福祉住環境コーディネーター検定試験に挑戦

福祉住環境コーディネーター検定試験に挑戦した記録です

後悔しない高齢者施設・住宅の選び方



後悔しない高齢者施設・住宅の選び方 岡本典子著 を読みました。
高齢者施設っていろんな種類があるけど、どこがどう違うのかテキストを読んでいても分からなかったのですが、なんとなくわかってきました。

介護付き有料老人ホーム・介護型で規則正しい生活をする事によって元気になると要介護認定で非該当になり退去になる場合もある。3カ月以上の入院で退去の場合もある。認知症で暴行暴力で退去もある。

有料老人ホームで契約日(または入居日)から90日以内なら入居一時金が返還される「クーリングオフ」の制度がある。
有料老人ホームの入居一時金は一生分の家賃の前払いなので、家賃の追加支払いは無い。

グループホームの退去要件は、「常時医療が必要になった場合」「長期入院」「感染症に感染」「暴力や暴行で共同生活に支障」など

サービス付き高齢者向け住宅は介護は外部サービスを利用(別契約) 死亡時に自動的に契約終了

シニア向け分譲マンションは年齢要件(60歳以上など)があるため相続しても住めないのに、管理費、修繕積立金、固定資産税を払い続ける必要がある。売却リスクもある

シルバーハウジングは介護は外部サービスを利用  重介護になると退去が必要

介護老人保健施設(老健)の入居期間は3カ月ですが、他の介護老人保健施設(老健)に移れば連続して3カ月の利用は可能

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設のオムツは施設サービス費(1割負担分)に含まれる

特別養護老人ホームでは高度の医療では病院に入院 3カ月以上の入院で退去になる場合もあり


コメントする