最初の1週間のお世話-ライオンドワーフ(うさぎ)の飼育記-新しいウェブサイト: http://syun.info/

ライオンドワーフ(うさぎ)の飼育記

ライオンドワーフ(ライオンラビット)を試行錯誤しながら飼育した記録です



遊び場で遊んだ後に手で餌をあげました

今日はケージ外の遊び場で遊んだ後に、ダイコンの葉とニンジンの皮を手渡しで与えました。警戒することなく喜んで食べました。

最近、なかなか抱っこできなかったのですが、今日は久しぶりに抱っこできました。でも途中で逃げました。馴れているのは感じるのですが、抱っこは好きでないようです。

昨日、遊び場で遊んだ後に、ケージの中に大根の葉やニンジンの皮やペレットを入れておいたので、遊んでいる途中で餌入れにご馳走が入っていないか何回も確かめに行ってました。



本格的に遊び場で遊ばせた

今日から、本格的にケージ外の遊び場で遊ばせました。
ラムちゃんは、機嫌よさそうでダッシュしたり後ろ足で飛び跳ねたりしています。
遊び終わってから、ニンジンの皮とダイコンの葉とペレットを与えました。



最近、リラックスしているみたい

最近、ラムちゃんは新しい環境にも慣れたようでリラックスしているようです。お腹を下にしてゴロンとしている姿を見ることが時々あります。
ケージを覗き込むとラムちゃんもこちらに向いて顔を合わせることもあります。餌を入れるとき手を入れても逃げることなく平然としています。
頭を撫ぜられるのは好きみたいなのですが、抱っこされるのは好きでは無いみたいで、逃げたりすることが多いです。嫌がっている時には無理強いすることは避けています。
ケージの外に対する好奇心が旺盛で外に出たがっています。抱っこし損なって外に出てしまったこともあるのですが、お尻を押して行き先を誘導するとちゃんとケージに戻ってくれます。



食欲旺盛なラムちゃん

ライオンドワーフのラムちゃんは食欲旺盛で、牧草をどんどん食べてくれます。バニーファミリーからもらった牧草よりハーブ入り牧草の牧草物語のほうが好んで食べています。牧草を食べないうさぎもいるということだったので、ひと安心です。
牧草は無くなって補充すると、すぐに来てまた食べています。
大根の葉も最初は警戒して臭いをかいているだけでしたが、朝見るときれいに平らげてました。
ペレットも完食です。
ペレットは、いろんなものが入っていて栄養が多いので、量を少なめにして自然のものと牧草を中心に与えようと思います。

餌をあげるためにケージの扉をあけると、外に興味津々という感じでこちらのほうを観察しています。外で遊ばせてあげたいところなんですが、最初の数日は外で遊ばせないほうが良いと、どの本にも書いてあったので我慢です。数日は、頭をなぜてあげたり、抱っこしてあげるくらいにしておこうと思ってます。

トイレはどこにでもやっています。トレーに落ちたうんちなどは、こまめに除去して防臭剤をかけて対応しています。
食事以外の時は、相変わらずトイレの上でのんびりしている事が多いようです。



ラムちゃんが家にやってきた。

今日、うさぎを飼いに行きました。最初は娘とホームセンタームサシに行ってミックスのうさぎを見に行きました。下見に行って可愛いと思ってたうさぎを見て娘は一度に気に入ったようです。
その後、バニーファミリーに行ってライオンドワーフを見に行きました。やっぱりライオンドワーフは可愛くて結局バニーファミリーで購入することにしました。

バニーファミリーでは最初にうさぎを抱っこする練習をしました。娘は手が小さいので、なかなかうまくいかなかったのですが、だんだん慣れてなんとか抱っこができるようになりました。ケージに入れたり出したりする練習もしたほうが良いとのことで家に戻ってケージを取りに帰りました。ケージに設置してあるトイレや餌入れなども見てもらったほうが良いということなので、どちらにしてもケージは持っていったほうが良いようです。うさぎのキャリーも持っていったのですが結局使いませんでした。

購入してあったケージは側面の網の目が粗いので齧らせないように気をつけるように言われました。
齧らせないには、どうすればよいのか聞くと、齧り木を入れておくとか、あまりうさぎに構わないようにということでした。あまり構うと外に出して欲しいという意思表示で金網を噛む癖がつきやすいということでした。また、金網を噛んだときに、外に出してあげると、金網を噛んだら外に出してくれると学習してしまうので、金網を噛んだときは外に出さないほうが良いとの事でした。

齧り木は、床に置くおもちゃタイプのものを用意したのですが、本当はケージに固定するタイプのものが良いと言われました。

この時期ヒーターは必ず必要だと言われました。ちゃんと用意しておいて良かったです。

トイレのしつけが出来てないうちは、木製の板はケージに入れないほうが良いと言われました。
木製の板の上でトイレをすると汚れてしまい、うさぎまで汚れてしまうということだったので外しました。

いろいろ説明を聞いて、爪を切ってもらって、毛づくろいをしてもらいました。爪切りも用意したのですが、お店の人が、爪切りを自分で出来る人は少ないので、1から2ヶ月に1度、爪切りしてあげるので連れておいでということでした。

購入したライオンドワーフはアッシュ色のメスで体重960gでした。誕生日は2008年12月17日でした。お父さんはカンターレ(バニファーライオン)でお母さんはFR0816という名前のうさぎです。

35000円の価格がつけられてましたが、ちょうど2008年生まれのうさぎ30から50%引きのセールをやっていて24500円で購入できました。牧草(ティモシーのロング)とペレット(アルファルミール、脱脂大豆、とうもろこし、ふすま、糖蜜、ビタミン、ミネラル類が入った1.5kg入りのもの)と、おやつのプチりんご、繁殖証明書と健康診断書がついてました。健康診断書は2009年2月10日の日付になってました。

家に帰る途中で娘が名前をラムちゃんとつけました。

入れてあった牧草(ハーブ入り)にバニーファミリーで貰った牧草を加えて牧草BOXに入れました。
ラムちゃんは食欲旺盛で牧草を盛んに食べてました。夜にはバニーファミリーで貰ったペレットをあげました。家に大根の葉があったので別の容器に入れてあげました。

家に来て1から2日は餌と水を与える以外は、あまりかまわないほうが良いとのことだったので、静かにしてあげることにしました。
40Wの赤外線ヒーターのサーモスタットは少し暖かめに13℃程度にしておきました。

さっきうさぎの部屋に行ったらトイレを安住の地に選んだようでトイレの上でくつろいでいました。トイレのしつけをするのに、ちょっと不安です。

ライオンドワーフのラムちゃんライオンドワーフのラムちゃん