俊の玉手箱

マイタウンマップ・コンクールで総務大臣賞
      (お台場を楽しもう)    


マイタウンマップ・コンクールの概要と対策
地域情報をインターネット上で競う「第9回マイタウンマップ・コンクール」きまっし金沢総務大臣賞を受賞しました。全国から725作品の応募があり総務大臣賞というのは総理大臣賞に次ぐ2番目の賞ということらしいです。

マイタウンマップ・コンクールは主催が財団法人 情報処理教育研修助成財団ということで学校関係の傾向が強いコンクールで産経新聞社が運営しているようです。去年の総理大臣賞が個人応募の方にだったということで今年は個人応募が40%あったということです。

10月1日に応募受付が始まり、12月末に締め切られます。審査の対象は12月末時点の作品ということで、新年に入ると同時に1次審査が始まります。この時点で250程度の作品が選ばれるのですが、725の作品から短期間で選ぶことから考えてトップページの重要性が大きい事は言うまでもないことです。トップページの段階で地域情報に合致しないと判断されるサイトははじかれる可能性が大きいと思われます。いろんなジャンルを扱っているサイトは地域情報に絞ったサイトとして応募するほうが有利と思われます。

その後100程度の作品に絞った上で1月末には受賞作品となる40程度の作品が選出されるようです。
40程度の作品が選出されてから一斉に本審査が行われ各賞の該当団体も選考委員になって賞を与えたい作品の希望を受け付けるようです。つまり最終的には1月末時点の内容が審査の対象になるということなので12月末の期限を過ぎても、より良い作品を目指す努力は1月末までは有効であるということです。

応募の作品は
きまっし金沢から地域情報だけをピックアップして応募用のサイトを新設して応募しました。応募用サイトは検索ロボットお断りのタグを入れてあったので、アクセス解析で審査のためのアクセスがどれだけあったか把握できたのですが、最終審査の期間のトップページのアクセスは合計100前後でしたので、かなり浅い範囲内での審査となっていると思われます。そういうことから考えてトップページはサイトの内容が判りやすいものである必要があり、応募者からのコメント(セールスポイントなど)は重要だと思いますので的確にポイントを押さえて書くことが大切です。それと審査する人の立場になって考えると、そのサイトの概要とポイントが手短に判ると助かるので、そのサイトの概要を書いたページを作ったりサイトマップを用意したりすることも有利になると思います。

マイタウンマップ・コンクールは努力と意欲を重要視する傾向があり、早めに応募するというのも、ほんの少しは有利となると思われます。特に個人応募の場合は情報量の多さというのも重要視されているようです。デザインについては特に凝ったものを要求されているわけでないですが、パソコンの環境によって表示が乱れるようではまずいので画面表示画素数の変化による表示の乱れが無いかくらいは最低限チェックが必要と思われます。

コンクールに出品すると審査状況が気になるのは誰もが同じだと思います。もし、自分のサイトが予選通過してまだ審査対象になっているか知りたい場合は、最初の応募のときに見て欲しいページをいくつか登録するのですが、そのなかにどこからもリンクされていないページ(作品の中の1ページを同じ内容で別の名前のファイルを作っておくと良い)を登録しておいて、そのページをアクセス解析しておくと、まだ審査されてるかを把握することができます。
マイタウンマップ・コンクールの受賞について
2月7日前後に最終的な賞の決定が行われて、受賞者に内定の通知がMAILで来ます。あくまでも内定ですので正式な発表が行われる2月20日までは外部に口外しないようにと指示があります。マイタウンマップ・コンクール実行委員事務局から希望の交通機関と授賞式の出席者の申告の書類と、著作権に関する申告書が送られてきて必要事項を記入して返送します。

旅費については2人分の交通費を全額負担していただけます。但し、宿泊の場合は実費の負担が必要です。俊は授賞式がお台場の未来科学館で行われるということで受賞のついでにお台場で遊ぼうとの魂胆で息子を同伴して行きは航空機、帰りは特急寝台列車を希望したのですが希望通りの旅券が送られてきました。旅券の手配は産経新聞社系列の旅行会社が行うので同じ料金で安いパックを利用して宿泊付を利用しようとかいうのは出来ません。送られてきた旅券以外の交通費は表彰式当日に精算され支給されます。その時6000円程度余分に支給されたんですが食事代ということなのだと思います。

正式な発表の前日には時事通信社と共同通信社を通じてマスコミ各社に連絡が行きます。金沢では北国新聞社の電話取材だけで他のメディアからの取材は無かったです。電話取材の翌日、北国新聞の朝刊に小さく掲載されました。2月20日には
マイタウンマップ・コンクールのホームページ上に受賞作品の発表がありますがその時の、マイタウンマップ・コンクールのホームページからのアクセスは数件程度でした。

表彰式当日は午後1時から2時までが表彰式があり賞状と目録が授与されます。受賞した後に会場を抜け出して記念撮影が行われ、取材もその時に行われます。午後2時から3時半くらいまで懇親会が立食パーティの形で行われます。懇親会が終わると受付で副賞の一部を渡されます。一番大きな副賞(プリンターもしくはパソコン)は宅急便で送っていただけます。その他の副賞としては、全受賞者に@nifty1年間無料アクセス権(後日申込書が送られてくる。)と持ち帰り品として受賞者の所在地付近の衛星撮衛写真のパネル(授賞コメントと氏名入り)とオーディオ付の背負い型のバック、カップヌードル20個、手帳型地図、携帯電話用首掛けストラップ、メモ用紙などがあります。持ち帰り品は大きな紙袋2つになり持って帰るのは結構大変です。当日は雨天でしたので紙袋が濡れて破けてしまい困りました。仕方ないので戴いたバックに細かいものを入れて、カップヌードルとパネルを1つの袋に入れて抱えて持って帰りました。

翌日(日曜日)には産経新聞とサンケイスポーツで、翌々日(月曜日)には夕刊フジでマイタウンマップ・コンクールの結果が大きく掲載されました。後ほど実行委員会事務局から掲載されている産経新聞を送っていただきました。産経新聞に掲載されてからマイタウンマップ・コンクールのホームページからのアクセスは1週間で100程度でした。全国紙で結構大きく掲載されて100程度のアクセスというのは意外に少ないというのが素直な感想です。
お台場を楽しもう
せっかく東京のお台場へ行くんだから有効に楽しもうということで行きは航空機で帰りは寝台特急にしたのですが、息子も一緒なので1番早い便は避けて2番目の便を選びました。ところが、当日、乗る予定の飛行機から全国的な航空管制のソフトウェアのトラブルで定刻に飛び立てなくて結局予定より1時間遅れてしまいました。羽田空港から天王州アイル駅までモノレールに乗って、少し離れたりんかい線の天王州アイル駅まで徒歩で数分かかって乗り換えて東京テレポート駅を出るとすぐそこにフジテレビがあります。
帰りはJRだったのでお台場海浜公園からゆりかもめに乗って新橋まで行き新橋から山手線で上野まで行きました。
日本科学未来館
授賞式が開催された日本科学未来館は、科学に興味のある子供にとっては、とっても充実した施設です。
最先端の2足歩行ロボットASIMOの展示実演をはじめ、いろんな分野の科学の展示や実演があり、大勢のスタッフが親切に説明してくれます。2時間でも足りないくらいの充実度です。開館は10時から17時まで大人500円18歳以下200円です。
土曜日は18時まで開館しており18歳以下は無料のようです。
1階の売店(ミュージアムショップ)では宇宙食(宇宙食のアイスクリームもあるよ)など興味深い商品がたくさんありました。無料コインロッカーもあるので便利です。
フジテレビ
フジテレビは基本的には無料で楽しめる施設です。25階(地上100m)の球体展望室のみ500円(小中学生300円)必要ですが、無料の施設だけでも十分楽しめます。運が良ければ、スタジオで収録しているところを見ることが出来ます。いたるところに記念撮影の場所を設けてあるのも嬉しいです。フジテレビグッズが購入できるショップもあるけど、意外に魅力的な商品が無いです。入り口にガチャポン(100円入れてレバーを引くと丸い透明のケースに入った商品が落ちてくる)が置いてあるので、それを利用するのもいいかも。
メディアージュ(ソニープラザ、ソニー・エクスプローラサイエンス)、アクアシティお台場
フジテレビと道路を挟んで隣接するメディアージュにはソニーの最先端の技術を利用したミュージアムソニー・エクスプローラサイエンス(有料大人500円、小人300円)や輸入雑貨のソニープラザがあります。ソニープラザではチェリーコークなど懐かしい清涼飲料水なども売っています。
アクアシティお台場では手塚治ワールドアートスクエアやサンリオなどのお店があります。
デックス東京ビーチ(東京ジョイポリス、台場小香港、台場1丁目商店街)

メディアージュに隣接するデックス東京ビーチには東京ジョイポリス、台場小香港、台場1丁目商店街があります。
デックス東京ビーチの東京ジョイポリス前にもコインロッカーがありますが、5階の奥のほうには特大サイスのコインロッカー(600円)があるので旅行のついでとか荷物が大きい場合でも荷物をコインロッカーに入れて思う存分遊ぶことができます。
またデックス東京ビーチにはレンタサイクルもあるので重宝します。お台場は分散している施設を周る場合、徒歩だと遠いし、適当な交通機関も無かったりするので、お台場を存分に楽しもうと思ったらレンタサイクルを利用するのも良いんじゃないかなと思います。
香港の雰囲気をそのまま再現した台場小香港、駄菓子屋など昔懐かしい江戸の雰囲気をもった台場1丁目商店街も結構面白いです。
東京ジョイポリスは大掛かりな施設があるゲームセンターですが、乗り放題券があるので結構遊びがいがあります。夜遅く(23時)までやっているのも嬉しいです。ただ、各施設の1度に遊べる人数が少ないので、並んでいる行列の長さから感じる以上に待たされることもあるので覚悟が必要かも。東京ジョイポリス乗り放題券は大人3800円小人(小中学生)3300円ですが、同じ建物のデックス東京ビーチ1階のサンクスで500円引きのチケットを販売してます。但しPM5:00以降の入場の場合はナイトパスポートというのがあって大人2800円小人2300円ですので、お得なチケットを購入しましょう。

台場小香港では西安餃子九龍分店に行きました。お目当ての餃子(貼鍋棒餃子・4ケ入¥380三色水餃子・6ケ入¥450)は期待した程では無かったですが坦々麺¥420(ミニもあります)は美味しかったです。
手羽のやわらか蒸し¥480

東京名物は上野の構内でも買える
家族から東京名物(?)ひよこをお土産に頼まれたのですが、今は何処でも買えるんですね。上野駅の構内(改札の中の構内)にも遅くまで営業しているお土産専用の店舗があり夜10時過ぎでも「ひよこ」や「東京バナナ」を購入できます。
お台場の便利リンク
東京ジョイポリス セガの巨大アミューズメント施設
フジテレビ フジテレビの見学コース              展望台以外は無料
MEGA WEB TOYOTA主催の車のテーマパーク        入場無料
ソニー・エクスプローラサイエンス ソニーのサイエンスミュージアム
船の科学館 船をテーマにした科学館
水の科学館 東京都水道局の水をテーマにした科学館    入場無料
日本未来科学館 最先端の2足歩行ロボットASIMOの展示実演や、いろんな分野の科学館
大江戸温泉物語 町民文化を味わうことのできる江戸の街をテーマにした日帰り温泉施設
ワンザ有明ベイホール 世界一の室内滝“シャワーツリー35があるショッピングモール
東京テレポートセンター テレコムセンターの展望台は現在のところ無料です
お台場海浜公園 自由の女神像がある公園でレインボーブリッジがよく見える
デックス東京ビーチ 東京ジョイポリス、台場小香港、台場1丁目商店街などがあるショッピングモール
アクアシティお台場 レインボーブリッジがよく見えるショップ・レストラン施設
メディアージュ 映画館やソニー・エクスプローラサイエンスなどがあるショッピングモール
パレットタウン サンウォークなどがある複合施設
サンウォーク ショッピングセンター
りんかい線 新木場、大崎を結ぶ。モノレールの天王州アイル駅からお台場まで行ける
ゆりかもめホームページ お台場と新橋を結ぶ新交通システム
お台場ライン 東京湾をレインボーブリッジの下を通る水上バス
東京モノレール 羽田空港と浜松町を結ぶモノレール