ケージの選び方
最初にケージを買わないと始まらないのですが,うさぎを飼うには,それなりの大きさのケージが必要です。小さいケージを買うとうさぎが大きくなった時に欲求不満になって、結局は大きいケージに買い換える場合が多いようです。
一般的には幅62cm程度の広さのものが良いようです。
ただ,ライオンドワーフの場合は,小さくて、それほど活発ではないので、そんなに大きなケージは必要でなく幅50cm程度の大きさで十分とお店の人から言われました。

オスのうさぎの場合は発情期になるとオシッコを撒き散らすので,ケージにおしっこガード付きがあったほうが周りが汚れなくて良いみたいです。メスのうさぎの場合はトイレにオシッコする躾ができていれば,おしっこガード付きの必要性は少ないです。

正面と天井の窓が大きいほうがうさぎやエサなどの容器の出し入れがしやすいです。糞やおしっこがたまる底部がトレイになって引き出し式になっているのが掃除がしやすいです。

スノコはプラスチック製より金属の網のほうが糞などが底面に落ちやすく、うさぎも動きやすいですし、かじったりしても安全とのことです。木製のすのこも、かじったりしても安全という意味では良いのですが糞などが底に落ちにくくて汚れやすいようです。

そういう条件のケージを探すと結構高いんです。

結局 【GEX】ドワーフラビットケージ520(W520 x D400 x H500mm)というのが送料込みで5300円で売られているのを見つけたので注文しました。金属網のスノコで引き出し付で天井と前面の窓の大きいのはイージーホーム40と一緒なのですが、おしっこが飛び散らない金属製ハイコーナーガード付というのが気に入ったのです。

お店のお奨めはイージーホーム40というケージでした。ネットでは送料込み5100円で購入できるようです。イージーホーム40は前後側面の金網の目が細かいので、うさぎが齧れないので良いとの事でした。確かにそういう面はあると思います。イージーホーム40はトレイが引き出し式で底面スノコは金属ワイヤーでおしっこガードは約5cmです。別売りでキャスターも取り付けられるようです。

実際に使ってみた感想としては, お店のお奨めのイージーホーム40のほうが良かったかなと思いました。前後側面の金網の目が細かく,うさぎが齧れないのというのは大切な要素です。
ケージの置き場所
うさぎのケージの置く場所は直接陽が当たらない,夏に風通しが良い,冬には寒くなりにくい,騒音が少ない,お部屋の隅(うさぎが落ち着く)などの要素を満たす事が理想的です。しかもケージの外で遊ばせなくてはいけません。そうなってくると,うさぎのケージの置き場所を最優先で部屋の使い方を考えなくてはいけなくなります。うさぎのために空調を使う場合は,夏に風通しが良い,冬には寒くなりにくいというのは考慮しなくても良いです。
部屋の床(絨毯,畳など)を汚さないために,ケージの下に防水ゴムシートを敷いています。