旅行業務取扱管理者資格試験に挑戦

白地図で旅行業務取扱管理者資格試験用の観光地図を作る

2017年2月12日

旅行業務取扱管理者資格試験で国内の観光地図を覚えるのが必須なのですが、手元にある地図は詳しすぎたり、簡素すぎたりして、ちょうど良い地図が見当たりません。
それで白地図で旅行業務取扱管理者資格試験用の観光地図を作ることにしました。
白地図は世界地図: http://www.sekaichizu.jp/atlas/japan/area.html が地域ごとの白地図があり便利です。
ファイルはgif形式なので、そのファイルを背景に使って「まっぷっぷ」で文字を種類別に色分けして作ると分かりやすい観光地図ができると思います。
「完全制覇国内旅行地理 検定試験」を参考に、フォーサイトの教材に掲載されているスポットを記入しようと思います。

作り始めると、すぐに出来そうだとは思いますが、とりあえず今は白地図のダウンロードだけです。

「るるぶ/観光ガイド」のアプリが役立ちそう

2017年2月10日

旅行業務取扱管理者資格試験関連のAndroid用のアプリはそれなりにあるのですが、問題が少なかったりして、あまり役にたつものが無かったのですが、「るるぶ/観光ガイド」のアプリは役立ちそうです。

全国の観光名所を県別で画像付きで簡易的に説明されています。観光マップがないのが残念ですが、観光地図を手元に置きながら使うと便利です。

旅行業務取扱管理者の資格試験用のmp3データを作成しました

2017年1月29日

旅行業務取扱管理者の資格試験は、フォーサイトという通信教育を利用することにしました。

送られてきたDVDをMoo0ボイス録音器で音声だけをMP3化しました。これで自動車の中で講義を聴くことができます。

ただ、国内地理についてはDVDが無いので、別の方法を考えないといけません。

別途DVD ユーキャン 日本の名所名景 全12巻セットを購入したのですが、こういうのは映像あっての物なので音声だけでは勉強になりません。

2017年2月7日

旅行業務取扱管理者のMP3音源を聞き始めました。国内旅行業法から聞き始めましたが、結構わかりやすくて勉強になります。
宅建やファイナンシャル・プランニングと較べると素直な内容なので馴染みやすいです。

ただ、旅行業務取扱管理者の試験は全体で60%ではなくて、国内旅行業法、運賃・料金、約款、国内観光地理のおのので60%の正解率を求められるので得意科目で集中して得点しても不合格になります。

やっぱり、国内観光地理で60%以上の正解率をとることが最重要だと思います。

ファイナンシャル・プランニング2級は、ほぼ合格圏に届いているし、宅建の実務講習も覚える事の必要性も低いので、3月末までは旅行業務取扱管理者の勉強を中心にしようと思います。

2017年2月8日

今日も、運転しながら旅行業務取扱管理者のMP3音源を4時間ほど聞いていましたが、旅行業の消費者保護のシステムは宅建業のシステムとの共通点が多く興味深かったです。
DVD(MP3音源)には扱っていなくて、それなりに重要な範囲もあるようなので、テキストもしっかり勉強しないといけないようです。まあ60%の正解率で良いと考えれば、そこまでしなくても大丈夫かもしれません。

やっぱり、国内観光地理がポイントになると思います

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画をみました

2017年2月4日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画をみました。
最初の「国内旅行業務 運賃・料金1」だけですが意外と簡単な内容で拍子抜けしました。

LAN接続のハードディスクに保存した動画でしたが、ストレスなく再生できました。

2017年2月5日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画 「国内旅行業務 運賃・料金2」を見ました。複雑な部分もありましたが、判りやすいいです。講義動画は良いです。
PDFのテキストを見ながら、必要な部分は取り出して、重要部分ピックアップとしてメモしておきました。
後ほど、メモの最重要部分は紙の単語カードにしようと思います。

なんか、旅行業務取扱管理者の資格もとれそうな気がしてきました。

国内旅行業務 運賃・料金3と国内旅行業務 運賃・料金4の標準速度の動画は、フォーサイトの道場破りに掲載されていなかったので、HandBrakeを使って、自分で動画化(MP4)しました。

「DVD ユーキャン 日本の名所名景 全12巻セット」を入手しました

2017年1月27日

旅行業務取扱管理者資格試験に挑戦するにあたって、自分にとっては日本全国の観光地が課題だと思うのですが、 フォーサイトの教材では、日本全国の観光地は文字だけで説明も簡素すぎて、ほとんど実感が湧かないのでヤフオクで「DVD ユーキャン 日本の名所名景 全12巻セット」を入手しました。送料込みで3600円です。
すべての都道府県の観光名所名景、土地の「料理」、伝統的な「行事」「祭り」を映像として見る事ができるので、地図で場所を確認しながら見ると理解力も深まるのではないかと思います。

2017年2月4日

DVD ユーキャン 日本の名所名景の北海道編と東北編を地図を手元に置いて見ました。やっぱり映像を見るとインパクトが違います。
日本は本州以外(しかも兵庫から宮城県まで)行った事無く、受験も社会史だったので地理は苦手なんです。
まあ一部の地域しか紹介していないので、受験対策に万全というわけではないです。
東北は修学旅行に行ったり、仙台・松島は仕事のついでで言ったことがあるので懐かしさも感じました。

2017年2月5日

DVD ユーキャン 日本の名所名景の関東編を地図を手元に置いて見ました。
ほとんど知らない地域が中心だったので勉強になりました。やっぱり映像を見るとインパクトがあります

旅行業務取扱管理者資格試験用の単語カードをつくった

2017年1月29日

旅行業務取扱管理者はフォーサイトの通信教育を利用することにしたのですが、フォーサイトには道場破りというユーザーページがあり、そこに単語カードという項目がありました。その単語カードはオンライン用なのですが、COPY&PASTEして電子暗記カードmemoriboLISNYに移植することにしました。

単語カードの内容をExcelに移して、それから使いやすい用に内容を全面的に改変して電子暗記カードmemoriboLISNYに移植しました。全部で641枚もあったので、とても時間がかかりました。
Excelのデータをcsv形式で保存して、それからmemoriboLISNYに移植するにあたり、「:」とか「,」や金額の3桁ごとの「,」があると、途中で独立したデータと判断されたりして修正するのにも苦労しました。
何度か失敗しながらmemoriboLISNYで使用できるようになりました。

2017年2月1日

電子暗記カードmemoriboLISNYを使ってみました。

レジューム機能あり、シャッフルありに設定しましたが、毎回同じカードばかり表示して使い物になりません。本当にショボいです。画面も白黒だし・・・
やっぱり紙の単語カードが良いです。

旅行業務取扱管理者の資格のための勉強を始めました

2017年1月22日

ファイナンシャル・プランニング3級の試験が合格したようなので、旅行業務取扱管理者の資格のために国内旅行の地理の勉強を始めることにしました。

フォーサイトのテキストと、完全制覇国内旅行地理検定試験を見てみたのですが、覚える事がたくさんあって呆然としています。こんなにたくさん、どうやって覚えれば良いのか悩んでしまいます。

DVDは10枚あります。1枚で2時間程度の講義のようです。

まずDVDの1枚目を見てみました。DVDの1枚目は勉強の仕方の説明でした。
約款Ⅱと国内旅行の地理に関してはDVDが付いていないようです。つまり国内旅行の地理に関してはテキストなどで自習しないといけません。
DVD9枚の講義内容は、旅行業法、約款Ⅰ、国内旅行実務(運賃・料金)のようです。

3科目で2時間なので、基本的に1科目35分配分でやるのが良いようです。

フォーサイトには道場破りというユーザーページがあるということなので、覗いてみました。質問は10回までが無料で、音だけのCD(MP3)のダウンロードや、DVDの通常速度の動画と1.5倍速の動画がダウンロードできるようになっていました。ただし国内地理についてはCD(MP3)も動画もありません。
単語カードもありましたが、こちらはダウンロードできなく、COPY&PASTEで自作しないといけないようです。単語カードは国内地理もあります。せっかくなので、電子暗記カードmemoriboLISNYに入力して使おうかな。
デジタルテキストというのもあるので、自分で単語カードを追加するのもCOPY&PASTEでできそうです。、

フォーサイトの道場破りには、いろんなサービスがあって感動しました。これで2万円なら、自分で教材を入手して独学で勉強するよりずっと良いです。

2017年1月23日

音声MP3と動画をダウンロードしました。容量が大きいので、かなりの時間(DVD1枚分が20分くらい)がかかりました。

2017年1月26日

CDは講義ではなく、リラックス音楽でした。音だけのMP3が必要な場合は動画から音源だけを録音しないといけないようです。

2017年1月27日

動画の音声をMoo0ボイス録音器でMP3化しました。これで自動車の中で講義を聴くことができます。

2017年1月29日

単語カードの法規関連のデータをEXCELにおいてcsv形式で保存して電子暗記カードmemoriboLISNYにデータ転送しようと思ったのですが、かなり苦労しました。「:」とか金額の3桁ごとの「,」などを入れると勝手に他の列や行のデータとして変換したりします。
何度失敗しながらmemoriboLISNYで使用できるようになりました。

これで教材の準備は万端です。

旅行業務取扱管理者資格試験の勉強はFP2級の後に

2016年12月21日

ファイナンシャルプランナー3級の問題集をやってみて、残り1か月もあれば2級の合格圏に到達できそうな気がしてきたので、1月22日までにファイナンシャルプランナー2級に合格するレベルをめざして頑張ってみようと思います。

1月22日のファイナンシャルプランナー3級の試験が終わってからは、宅建の実務講習の勉強(3月中旬に終了)とファイナンシャルプランナー2級の勉強を並行して5月下旬に行われるファイナンシャルプランナー2級の試験を受けようと思います。
当初10月上旬の旅行業務取扱管理者の資格試験が終わってからファイナンシャルプランナー2級の試験を受けようと思っていたのですが、やっぱり宅建の知識とファイナンシャルプランナー3級の知識の記憶が残っている時に受験した方が絶対に有利だと思ったんです。
但し、宅建の実務講習が終わってからは、旅行業務取扱管理者の資格試験の関連として日本地理も並行して勉強しようと思います。

地図の教材を入手しました

2016年12月3日

旅行業務取扱管理者資格試験を受けるにあたって、地図関係が試験対策上で最重要だと思い、教材を揃える事にしました。

地理の勉強をするために「楽しく学ぶ 小学生の地図帳 4.5.6年 帝国書院」をヤフオクで購入しました。

小学生の副教材です。送料込みで314円でした。

「完全制覇国内旅行地理」もヤフオクで購入しました。送料込みで600円でした。 

完全制覇国内旅行地理の解答・解説の小冊子にある観光MAPは、だいたいどの辺りに、どういう観光地があるか理解するのに便利です。

小学生の地図帳は普通の地図ですが、鉄道や駅、山や川や半島、湖などが掲載されているので便利ですが、観光地については掲載していないのが残念です。

旅行業務取扱管理者の資格取得は通信教育で

2016年10月26日

旅行業務取扱管理者の資格試験は通信教育で挑戦しようかなと思います。

フォーサイトだと国内旅行業務取扱管理者の講座だと2万円程度でテキストや問題集、DVDとか教材がてんこ盛りなので、安いかなあと思います。

ネットでは旅行業務取扱管理者の資格試験に関する情報は少なく、交通関係は、古い情報だと苦労が多そうなので、そのほうが無難そうです。

そういう訳で、さっそく申し込みしました。送料込みで20980円でした。

2016年10月29日

フォーサイトの教材が届きました。想像以上のボリュームです。
FPの資格も覚える事が多いので、当初のプランは無理があるかなあって感じです。
とりあえずは1月までは、FP3級と、旅行業務取扱管理者の資格試験の日本の地理の部分だけ勉強して、その後は旅行業務取扱管理者の資格試験対策に集中しようと思います。

FP2級は1年に3回あるし、必要度は低いので後回しにします。