負担や諸経費-交通事故被害における賠償請求-新しいウェブサイト: http://syun.info/

交通事故被害における賠償請求

家族が交通事故の被害や加害の立場になった時に、損保会社と交渉した事を記録しています。



任意保険会社と面談

今日、こちら側の任意保険会社と面談しました。任意保険会社は事故処理担当者と裁判関係の担当者です。自分と息子が面談しました。
相手側の自動車の損害額は50万円程度、こちらの自動車の損害額は30万円程度ということでした。
相手側もこちら側同様、車両保険に入っていなかったので、お互い自分の自動車の賠償額の自己責任分は負担しないといけません。
向こうの言い分が全面的に認められた場合は相手側の過失が70%なので、相手側が自分の自動車の賠償額の70%で35万円程度の負担になります。
こちら側の言い分が全面的に認められた場合は相手側の過失が100%で、相手側が自分の自動車の賠償額の100%で50万円程度の負担になります。
向こうの言い分が全面的に認められた場合はこちら側の過失は30%なので、15万円程度がこちら側の保険会社の負担になり、こちら側は30万円の70%である21万円を受け取る事になります。15万円程度で2等級下がるのは馬鹿らしいので任意保険は使いません。15万円は自己負担で対応しようと思っているので、差し引き6万円を受け取る事になります。
こちら側の言い分が全面的に認められた場合はこちら側の過失が0%で、30万円を受け取ることになります。
つまり、裁判で勝った時と負けた時の受け取る金額の差は24万円ということになります。
相手側は、裁判で勝ったときと負けた時の負担の金額の差は50万円の30%で15万円です。
これだけでも、こちらのほうが裁判するメリットは大きいです。
ちなみに、今回の場合は賠償額が60万円以下なので少額訴訟ということになるらしいです。訴訟費用は4000円から6000円くらいだそうです。訴訟費用はどういう結果になっても訴訟を起こしたこちら側の負担になります。
少額訴訟の場合は弁護士はつかないで、原告と被告の両者以外は裁判中は口出しができないそうです。原告は息子なので、自分は傍聴は可能ですが、発言はできません。
最初に、こちら側が訴状、事故証明書、原告の損害を立証するもの(修理見積書など)、現場状況図、現場写真を提出します。訴状以外は、保険会社が持っているので、改めて用意する必要はありません。
相手側は訴状について異議がある場合は答弁書・反訴を提出します。
両者の書類が揃った段階で、簡易裁判所から日時の指定の通知が有り、原告被告共に裁判所に出廷しなければいけません。
裁判では裁判官、司法委員、書記官、事務官、原告、被告が出席します。
裁判では裁判官から確認や質問があり、言い分を聞いたりします。
通常では、その日の内に裁判官から和解案が提案されて和解勧告があるようです。どちらかが和解案に納得しなければ、その日のうちに判決が言い渡されるそうです。
少額訴訟の判決に対しては控訴・上告することは出来ないそうです。
少額訴訟については異議申し立て制度というものがあるそうですが、実際には無意味なものらしいです。

ちなみに少額訴訟の場合は、弁護士が立ち会うわけではないので、弁護士特約には該当しないようです。

任意保険会社に少額訴訟をすると伝えました。

相手が自分の主張を変えないで裁判になれば、完全勝訴した場合、相手側が嘘の申告したことによって受けた精神的な苦痛と余計な事を強いられた事について相手側に慰謝料を求める裁判をすることも選択の1つとして考えていることを相手側に伝えてもらうように依頼しました。

裁判になることが決定したら現場の信号の動作情報やその信号が黄色になった時の自動車の走行傾向などのデータを詳細に集めようと思います。やるからには徹底的に理論武装します。



裁判所の調停と訴訟

交通事故紛争センターの調停で満足できる斡旋案がでてくる可能性が少なそうなので、裁判所の調停と訴訟について調べてみました。

交通事故の賠償請求については、裁判所での訴訟は賠償請求額90万円未満の場合は簡易裁判所、賠償請求額90万円以上の場合は地方裁判所です。裁判所の訴訟費(印紙代・切手代)は請求する賠償請求額によって決まっていて、1万円程度からのようです。500万円では訴訟費(印紙代・切手代)は3万5千円程度、1000万円では6万円程度という感じのようです。
訴訟を起しても、判決前に裁判所が和解案を提示し和解する例も多いらしいです。
判決が下りた場合には、裁判にかかった費用は敗訴した側が支払うことになるようです。
1000万円を請求し500万円の判決が出た場合は双方が半分ずつの敗訴ということで訴訟費用は半分ずつの負担になるようです。裁判所の訴訟費の他に被害者側の弁護士費用が訴訟費用の中に含まれるようですが、損保保険会社の弁護士費用は訴訟費用として計上されなくて、被害者に請求される事はないようです。
判決がでる前に和解した場合は、訴訟費用は裁判を起した側(この場合は被害者)が負担しないといけないようです。
つまり賠償請求額をいたずらに高く設定しても訴訟費が高くなるし、負担割合も大きくなるので裁判で勝てそうな妥当な金額を請求するのが良いです。
弁護士の費用は高額になる場合も多いので、賠償請求額と保険会社が提示した額との差が少ない場合は、弁護士を頼まないで訴訟する方法もあるので、知識や話術に自信があれば本人訴訟をやってみる価値があるかもしれません。

裁判所の調停を求める場合は簡易裁判所になるようですが、調停の費用も賠償請求額によって決まっていて、訴訟の費用の半額程度のようです。
ただ調停の場合は、調停委員が交通事故の専門家でない場合も多く、調停の内容に強制力がないので、結果的に訴訟することになると、2度手間になるようです。



最後の診察でMRI

今日は頭部のMRI撮影をしました。
画像見た限りは出血したところも綺麗になっていて、主治医の先生も、画像上では、なんら問題ないということでした。
4月から高山に行かないといけないので、今日で、診察は終わりです。

MRIは画像処理に時間がかかるようで、半日いっぱいかかりました。



久しぶりに診察

今日は久しぶりに県立中央病院の脳外科で受診しました。
最近は2重に見える頻度も減って日常の生活に困ることも無くなっているような状態で順調に回復していたのですが、薬もあと2週間飲むだけで良いということになりました。
次回の診察は75日後ということになりました。



久しぶりの診察

今日は久しぶりの石川県立中央病院での診察でした。何故か11時からの診察予約だったので、午前中の仕事は完全にアウトでした。
症状が前回より明らかな変化があったし、今後のことも聞きたかったし、ちょっと確認したいこともあり、また診察が終わってから学校に送っていかないといけないので付き添いが必要だったんです。

10月1日から、石川県立中央病院にオーダリング(薬や会計と診療部がコンピュータで繋がった)が導入されたので、システムが少し変わっていました。
診察室に入って欲しい人の番号と、診察室の前に待って欲しい人3人の番号が表示されるシステムも導入されたんですが、これがなんともお粗末なシステムで待って欲しい人3人の番号が、次に呼ばれる人の番号と一致しないんです。番号表示の一番上にある番号の人が次に呼ばれるんだと思ってると、突然、表示していない番号のが診察室に入って欲しい人の番号に入ってしまう。こんなことが何回も続くんです。次に呼ばれると思っている人は、突然割り込みみたいに他の番号が入ってきてストレスを感じるし、呼ばれる人も、突然呼ばれる可能性があるので、その場を離れられない。いったい何のための番号表示かと思ってしまいます。患者のことを全く考えていないシステムだと思います。
息子の順番も、番号表示の予告も無く、突然呼ばれてびっくりしました。それでも時間予約してて1時間以上は待ったんですけど。NECのシステムは、お粗末極まりないシステムです。

それはさておき、診察の順番になって診察していただいたのですが、一目見るなり息子の目の状態を見て、主治医に凄く喜んでいただいて、全快する可能性も大いにあると言ってくださいました。全快するとしたら一般的には1年以内で全快するんじゃないかということでした。まだ2重になって見えるんです。
息子の症状について確認したかったことも、予想外の好ましい返事をいただいて、とても嬉しかったです。

次の診察日を2ヵ月後ということを決めて、その分の薬のオーダーも出していただいて、診察は終わりました。院外処方にしますと言うので、院内処方にして欲しいとお願いしたら、全部院外処方になりましたと言われて、断念しました。掲示か新聞で特別に希望が無い限り院外処方にするって書いてあったので希望すれば院内処方になるはずなんだけどね。
そして次の予約時間を見ると11:30。11:30だと、いろいろと都合が悪いので、脳外科の受付に時間をもっと早くできませんかと聞くと、混んでて早い時間は無理だと言うんです。混んでるって言っても2ヵ月後の診察まで予約が埋まっているはずがないので(通常は早くても1ヶ月前の予約しかとらない)、そのように言ったら、あっさりと診療予約時間を9:00に変えていただけました。

前回、整形外科からも次回診察するように言われていたんだけど、診察受付時間が過ぎていて受診できませんでした。膝の症状はよくなって全く問題ないので、特に受診する必要も無いと思っていたので、どっちでも良かったんだけど、整形外科の医師から次回受診するように指示されていたのに、予約になってなかったのかなと、ちょっと不思議な感じでした。

息子と食事をとって、学校まで送ってきました。



自転車とヘルメットの注文をしました

今日、自転車とヘルメットの注文をしました。
加害者からの弁償金とTSマークの補償金を加えても、まだ足りないような高額の自転車を買う事になったようです。まあ、あれだけ酷い目に合ったんだから、1つぐらいは本人にとって良いことがあっても罰はあたらないよね。
13日に購入した自転車が届くようです。



自動車での送迎は今日まで

試験が今日終わり、自動車での学校への送迎も今日でやめることにしました。

行き帰りの送迎は13日  行きだけの送迎は9日間でした。

今日は事故後、初めて自転車に乗りました。妹から借りた通学用の自転車ですが、いつも乗ってる自転車より、こぐのが重いと文句言ってました。



なんとか調子が出てきた

自宅での勉強を始めてから妻と科目を分担して、つきっきりで勉強を教えてきたのですが、、少しずつ調子を取り戻してきました。

本人の頑張りもあって試験前に出された課題問題もなんとかこなして、試験でそこそこ頑張れるようになりました。

学校の先生から22日に推薦を決める会議があるという事で、現状の報告や動眼神経の障害を含めて体調の件やや勉強の取り組みの件など、問い合わせがありました。

先生には動眼神経は回復の兆候があることと、頑張って勉強に取り組んでいることを報告しました。先生は、きっと推薦が通るであろうと言ってくださりました。



来週からは行きだけ送っていくことにしました

学校が始まって2週間、行き帰りの送迎をやっているのですが、来週からは行きだけ送っていくことにしました。当初から膝のほうは2週間はは負担をかけないようにということだったので。行き帰りの送迎はやっぱりきついです。迎えに行く時間を調整すると、どうしても仕事に影響がでるし、学校の関係で終業時間が狂うこともあるし。



物損について

自転車の修理見積がでて物損について概要が確定しました。

自転車のフレーム
自転車のVブレーキキャリパー
自転車のホイール
自転車のシフターブレーキレバー
自転車のハンドル
自転車のメーター(事故現場で紛失)
自転車のライト(事故現場で紛失)

学校の制服(病院で治療のためハサミで切断)
下着(病院で治療のためハサミで切断)
時計
ヘッドフォン
充電池4個(紛失)
MDレコーダーのリモコン
ヘルメット