主食は牧草
うさぎの主食は牧草です。牧草はどれだけ食べても太らないそうで,極端に言えば牧草さえ与えておけば大丈夫というくらいだそうです。本では,牧草は無くなっているのに気づいたら補充して,いつでも食べられるようにしておけば良いとの書かれていましたが,お店の人から,ライオンドワーフは小さいので牧草は1日1回片手で握れるくらい与えておけば良いと言われました。常時,牧草を入れておくと,人間に懐き難く抱っこさせてくれるようになりにくかったりするし,外に出したときにケージに戻りにくかったりするということでした。お腹をすかせておいて餌を与えながら遊ばせると人間に懐きやすいということでした。
我が家では,牧草は朝と夜に,合計2回,おのおの片手で握れるくらいの牧草を与えています。牧草を入れる容器として直径12cm,深さが6cmの陶器製容器を使っています。ケージに固定するタイプなどいろいろな牧草容器を使ってみましたが,これが一番良かったです。片手に握れるくらいだと牧草が容器にすれすれいっぱいになりますが,下に落ちる牧草は少なく,無駄なく食べています。1時間程度かかって食べています。
牧草には豆科のアルファルファとイネ科のチモシーがありますが,チモシーのほうが低タンパク,低カルシウムなので尿路結石・肥満対策に効果があり健康的です。アルファルファは子ウサギにしか与えません。子ウサギでも一般的にはチモシーで良いようです。チモシーにも刈り取る時期によって1番刈,2番刈,3番刈にわけられ,若いうちに刈り取られた1番刈のほうが繊維質が多くて低カルシウムで健康に良いです。
うさぎは,結構保守的な動物で,慣れないものは食べない傾向があります。同じ種類の牧草でもメーカーが変わると食べなかったりします。普段から,いろいろな種類の牧草に慣れさせておくと,いつも食べている牧草が入手できなくなった時に助かります。
違う種類の牧草を食べさせるには,一挙に牧草を変えるのではなく,最初は今まで食べていた牧草に,違う牧草を少しだけ混ぜて,少しずつ違う牧草の比率を多くしていき,最終的に違う牧草だけを与えるようにします。
最近は株式会社マルカン牧草物語(チモシー牧草 ハーブ入り 900g498円)を食べさせています。ハーブ入りは虫食い予防に効果があるということで,うさぎも好んで食べます。
牧草が残り少なくなると,袋に細かい粉のような牧草が残りますが,呼吸障害をおこす可能性があるので捨てたほうが良いです。
100円ショップでペットフード用ストッパー(袋の空き口を挟んで閉じるもの)を買ってきました。
ペレット
うさぎの餌は牧草とペレットが中心になります。PLANT3でペレット(ラビットフード)2.7kg(低カロリー,乳酸菌入り,ハーブ入り)が598円で売られていたので買ってきて,さっそく与えたら喜んで食べてました。イースター株式会社のどうぶつ村ブランドのものです。
尿の臭いをとる消臭剤も配合されているようです。
原材料はアルファルファミール,とうもろこし,グルテンフィールド,小麦ふすま,脱脂大豆,小麦粉,乾燥おから,脱脂糠,ブドウ糖,乾燥ローズマリー,殺菌処理乳酸菌,ミネラル類,ビタミン類,アミノ酸類です。

ちなみに牧草を与えないで固形のフードばかりを食べさせると歯と顎の正常な発育が阻害されて病気になってしまうそうです。ペレットなどのフードは与えなくても全然大丈夫だそうですが生まれて半年くらいは栄養のあるペレットも与えるのが一般的のようです。ペレットを与える場合でも生まれて半年過ぎてからは少しずつペレットの量を減らしていったほうが良いようです。
ライオンドワーフは大人でも1kgから1.5kgくらいなのですが、ペレットを与える場合の量は体重300から500gでペレット20から30g、体重600から1200gでペレット30から30gが適量だそうです。あまり餌を多く与えると太りすぎになり病気になったりするそうです。ペレット(ラビットフード)に含まれる乳酸菌はうさぎにとって、腸を整えるという意味で良いようです。但し、適量というものがあるので少量で良いみたいです。

その他の食べ物
うさぎの食べ物としては,野菜や野草ではパセリ,セロリ,春菊,セリ,ブロッコリー,大根の葉,ニンジン,カブ,タンポポ,クローバー(シロツメグサ),レンゲ,ナズナ,ハコベ,オオバコ,アザミなどはお奨めの食べ物だそうです。クローバーは夏のものは不向きだそうです。公園などで採ってくる場合は農薬がついているかもしれないので,よく洗ってあげたほうが良いです。
ネギ,タマネギ,ゴボウ,カリフラワー,アボガド,じゃがいも,豆,ピーマンやお菓子は与えてはいけないそうです。
レタス,キャベツ,チンゲン菜,白菜,小松菜,ほうれんそう,トマト,キュウリ,イモ類,フルーツは与えても良いけどお奨めはしないようです。りんごの皮くらいは良いみたいです。
野菜系は手渡しで与えています。

ブロッコリーの葉を食べさせてみると喜んで食べました。ブロッコリーの人間が食べる部分を与えたのですが,葉よりは興味を示さなかったようです。ブロッコリーの茎も喜んで食べました。

公園で採ってきたオオバコを与えると警戒も無く喜んで食べました。

たんぽぽの葉を採ってきて,与えました。初めて食べるのに大喜びですぐに完食しました。たんぽぽの葉が一番好きなようです。

近くの公園で三つ葉のクローバー(シロツメグサ)を採ってきて水洗いしてから与えました。
すぐに食べ始めましたが,大喜びというほどでもなく,途中で牧草を追加してあげたら,牧草のほうを食べ始めました。

大根の葉を与えましたが,最初は警戒して臭いをかいているだけでしたが、朝見るときれいに平らげてました。その後は喜んで食べています。
大根の葉はカルシウムが多く,野菜の与えすぎは下痢の原因にもなるということなので1日2本だけ与えるようにしています。

ニンジンの皮(料理ではニンジンの外側を剥いて食べるので,いつもなら捨てている)を与えたら喜んで食べてました。

カスピ海ヨーグルトを与えましたが警戒して食べませんでした。