俊の言いたい放題

世の中おかしな事が多いですよね

50m道路の朝のバス専用レーンって

2014年1月19日

50m道路(県道60号線)で金沢駅方面から県庁方面に向かって、バス専用レーンが設置されているんですが、あれってどうなんだろうね。
片側3車線になっていますが、右の車線は国道8号線で右折車線になります。真ん中の車線は、国道8号線で直線車線になりますが、国道を越えるとすぐに石川県立中央病院に入る自動車の長い列に捕まって直進できません。
国道8号線を越えて直進できる唯一の車線が左側の車線になります。その左側の車線がバスレーンになっていて規制されています。
バスレーンは国道8号の手前で終わっていますが、正直に真ん中の車線を走っていてバスレーン規制が無くなったところから左側車線に変更しようとしても、左車線の自動車が進入を妨害して、なかなか車線変更できなかったりします。
だいたい朝のバス便は1時間に8本程度で、交通量や距離からしてバスレーンが必要とは、とても思えません。
結局は、県庁と県警の都合優先なのでしょうね。案外、県庁と県警の職員は平気で左車線で通行してすいすい通勤していたりして(苦笑!)。

2015年4月10日

海側環状線と50m道路(県道60号線)の交差点(環状鞍月)で寺中町から直江町へ向かうと平日でも必ず渋滞に巻き込まれます。50m道路と較べて環状線の信号が極端に短く、しかも3車線の内2車線が右折専用で、直進と左折が共通で1車線なのです。直進する時には必ず信号につかまります。
県庁と県警の職員が都合のよさを優先して2車線を右折専用にしているのだと思います。せめて真ん中の車線を右折と直進の両方通行可にすれば随分違うと思うんだけど、石川県は自分(県の職員)の事しか考えてないもんなあ

コメント(2)

返信

1時間に8本程度、ですか
夢のようなダイヤで、実に羨ましいですな
金石街道にもそのくらいの頻度で走らせてくれないもんでしょうか、北鉄さん

コメントする