ハムスターがやってきた

りんちゃんは人懐っこい

そらちゃんはワンパク

さくちゃんはひょうきん

100円ショップの利用

ハムスターのお世話

ハムスターのリンク

俊の玉手箱へ戻る




 咲ちゃんはひょうきん

以前飼っていたハムスターの空(そら)ちゃんが死んでから、ハムスターを飼うのを、しばらくやめていたんですが、娘の高校受験が終わったのを機会に、2006年3月7日にハムスターを買いに行きました。冬は時期的にハムスターを飼いはじめるのに向いていないのか、そんなにたくさんのハムスターが売られていませんでした。生後1ヶ月くらいのハムスターがなつきやすく雌のほうが発情期でもおとなしいので、2月上旬に生まれた雌のケースの中から選ぶことにしました。以前飼っていた空(そら)ちゃんは可愛かったけど、噛み癖があったので、今回は噛み癖の無いというのも注意して選びました。選んだのはブルーサファイアのハムスターで咲(さく)ちゃんと名づけました。まだ寒い日もあるので、こたつを入れることが出来るケージで飼い始めることにしたんだけど、こたつの布団が噛んでボロボロになってたので布団だけ別売りのを買いました。餌も、古くなってたので新しく飼いました。
abシートンの遊園地付のケージ ab-01に付属の廻し車も齧られて危ないので、別売りのパーツを買いました。abシートンの遊園地付のケージのパーツは純正のものでないと互換性が無いので、ちょっと大変でした。
咲(さく)ちゃんは好奇心が強いです。おとなしく休んでいても誰かが覗くと、そちらのほうに寄ってきてプレーリードッグみたいに後ろ足だけで立ったりして、とてもひょうきんで可愛いです。ただ、とても臆病でもあるので、こっちから触ろうとすると逃げますし、手の上にのってくれたりもしません。馴れると懐くと思いますけど。