカレー750円、ハンバーグランチ890円、しょうが焼きランチ910円、ハムエッグランチ750円、チキンのりかつランチ860円、ヒレカツランチ910円、きまぐらランチ1080円などがありました。期間限定でおすすめプレート1080円もありました。単品ではドリア、ピラフ、パスタ、グラタン、カレー、ピザなども種類が豊富です。

ドリアかグラタンが食べたかったので、今日は、おすすめプレート1080円を注文しました。しばらくするとバケツに入れられた調味料が出されました。

sepia1.jpg

10分ほど待って、おすすめプレートが出されました。
おすすめプレートには、野菜の肉巻きカツと茄子のナポリタンスパゲティ、カレーご飯のドリア、温野菜のサラダが付いていました。
野菜の肉巻きカツの豚肉が少し臭ったのが気になりました。サラダが温野菜というのはいい感じです。その他は可もなく不可もなくという感じですが、ボリュームは満点でお腹いっぱいになりました。

sepia2.jpg

セピアの場所はこちら  石川県金沢市粟崎町ニ2−8



トラッテリア クアクア(Qua Qua)

今日は、トラッテリア クアクア(Qua Qua)でランチしました。
トラッテリア クアクア(Qua Qua)はミシュラン2016でビブグルマンに選ばれたお店です。
一応、予約していきました。
思ったほど混んでいませんでいた。空いていたテーブルは予約席だったようです。トラッテリア クアクア(Qua Qua)にはカウンター席もあるので1人でも入りやすそうです。
日曜日だったのでカップルがほとんどでした。でもカジュアルな雰囲気でした。カウンターに男性1人だけのお客もいました。自分自身、シャレたお店に男一人で入る事もあるので、いつもは、自分もあんなんなのだろうなあと思いました(笑!)
今日は娘と同伴でした。
メニューを見ると、ミックスサラダ、パスタ1種、パン、ドリンク付きで1050円のコースと、本日の前菜盛り合わせ、パスタ1種、ドルツェ2種、パン、ドリンク付きで1550円のコースと、本日の前菜盛り合わせ、パスタ1種、本日のメイン料理(肉料理か魚料理を選択)、ドルツェ3種、パン、ドリンク付きで2550円のコースがありました。
随分、リーズナブルな価格設定です。
今日は2550円のコースを選びました。
パスタ(リゾットもあり)は6種類から選べます。内容は毎週変わるようです。
辛いトマトソースのスパゲッティ カッレッティエラ風を頼みました。
娘は鶴来産くたくたブロッコリーソースのスパゲッティ アンチョビ風味を頼みました。
ソフトドリンクも選べるので、アイスコーヒーを頼みました。出す時期は料理と一緒にという事で頼みました。

5分ほど待って5種の前菜盛り合わせが出されました。キッシュや天婦羅、サラダなどが付いていました。いろんな味が楽しめて嬉しいです。欲を言えば、何が付いているのか説明書きがあると、なおいいかなと思いました。
その後すぐに、パンと飲み物が出されました。

ちょうど良いタイミングでパスタが出されました。麺の茹で方(硬さ)もちょうど良く美味しかったです。

その後、タイミングよく、肉料理のポークソテーが出されました。味付けが良かったです。

最後に、デザート(プリン、パイ、シャーベットが出されました。
プリンとパイがめちゃくちゃ美味しかったです。

どの料理も、美味しかったし、量も十分でお腹いっぱいになったし、コストパフォーマンス抜群で、客応対も申し分なかったのですが、ミシュランのビブグルマンに選ばばれたという事で過剰な期待を持ったせいか、料理に感動するほどのインパクトを感じなかったのが残念でした。
デザートが一番インパクトがあったかなあって感じです。

QUAQUA1.jpg
QUAQUA2.jpg
QUAQUA3.jpg
QUAQUA4.jpg
QUAQUA5.jpg

トラッテリア クアクア(Qua Qua)の場所はこちら 金沢市増泉 2-7-11



HORITA市場スイーツ工房

HORITA市場スイーツ工房に行ってきました。
お昼過ぎだったのですが、タルトカップは売り切れになっていて、販売しているのはプリンとキャンデーとオムレットだけでした。
HORITA市場スイーツ工房で人気なのはオムレットだと聞いていたので、オムレットを3種類購入しました。
ブドウとイチジクとブルーベリーとフルーツミックスでした。
少しづつ、全種類食べてみましたが、スポンジとクリームはまずまずでしたが、フルーツ類は味がしなくて、美味しかったのはフルーツミックスだけでした。

HORITA市場スイーツ工房は八百屋さんがやっているお店だという事ですが、ケーキ屋さんのフルーツって、どうして美味しくないのかな?

horita.jpg

HORITA市場スイーツ工房の場所はこちら   石川県金沢市西念4-7-1



麵屋 白鷺

今日は、麵屋 白鷺に入りました。
3人で入ったのですが、ポツリポツリの空席があったものの、連続で空いている席は無かったので、待合の席で待機するよう指示されました。
待合の席にはメニューが置いてありました。
それほど待つ事無く、3人並んで座れるようになりました。
メニューには、香味そば塩・醤油810円、半熟味玉香味そば塩・醤油920円、特製香味そば塩・醤油1030円、和え玉単品720円、和え玉(ラーメン注文の人は)300円、塩鶏白湯魚介そば840円などがありました。結構、強気な価格設定です。
ネットで下調べしてあったので、3種(豚ロースのチャーシュー、鶏ムネのチャーシュー、鶏モモのチャーシュー)のチャーシューと半熟味玉付の特製香味そば塩と、和え玉を注文しました。
15分ほど待って、特製香味そば塩が出されました。スープは超あっさり系で、麺は細麵でした。
3種のチャーシューに関しては、豚ロースのチャーシューが一番美味しかったです。半熟味玉もとても美味しかったです。
とはいえ、全体的に物足りなさを感じました。海苔の味が一番インパクトを感じました。
ただ、超あっさり系のスープだからこそ、チャーシューの味の違いも分かるし、生野菜の香りも感じる事ができたという事だと思います。

特製香味そば塩を食べ終わって、しばらく待って、和え玉が出されました。和え玉は、香味油と醤油だれを和え汁なし麺です。3種のチャーシューを細かく切ったものも乗せられていました。
味は、焼きそばっぽい感じです。味は違うけど、日清の焼きそばみたいな感じです。もともとチャーシューの味は薄味なので、混ざるとチャーシューの味がよくわからなくなります。
さすがに麺2玉食べたことになるのでお腹いっぱいになりました。

sirasagi1.jpg
sirasagi2.jpg

麵屋 白鷺の場所はこちら   金沢市安江町19−6



パパとママ

今日は、羽咋のパパとママに入りました。
幹線道路から、少し入ったところにあり、ほとんど自動車が通らない道沿いにあるので、知っている人はあまりいないと思います。
店頭に、お薦めは、ラーメン類とギョーザ類とキムチだと掲示されていました。
店名とお勧め料理の内容のギャップに違和感を感じました。
店内はカウンター席と、小さなテーブル席が少々って感じです。
メニューを見ると、豚生姜焼き定食980円、鶏唐揚げ定食950円、チキンカツ定食950円、ミックスフライ定食1000円、白身フライ定食950円、ギョーザ定食900円、チャーハン650円、ラーメン550円、屋台風ラーメン600円、ごま塩ラーメン600円、四川ラーメン750円などがありました。
ちょっとインパクトに欠ける価格設定です。でも平日のランチタイムは100円引きということなので、それなら、まあまあかなって感じです。
今日はギョーザ定食900円(平日のランチタイムで800円)を注文しました。
しばらくして水と紙のおしぼりが出されました。
15分ほど待って、ギョーザ定食が出されました。

ギョーザ定食にはギョーザ8個と漬物、ご飯、豆腐の冷ややっこ、スープがついてれいました。
ギョーザは野菜が中心でジューシーなのは良かったのですが、餡に味がありません。酢醤油のタレをつけると酢醤油の味しかしません。衣もべちゃっとしてすっきりしません。
漬物は市販のキュウリの漬物で異様にしょっぱかったです。キムチがお薦めならキムチで勝負してほしかったし、それでなくても家庭的な店名で営業するなら、自家製の漬物を出すようにしたほうが良いと思いました。
副菜が、豆腐の冷ややっこというのも工夫の足りなさを感じたし、スープもインパクトの無い味でした。
ひょっとして、ラーメンは美味しいのかもしれまっせんが、もうちょっと気合を入れた料理を出して欲しいなあと感じました。
水は飲み干してあったのですが、特に配慮は無かったです。
本当は、家族でやっているお店に、きつい事は言いたくないのですが、このままじゃ長くやっていけそうな気がしなく心配です。奮起を期待します。

papa&mama.jpg

パパとママの場所はこちら  石川県羽咋市石野町ホ45−1



いろは食堂

今日は、いろは食堂に行ってきました。
11:40とかなり早めだったのですが、かなりお客さんが入っていました。
その後も、少しづつお客が入ってきて、満席で入れなくなる状態でした。まあ、4人掛けのテーブルに1人で座っていたりするので、人数からするとそれほどでも無かったのかもしれません。
メニューを見ると、エビフライ定食1100円、とんかつ定食900円、もつ定食800円、焼肉定食900円、しろの味噌煮定食800円、おでん定食800円、ミンチカツ定食800円、オムレツ定食800円、コロッケ定食700円などがあり、大盛100円増しでした。

今日は美味しいと聞いていた、しろの味噌煮定食でご飯大盛を頼みました。
15分ほど待って、しろの味噌煮定食が出されました。
しろの味噌煮定食は、しろとキャベツの味噌煮とホウレン草のおひたし、漬物、味噌汁、ご飯が付いていました。
ご飯大盛は、控えめの大盛でした。しろとキャベツの味噌煮は美味しかったのですが、思ったより熱くなかったです。紅ショウガが付いていましたが、個人的にはしろとキャベツの味噌煮とは合わなかったので、別にして食べました。
漬物がちょっと古さを感じました。
ご飯の大盛は50円高になっていました。しろの味噌煮も多めで100高なら、全体大盛のほうが良かったかな?

irohasyokudou.jpg

いろは食堂の場所はこちら  金沢市安江町17-13



お食事処 川原

今日は、「お食事処 川原」に行きました。
UFOラーメンの名は聞いたことがある人は結構いるのではないかと思いますが、そのお店です。
羽咋中央公園の横にありますが、駐車場がわからなく、お店の前が、通る車も少なく路肩帯(道路では無い)があったので駐車しました。お店の裏に駐車場はあるようです。
店内に入ると、カウンター席と、小さいテーブル席と、小上がりがあったのですが、カウンター席に座りました。
すぐに紙のお手拭きと冷たい水が出されました。
メニューを見ると、普通のうどん食堂の内容そのもので、うどん500円、そば500円、ラーメン550円、炒飯650円、丼、カレーライス650円などの定番や中華料理、とんかつなどがありました。
UFOラーメンは800円、UFO冷メンは900円です。
定食セット(ご飯・味噌汁・漬物)300円、餃子セット(餃子3個・ご飯・漬物)350円もあります。
餃子がお薦めという事なので、最初、炒飯と餃子セットを頼みました。お店の人が変な顔をして、餃子セットの説明をし始めたのですが、なんでわざわざ確認するのか、ピンときませんでした。しばらくして、ご飯と炒飯でご飯ものが重複することに気付いて、ラーメンと餃子セットに変更しました。
自分のボケ具合に呆れてしましました(笑!)
最初に、ラーメンとご飯と漬物が出されて、少し後に餃子が出されました。
ラーメンは昔ながらのラーメンで凄く懐かしさを感じました。昔ながらのラーメンの美味しいお店って、なかなか無いんですよね。「お食事処 川原」のラーメンは美味しいです。
餃子も、皮はプリプリでつるつるしていて、餡は野菜中心で汁がたっぷり入っていてジューシーでした。中華のお店でも、これほど美味しい餃子はそれほどありません。
昔ながらの、うどん食堂は最初から眼中になく、ほとんどパスなんですが、「お食事処 川原」は馬鹿にできません。良い意味での想定外なお店でした。
食事の終盤に熱いお茶が出されました。

kawahara.jpg

お食事処 川原の場所はこちら  石川県羽咋市島出町フ-35-2