俊の玉手箱

綺麗に窓のガラス拭きができる方法    


毎年年末には窓のガラス拭きをしてるんですが、いつも方法を忘れて途中で思い出すというパターンを続けているので、ページにしてメモ替わりにしておくことにしました。
用意するもの
バケツ1個、新聞紙、マイクロファイバーのタオル1枚、洗剤(マジックリン)、スクイージー(柄の付いたワイパー)
作業手順(手の届く範囲)
1.バケツ1個にぬるま湯を入れて、洗剤(マジックリン)を少し入れておく。
2.新聞紙を4つに切っておく(1面の半分の大きさ)。
3.サッシのレール部分など汚れがきついところを、バケツに入れた薄めた洗剤で濡らした新聞紙で清掃する。
4.バケツに入れた薄めた洗剤で濡らした新聞紙で窓ガラスを拭く。
5.水分が乾かない前に乾いたマイクロファイバーのタオルで水分をふき取る。大きな窓でタオルで拭く前に乾いてしまう場合は、片手で濡れ新聞紙、もう片手でタオルを持って両手で拭くと良いです。
6.残った汚れが気になるようなら乾いた新聞紙で窓ガラスを拭く。
7.これでピッカピッカになります。

マイクロファイバータオルは,水分をよく吸い毛玉が出ないので便利です。最近は30cm×30cmのものが100円で購入できます。
新聞紙は、ガラス一枚ごとに使い捨てにします。
2重サッシなど、あまり汚れていないガラスは4と5だけで綺麗になります。
作業手順(手の届かない範囲)
1.バケツ1個にぬるま湯をいれておく(両面ガラスクリーナー用です)
2.両面ガラスクリーナーで窓の汚れを取る。
3.スクイージーで残った水分を取り除く。
4.以上で終了です。
両面ガラスクリーナー
窓から外れても下に落ちません
スクイジー
柄の長いものが便利です