福祉住環境コーディネーター検定試験に挑戦

福祉住環境コーディネーター検定試験に挑戦した記録です



生活保護の本を読みました

2017年12月24日

高齢者貧困には生活保護が欠かせないということで、「生活保護で生きちゃおう! 雨宮処凛・和久井みちる著」 を読みました。
生活保護利用者は約215万人いて、生活保護対象でも受給しないで頑張っている人はその5倍程度いるそうです。

生活保護者が医療を受けるときには、ケースワーカーに会って医療券を発行してもらってから医療機関の受付に提出するようです。

一般的に、家や車を持っていれば処分するように言われる場合もあるけれど、所有が認められる場合もある。
貯金と所持金は数万円くらい残っていても生活保護を申請出来る
高額の生命保険などに入っている場合は、解約するように言われますが、掛け金の少ない共済タイプや子供の学資保険は基準内で認められることがある。

生活保護の申請には、「生活の相談に来た」とか言い方はダメ。「生活保護の申請に来ました」とはっきり言う事が重要。
申請を受け入れてもらえない場合は「却下理由を書かれた文書をください」と伝える。

生活保護の決定は通常2週間で最長でも1か月

「自分がもらっているお金なんだから、その範囲内に何買おうと自分の自由で、お酒飲むとかパチンコするとかは不正受給じゃない
生活保護は【お世話になる】ものでなく、誰でも利用できる国民の権利 あなたも堂々と生活保護で生きちゃおう」
というのは個人的に違和感を感じました。やっぱり感謝の気持ちが大切だと思います。

生活保護を申請すると親族に、扶養調査が行きます。
扶養調査についてネットで調べてみました。
扶養調査は、親族について生活保護申請者を扶養もしくは援助できないかという調査です。
仕送りができると回答があった場合に、役所は、仕送り額の分だけ生活保護費を減額します。つまり、保護受給者にとっては何のメリットもありません。実際には扶養調査を行うことで仕送りがあったという事例はほとんどありません。
高収入だけど金銭的援助はできない、と回答があった場合でも、「生活保護を申請した妻と、婚姻中だが別居している高収入の夫」、「生活保護を申請した母子世帯の子供と、その子供の高収入の父親」、という場合でない限り、さらに調査することは無いそうです。

ちなみに支払われている保護費は約4兆円で国家予算の1割になるそうです。

2017年12月26日

路上からできる生活保護申請ガイドを読みました。

生活保護は福祉事務所で申請します。
生活保護の申請には、「生活の相談に来た」とか言い方はダメ。「生活保護の申請に来ました」とはっきり言う事が重要というのは共通した認識でした。

申請に必要な書類の記入例もあり、実際に申請を行う人には役立つと思います。

申請する時の問答集は参考になります。

生活保護の相談にいらっしゃったのですか?
申請にきました
若い人は申請できません
年齢は関係ないはずです
住所の無い人は申請できません
住所がなくても現在地の役所で申請できるはずです
働ける人は申請できません
働けるとしても収入が少ないとか仕事がみつからなくて生活に困っている場合は申請できます。
健康な人は申請できません
健康でも生活に困っていたら申請できるはずです
申請書は渡せません
それは申請権の侵害ではありませんか。渡さないのは法律違反です。
働ける人はホローワークに行って相談してください。
ハローワークには後で行きます。その前に生活保護の申請をします。
あなたは生活保護に該当しません
それは、申請してから調査の上で判断してください
今日は申請する人がたくさん来ているので明日来てもらえませんか?
今日申請しないと生活に困るので待っています
ホームレスの人は自立支援センターに入所してもらうことになっています。
私は、自立支援センターを希望しません。生活保護の申請をします。
申請してもすぐには保護できないですよ
生活に困っているので早く決定して下さい。所持金が無いので生活費の貸付けをお願いします。
あなたは昨日泊まった所は、こことは違う管轄ですからそこへ行って相談してください
申請の前の日に泊まった場所でなくても現在地のこの役所で申請できるはずです。
前に住んでいたのは○○市ですね?じゃあ、そこに行って申請すべきです。
今は住所不定なのでどこでも申請できるはずです。現在地のこの役所で申請します。
アパートにはすぐに入れませんよ。施設に入った後、様子を見させてもらってからです。
とりあえずアパート入居費用を申請して待ちますのでそれから判断してください。

2017年12月27日

「How to 生活保護  東京ソーシャルワーク編」を読みました。
制度や福祉事務所の職員の事情など、かなり詳しく書かれています。
生活保護に関する情報は、ほぼ網羅されてると思いますが、内容は難しいです。

相談・申請の時には、応対した職員の氏名と所属を確認し、説明などはメモを取りましょう。
応対に問題があると感じた場合は、厚生労働省保護課や都道府県の生活保護担当部署に連絡しましょう。
市区町村の行政オンブスパーソン制度、人権擁護委員、行政相談委員に相談するのも効果的。
広聴相談部署や人事部署に職員応対のひどさを訴えるのも効果的。
市町村長へ手紙を送るのという方法もある。

A県A市の病院に入院中のB県B市に居住地のある人のために、C県C市に住む親族がC市の福祉事務所に保護申請をする事も可能。C市を通じてB市の福祉事務所に送付してもらう。

申請時は申請書だけの提出だけでも申請は成立し、他の書類は後日用意でも可能。
福祉事務所では申請するには提出書類が不足しているので提示をするまで申請を受け付けないという場合もあるが、実際には申請を受け付けないといけないことになっている。
申請書を受け取ってくれない場合には、内容証明郵便で通常の便箋を使った申請書を郵送するのもありです。

生活保護が却下された場合は60日以内であれば都道府県知事に不服申し立てができます。

2017年12月28日

「生活保護 ヤミの北九州方式を糾す」を読みました。
10年前まで40年のあいだに北九州市で行われていた生活保護行政についてのルポタージュです。
あまりにも酷くって唖然とします。組織って目的のためには人を殺すこともいとわないって再認識しました。

個人的には生活保護を受けて、生活保護を受けないで苦しい生活をしている人より楽な生活をすることが当然の権利だというのは違和感を感じるし、「ケースワーカーに捜査権を与えて不正を許さないような保護にしたほうがよい」「生活歴を見てみると過去は自由気ままに税金も国保料も払わず好き勝手に生きてきた人間に、高齢で働けずお金がないと申請してきて何の懲罰もなく保護を認めるのは納得いかない。社会奉仕などなにか社会に還元させるようなことを強制的にさせるべきだと思う」「生活保護者は施設で生活させればよい」などは、確かにその通りだと思ったりもします。

でも、餓死や自殺に追い込むまで援助しないというのは酷すぎます。

「生活保護 ヤミの北九州方式を糾す」を読んでマスコミの強さ・影響力って改めて凄いと感じました。

餓死や自殺するくらいだったら、福祉事務所へ行って事件を起こして警察のお世話になるのもありなのかもしれません。事件が明るみになってマスコミが取り上げれば、効果はあります。1人ではマスコミが取り上げなくても、次から次へとそういう人が出てくると、必ずマスコミが取り上げることになると思います。
そこまで行かなくてもネットで担当者の実名も含めて告発すればそれなりに効果はあると思います。



高齢者施設 お金・選び方・入居の流れ がわかる本

高齢者施設 お金・選び方・入居の流れ がわかる本 太田差恵子著 を読みました。
後悔しない高齢者施設・住宅の選び方 岡本典子著と比べて施設の説明は浅いです。

福祉施設 
特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設、ケアハウス、ケアハウス(特定施設)、シルバーハウジング(民間の場合もあり)
民間施設
住宅型有料老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、介護型サービス付き高齢者向け住宅(特定施設)、グループホーム、小規模多機能型居宅介護施設

サービス付き高齢者向け住宅は入居一時金が不要

介護型サービス付き高齢者向け住宅(特定施設)は自由度が低く元気でも、入浴の回数や勝手な外出はできない  介護費用は一定額

グループホームと小規模多機能型居宅介護施設は地元の市町村の施設のみ入居可

小規模多機能型居宅介護施設は食事・宿泊料は別途必要ですが利用回数・時間に関わらず要介護度ごとに決められた定額料金

介護付き有料老人ホームでのオプション料金の一例(「平成25年度有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅に関する実態調査」全国老人ホーム協会)

規定回数以上の入浴介助 1回2000円
通院介助        1時間2000円
個別外出        1時間1600円
規定以上の買い物代行  1回1200円
規定回数以上の役所手続き代行  1時間1200円
おむつ代        1日900円
理容代         実費

マイホーム借り上げ制度の設定賃料は相場より10から20%安いのに加えて諸経費15%がかかる。1人目の入居者が決定した後は空室が発生しても空き室時保証賃料が支払われる。

有料老人ホームの契約は「利用権方式」が多く、何らかのトラブルが生じた場合には施設側から契約解除できる項目が設けられれている場合が多く、入居中に経営者が変わった場合に、契約内容は継承されません。




福祉用具で変わる介護のある暮らし

福祉用具で変わる介護のある暮らし 浜田きよ子/寺田和代著 を読みました。

紙おむつの事とか、福祉住環境コーディネーターの資格試験のために勉強したのに全く知らないことが多く、そういったことが判りやすく書かれていて、とても役に立ちました。
良い本です。
介護者のファッションも今後の需要が伸びそうだという気がしました。

介護保険の住宅改修費の支給は引っ越しした時や要介護度が3段階以上あがった場合には再度利用できる。
介護保険で介護ベットをレンタルしていて入院すると、介護保険でベットをレンタルできなくなる。外泊時に介護ベットを借りる場合は実費になる。

介護ベットの足上げ機能は、背上げ時の骨盤の固定と、足が少し楽になるためのもの
背上げには、背抜き(背中の圧迫を取り除く介護)も重要

ベットのマットレスはいろいろ試して自分に合ったものを選ぶ

介護ベットのサイドレールを手すりとして使ってはいけない。介助バーを使う。

ベットでテーブルを使う場合はベット昇降時にぶつからないように注意

円背の人の車椅子は背もたれの張りが調整できるものが便利

ベットから車椅子の移動が必要な場合はトランスファーボードを利用し、車椅子はアームサポートが脱着できるか跳ね上げられるタイプで、ブレーキレバーが座面より低く、レッグサポートが脱着できることが必須

着脱しやすい衣服とはトップスは大きなボタンの前開きタイプ、前開きで無い場合は、かぶりタイプで襟ぐりが伸縮性が高いもの。襟ぐりが広いものを着る際には首元にマフラーやスカーフ

浴室(浴槽も含めて)には滑り止めマット
お風呂の手すりは跨いで入る場合と座って入る場合は手すりの位置が違う

介助用車椅子の下り段差、急な下り傾斜は後ろ向きに降りる

大人おむつの大手3社はユニチャーム・花王・P&G(他の資料より)




後悔しない高齢者施設・住宅の選び方

後悔しない高齢者施設・住宅の選び方 岡本典子著 を読みました。
高齢者施設っていろんな種類があるけど、どこがどう違うのかテキストを読んでいても分からなかったのですが、なんとなくわかってきました。

介護付き有料老人ホーム・介護型で規則正しい生活をする事によって元気になると要介護認定で非該当になり退去になる場合もある。3カ月以上の入院で退去の場合もある。認知症で暴行暴力で退去もある。

有料老人ホームで契約日(または入居日)から90日以内なら入居一時金が返還される「クーリングオフ」の制度がある。
有料老人ホームの入居一時金は一生分の家賃の前払いなので、家賃の追加支払いは無い。

グループホームの退去要件は、「常時医療が必要になった場合」「長期入院」「感染症に感染」「暴力や暴行で共同生活に支障」など

サービス付き高齢者向け住宅は介護は外部サービスを利用(別契約) 死亡時に自動的に契約終了

シニア向け分譲マンションは年齢要件(60歳以上など)があるため相続しても住めないのに、管理費、修繕積立金、固定資産税を払い続ける必要がある。売却リスクもある

シルバーハウジングは介護は外部サービスを利用  重介護になると退去が必要

介護老人保健施設(老健)の入居期間は3カ月ですが、他の介護老人保健施設(老健)に移れば連続して3カ月の利用は可能

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設のオムツは施設サービス費(1割負担分)に含まれる

特別養護老人ホームでは高度の医療では病院に入院 3カ月以上の入院で退去になる場合もあり




介護費用を「1円でも安くしたい」ときに読む本

介護費用を「1円でも安くしたい」ときに読む本 高室成幸著 を読みました。2011年の本なので制度の変更はあると思いますが、タイトルに惹かれて読んでみたのです。
内容は、一般的な制度の説明がほとんどで、あまりお得な話はありませんでした。

介護サービスは使う時間帯によって料金が違う

通所介護について、送迎が自宅までしてくれる業者もあるが、停留所までの送迎だと自宅から停留場の付き添いヘルパーが必要になる場合もある。

要介護認定の判定が出る前でも介護サービスは利用できるが、認定されなければ実費を支払わないといけない。

要介護認定の判定にはかかりつけ医師の意見書が大きな役割を果たすので、関係を良好にしておくのが良い。

介護プランはケアマネージャーに任せっぱなしにせず、よく相談し自分でも積極的に関与する。

介護費用は基本料だけではなく、訪問介護員の人数、時間帯、特定事業所は加算、緊急時の訪問介護の加算
施設の大きさによって利用料が違う

短期入所は特養併設型の施設が最も安い

リハビリが必要なら老健施設利用型のショートステイ(病気や怪我でベットの生活になった時の初期のリハビリは特に重要)
通所型・短期入所・施設介護は要介護度が高いと料金も高くなる
訪問介護・訪問リハビリ・訪問介護は要介護度に関係なく料金が決まっている

デイケアとは通所リハビリテーションのことです(要介護度が高いほど料金が高い)

認知症対応型通所介護について、専用の施設や特別養護老人ホームなどに併設された併設型が定員10から12人、グルーピホームなどの共用部分を利用する共用型の定員は3人以下

小規模多機能型居宅介護は1か月の定額制  通所介護、通所リハビリ、訪問介護、夜間対応型訪問介護、訪問入浴、短期入所などのサービスを併用できない

福祉用具貸与において事業者への連絡はケアマネージャーから行うのが一般的

有料老人ホーム、軽費老人ホーム、養護老人ホームで特定施設の指定を受けた施設の特定施設入居者生活介護で介護の外部サービス利用型は介護費用が高額になりやすい

認知症高齢者グループホームの定員は5人以上9人以下  介護費用以外は自己負担 症状が悪化すると対処が必要な施設もあり

介護老人福祉施設は介護を中心に生活全般の援助(特別養護老人ホームなど)

介護老人保健施設は主に自宅での生活に戻るための機能訓練 3から6か月程度 数が少ない

仕事を続けながら介護サービスを利用するのがお奨め
介護休業制度を利用 父母など1人に通算93日の範囲内 介護休業給付  1年に5日まで 対象家族が2人なら10日まで

リバースモゲージ(不動産を担保に借入)には公的なプランもあるが推定相続人の保証人が必要

自宅を貸して賃料を得るマイホーム借上制度もある

介護サービス費の1割負担の合計が上限を超えると差額を支給する高額介護サービス費支給制度(所得によって上限額が違う)

介護保険施設の居住費と食費が軽減される制度がある  介護保険負担限度額認定書の交付が必要

条件によっては経営が社会福祉法人の場合は、「1割負担+食費+居住費」の総額の1/4が減免される制度もあり

遠距離の老親のための「緊急対応サービス」「見守りサービス」などがある



高齢者援助における相談面接の理論と実際

高齢者援助における相談面接の理論と実際 渡部律子著 を読みました。
ちょっと教科書っぽくて、読み進めるのに苦労して時間がかかりましたが、介護相談における最も大切な事をわかりやすく記述してあり参考になりました。
面接や電話での応対においてのアドバイスは、とても為になりました。でも一番苦手な分野が重要である事に気づかされて途方に暮れました。
効率よく物事の一番の解決策を見つける事が最も重要だと思ってもいたしライフスタイルでもあったので、相いれないんですよね。ちょっと不向きな分野かなあと思ってしまいました。




石川県庁でいろいろ資料をもらってきました。

石川県庁に用事があったので、長寿福祉課へ行って、いろいろな資料を貰ってきました。

要介護申請者と家族のための介護と保険ガイドブック
介護保険ハンドブック
みんな笑顔の在宅医療
地域包括ケアシステムがみなさんの生活を支えます
困ったときは・・地域包括支援センターに相談しよう
医療貸付事業 融資のごあんない



いしかわ介護フェスタに行ってきました。

いしかわ介護フェスタに行ってきました。

排泄、入浴、食事の介護技術のコンテストもあって、実際に介護する過程を見れて参考になりました。

数は多くは無かったのですが、介護用品の展示もありました。

介護・医療のロボットスーツ「HAL」の展示もありました。実は「HAL」の製造元のサイバーダインの株主なので、一度現物を見てみたかったのです。
「サイバーダインの株主なんですが、実際に装着してみたいんです」と頼むと、快く装着させていただけました。結構、自然な動作でした。これだけでも行った甲斐がありました。

パンフレットもいろいろ入手出来て収穫が大きかったです。

介護・リハビリ関連の知人にも会えて有意義でした。



福祉用具専門相談員指定講習

U-CAN福祉住環境のテキストを読んでいたら、介護保険の指定を受けた福祉用具貸与・販売する事業所には2名以上福祉用具専門相談員の配置が義務付けられているという事です。

福祉用具専門相談員の資格をとるには、50時間の有料講習を受けなければいけないようです。費用は講習を実施する機関により随分価格差があるようです。

金沢では、金沢市社会福祉協議会とニチイ学館が実施していて、金沢市社会福祉協議会には25000円で、ニチイ学館のは68000円という事です。いずれも1年に1回ずつ実施されていて、土曜日に8回に分けて講習があるようです。

ちなみに介護保険の指定を受けた福祉用具の購入費支給の対象になる者は貸与の対象になる福祉用具と比べると、品目が極めて少なく、腰掛便座、自動排泄処理装置の交換可能部品、入浴補助用具、簡易浴槽、移動用リフトのつり具の部分だけです。

介護保険の指定を受けた福祉用具の貸与の対象になる福祉用具は、車いす、車いす付属品、特殊寝台、特殊寝台付属品、床ずれ防止用具、体位変換器、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助杖、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフト、自動排泄処理装置などがあります。

障害者総合支援法に基づく福祉用具の給付に関する販売は、福祉用具専門相談員の配置を義務付けられていないようです。