俊の玉手箱

美味しいドレッシングを作る    


レストランとかでサラダを食べると、このドレッシングは美味しいなあって感じることが多くて、美味しいドレッシングが家庭で食べれたらなあって思ってたんですが、市販のドレッシングには物足りなさを感じてましたが,最近は市販のドレッシングでも美味しいものも出てきたようです。そこで家庭でも美味しいドレッシングを作れないかなということで、そういうドレッシングも参考にして試行錯誤した結果、満足できるドレッシングを作ることが出来たので作り方を紹介いたします。
タマネギのすりおろしをたっぷりと使った和風醤油ドレッシングで、サラダのドレッシングとしても美味しいのですが目玉焼きのソースとしても最高に美味しいです。
ドレッシングは油を多く使うのでカロリーが気になります。そういう方のために油を減らした和風醤油ドレッシングも紹介いたします。味はほとんど変わらなく、すっきりした感じのドレッシングです。
最近シーザードレッシングをレストランで体験して気に入り,評判が良さそうな業務用のシーザードレッシングを購入したのですが,それほど美味しくなく,ネットとかでも調べて試行錯誤し,自分好みのシーザードレッシングを作れるようになりました。

和風醤油ドレッシング
1. 中くらいの大きさのタマネギ半分をすりおろします。
2. 醤油を40cc、酢を20cc、砂糖を大さじ1.5杯、白ワイン10cc、レモン汁を中さじ1杯、粗挽コショウを少々、アジシオ小さじ1杯を加えてよく混ぜます。
好みによってニンニク1粒をすりおろしたものを入れたり、砂糖の代わりにハチミツを使ったり、リンゴジュースやパイナップルジュースを10cc程度加えたりしても美味しいです。
油を入れる前に必ず混ぜてください。
3. サラダ油20cc、ゴマ油20cc、オリーブ油20ccを加えて混ぜて出来上がりです。
作ったドレッシングは冷蔵保存して1週間程度で食べきるようにしましょう。
食べる前に容器をよく振ってから使いましょう。
油を減らした和風醤油ドレッシング
1. 中くらいの大きさのタマネギ半分をすりおろします。
2. 醤油を40cc、酢を30cc、砂糖を大さじ1杯、白ワイン10cc、レモン汁を中さじ1杯、だし汁(うどんの汁)100cc、粗挽コショウを少々、アジシオ小さじ1杯を加えてよく混ぜます。
好みによってニンニク1粒をすりおろしたものを入れたり、砂糖の代わりにハチミツを使ったりしても美味しいです。
油を入れる前に必ず混ぜてください。
3. ゴマ油を中さじ1杯を加えて混ぜて出来上がりです。
作ったドレッシングは冷蔵保存して1週間程度で食べきるようにしましょう。
食べる前に容器をよく振ってから使いましょう。
シーザードレッシング
1. マヨネーズを30cc(大さじ2杯)、パルメザンチーズ(粉状)を30cc(大さじ2杯)、牛乳15cc(大さじ1杯),生クリーム(液状)15cc(大さじ1杯),白すりゴマ15cc(大さじ1杯)が基本です。
レモン汁は15cc(大さじ1杯)程度好みにより入れます。酸っぱいのが嫌いな人は少なめです。
チューブニンニクを好みにより5cc(小さじ1杯)程度入れます。
全部をかきまぜてみます。
さらさらなドレッシングが好きな場合は牛乳と生クリームを多めに入れます。どろどろなドレッシングが好きな場合はマヨネーズとパルメザンチーズを多めに入れます。
最後に塩と荒挽き胡椒を好みに応じて適量入れます。塩を入れすぎると風味を感じられなくなりますので慎重に入れましょう。
2. 最後によくかきまぜると出来上がりです。