旅行業務取扱管理者資格試験に挑戦

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理のページを作りました

2017年3月16日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理マップを作ったのですが、それを進化させてネット上で国内観光地理の地図から観光地名をクリックしたら該当ページに行けるというページを作ったら、凄く便利だと思い、さっそく北海道のページを作ってみました。

もちろん自分の受験勉強の為ですが、受験者にとっては涙物のページになると思います。こんなページは存在しなかったんですから。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/hokkaidou.html

2017年3月20日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理 東北のページを作りました。かなり手間がかかります。日本全部を完成できるか判りません。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/touhoku.html

2017年4月6日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理 関東のページを作りました。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/kantou.html

全国のいろんな観光サイトを見ていたら、きまっし金沢のページランキングが落ちている理由が分かってきました。
やっぱり画像は、ある程度大きくないとインパクトがありません。
SEO的には文字は小さくしない。これでスマートフォンで利用しやすくなります。
1ページに必要情報を詰め込む。
市町村別のページを整備する。

2017年4月14日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理 中部・北陸のページを作りました。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/tyuubu.html

2017年4月15日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理 東海のページを作りました。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/toukai.html

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理 近畿のページを作りました。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/kinki.html

2017年4月16日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理 中国・四国のページを作りました。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/sikoku.html

2017年4月18日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理 九州のページを作りました。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/kyuusyuu.html

2017年4月19日

旅行業務取扱管理者受験用の国内観光地理 沖縄のページを作りました。

http://kimassi.net/ryokougyoumu/okinawa.html

これで、日本全国の観光地理のページが完成したことになります。 これからは5月28日のファイナンシャル・プランニング2級試験の勉強を中心にします。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画をみました

2017年2月4日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画をみました。
最初の「国内旅行業務 運賃・料金1」だけですが意外と簡単な内容で拍子抜けしました。

LAN接続のハードディスクに保存した動画でしたが、ストレスなく再生できました。

2017年2月5日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画 「国内旅行業務 運賃・料金2」を見ました。複雑な部分もありましたが、判りやすいいです。講義動画は良いです。
PDFのテキストを見ながら、必要な部分は取り出して、重要部分ピックアップとしてメモしておきました。
後ほど、メモの最重要部分は紙の単語カードにしようと思います。

なんか、旅行業務取扱管理者の資格もとれそうな気がしてきました。

国内旅行業務 運賃・料金3と国内旅行業務 運賃・料金4の標準速度の動画は、フォーサイトの道場破りに掲載されていなかったので、HandBrakeを使って、自分で動画化(MP4)しました。

2017年2月26日

単語カードの作成が終わり、観光地理のマップの作成も終わり、DVD ユーキャン 日本の名所名景 全12巻セットも全巻見終わったので、フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画の続きを見ようと思います。フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義の音声だけは自動車を運転しながら聞いているのである程度は理解しているのではないかと思います。

2017年3月5日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画 「国内旅行業務 旅行業務1」を見ました。音声だけは何回か聞いていたの、ある程度は理解していたのですが、講義動画を見て、テキストのチェックテストをすると理解度が飛躍的に深まります。

2017年3月7日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画 「国内旅行業務 旅行業務2」を見ました。
今までは単語カードと音声だけの学習だったので、テキストを確認しながらの学習は基礎的な事の理解が深まります。

2017年3月10日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画 「旅行業務取扱管理者2017_基礎_約款Ⅰ・Ⅱ1」を見ました。
なぜか最近、講義を聞いていたら眠くなってしまい、やっと最後まで見る事ができました。

2017年3月12日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画 「旅行業務取扱管理者2017_基礎_約款Ⅰ・Ⅱ2」を見ました。
相変わらず、途中で眠くなってしまいます。午前中なのになんでだろう。
前もって音声だけ聞いていたので、テキストを見ながら聞くと理解が深まります。

午後に、フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画 「旅行業務取扱管理者2017_基礎_約款Ⅰ・Ⅱ3」も見ました。

以上が旅行業務取扱管理者2017_基礎_約款Ⅰのほうでした。旅行業務取扱管理者2017_基礎_約款Ⅱのほうは、DVDも講義動画も存在しません。でも、重要な内容は、単語カードでほぼカバーされているので特にテキストを読まなくても良いかなという感じです。

2017年3月13日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画「国内旅行業務 運賃・料金1」を再び見ました。

2017年3月18日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画「国内旅行業務 運賃・料金2」を再び見ました。

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画「国内旅行業務 運賃・料金3」も見ました。

2017年3月19日

フォーサイトの旅行業務取扱管理者の講義動画「国内旅行業務 運賃・料金4」を見ました。

これで講義動画を一通り見たことになります。単語カードの修正も終わったし、ネット上の国内観光地図マップを完成させれば、国内観光地理以外の勉強は一休みして、FP2級の試験勉強に専念しようと思います。

過去問は重要です

2017年3月10日

アプリの過去問を少しやってみたのですが、かなり癖のある問題が多いです。理解してても、独特な言い回しに慣れていないと悩んでしまう問題もあります。

こういうのは過去問をやっていて慣れておくと解けるので、過去問は少なくとも過去6回分はマスターしておくのが良いです。

観光地理は観光地の県名だけではなくて、市町村が問われることもあるので手強いです。最低限、白地図で作った観光地図を何度も見てマスターしないといけないと思いました。

2017年3月11日

観光地理の単語カードをやってみましたが、わからないのが過半数を超えていました。手強いです。

旅行業務について

旅行業務取扱管理者のテキストを見て初めて具体的に分かったのですが、旅行業務って5つの種類があって、
総合的にいろんな業務ができる第1種旅行業者と、
国内の募集型企画旅行ができ、他社の国内外の旅行パックの扱いや、国内外の宿や交通機関などの手配や国内外の受注型企画旅行ができる第2種旅行業者、
本社がある市町村と隣接する市町村での募集型企画旅行ができ、国内外の宿や交通機関などの手配や国内外の受注型企画旅行ができる第3種旅行業者、
本社がある市町村と隣接する市町村での募集型企画旅行・受注型企画旅行・宿や交通機関などの手配ができる地域限定旅行業者、
親会社1社のみの代理ができる旅行業者代理業者があります。

手軽な資金で、いろんな業務ができると言えば第3種旅行業者になります。

第3種旅行業者については、貯金及び不動産などの財産が300万円以上ある事を証明しなければいけません。
その他に、300万円の営業保証金を預けるか、旅行業協会に入会し60万円の弁済業務保証金を預けるかしないといけません。
それと国内旅行業務取扱管理者が会社に1人いて都道府県に登録すればOKです。

しばらく旅行業務取扱管理者の勉強を中心に

昨日、宅建の実務講習を受けてきたのですが、来週も実務講習があり講習後に試験もあるということだったので、今週は宅建の勉強を中心にしようと思っていたのですが、講習をきちんと聞いていたら必ず合格するという事だったので、今週も旅行業務取扱管理者の勉強を中心にしようと思います。

単語カードの修正も、観光地図の修正も終わったので、後は地道に勉強するだけです。

DVD講義は、音だけは自動車運転時に聴いているけど、映像は、まだほとんど見ていないので一度見てみようと思います。

「るるぶ/観光ガイド」のアプリが役立ちそう

2017年2月10日

旅行業務取扱管理者資格試験関連のAndroid用のアプリはそれなりにあるのですが、問題が少なかったりして、あまり役にたつものが無かったのですが、「るるぶ/観光ガイド」のアプリは役立ちそうです。

全国の観光名所を県別で画像付きで簡易的に説明されています。観光マップがないのが残念ですが、観光地図を手元に置きながら使うと便利です。

2017年2月27日

自作の観光マップが完成したので、それを手元に置いて「るるぶ/観光ガイド」を使ってみました。
その地域の人気順に掲載されているし、小さいながらも画像があるし、少ないながらもクチコミがあるので参考になります。やっぱり画像があると記憶に残りやすいです。

地図へのリンクもあるので、観光マップに掲載しなかった名所を追加する場合にも役立ちます。試験には関係ないけど交通手段も掲載されているので便利です。

2017年3月3日

「るるぶ/観光ガイド」のアプリは自宅でしか使っていなかったのですが、外で使って初めて気が付きました。「るるぶ/観光ガイド」のアプリはインターネット環境があるところでないと使えないようです。

それと、まだクチコミ関係のデータ数が少ないので、有名スポットがずいぶん下位になっていたり、どうでも良いのが上位になっていたりと観光地理の勉強としてはチグハグな感じです。

旅行業務取扱管理者資格試験用の単語カードをつくった

2017年1月29日

旅行業務取扱管理者はフォーサイトの通信教育を利用することにしたのですが、フォーサイトには道場破りというユーザーページがあり、そこに単語カードという項目がありました。その単語カードはオンライン用なのですが、COPY&PASTEして電子暗記カードmemoriboLISNYに移植することにしました。

Excelのデータをcsv形式で保存して、それからmemoriboLISNYに移植しなければいけません。

memoriboLISNYのソフトウェアをインストールするのは苦労しました。CD-ROMに入っていたソフトは古く、バージョンアップを求められます。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/support.html
に行ってUpDate_1004.zip(http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/download/UpDate_1004.zip)をダウンロードします。解凍してインストールCDをドライブに挿入した状態でインストールします。
その後、
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/support_091110_1.html
に行ってUpDate_1005.zip(http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/download/UpDate_1005.zip)をダウンロードします。解凍してインストールすると最新のバージョンにアップグレードしてWindows10でも使えます。
ついでに本体のアップグレードもします。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/e-bungu/memoribo/lisny/support_100226.html
に行って説明通りにします。
ちなみにmemoriboLISNYのソフトウェアはすべてのパソコンで動作する訳ではなさそうです。自分のパソコンでも1台では動作しませんでした。原因は不明です。

単語カードの内容をExcelに移して、それから使いやすいように内容を全面的に改変して電子暗記カードmemoriboLISNYに移植しました。全部で641枚もあったので、とても時間がかかりました。

Excelのデータをcsv形式で保存して、それからmemoriboLISNYに移植するにあたり、「:」とか「,」や金額の3桁ごとの「,」や改行があると、途中で独立したデータと判断されたりして修正するのにも苦労しました。
改行が使えないというのは、かなり都合が悪いです。
ただmemoriboLISNYに移植してからだと「:」とか「,」や金額の3桁ごとの「,」や改行は可能です。
ちなみにmemoriboLISNYに移植してからの編集はCOPY&PASTEは出来ません。
memoriboLISNYのソフトは欠陥だらけです。発売中止になるのも頷けます。

何度か失敗しながらmemoriboLISNYで使用できるようになりました。

2017年2月1日

電子暗記カードmemoriboLISNYを使ってみました。

レジューム機能あり、シャッフルありに設定しましたが、毎回同じようなカードばかり表示して使い物になりません。それでシャッフル無しに変更しました。
本当にショボいです。画面も白黒だし・・・
やっぱり紙の単語カードが良いです。ただ、旅行業務取扱管理者資格試験用の単語カードはカードの枚数が多いので、そう意味ではmemoriboLISNYの利点もあります。

memoriboLISNYは、重要度を3段階で登録できて、それを利用すれば、希望の段階のカードだけを学習することができます。これは便利かなあと思います。

2017年2月19日

観光地図の作成が終わったので、単語カードの充実化に着手しました。
約款と旅行業法の単語カードの作業は完了しましたが、大切な数字がいっぱい抜けていました。なんで、こんな中途半端な事をするのかなあ?
でもPDFテキストがあるので、自分で打ち込む文字が少なくて助かります。

2017年2月20日

国内旅行業務 運賃・料金の単語カードの作業も完了しました。
これで教材についての準備はすべて完了しました。

2017年2月21日

講義内容を聞いていたら、単語カードで抜けていた部分は、覚える事が多い割には1問しか出題されず、苦労が多い割には効率が悪い部分だと説明されていました。

2017年3月1日

観光地理以外の単語カードを最後までやってみると、ミスもあったし、改良点も見つかったので修正しました。

旅行業務取扱管理者資格試験勉強としては、講義MP3を聞くのと、教材作りしかやっていないのですが、意外と理解できています。観光地理以外については、今でも合格できるのかもしれません。

2017年3月12日

単語カードで宿泊関係の約款が抜けていたので追加して挿入しました。

memoriboLISNYに移植してからの編集はCOPY&PASTEは出来ないのですが、参照機能を使うと外部のテキストファイルを読み込めることが分かったので、テキストで編集してから読み込むという作業をしました。取説には、なにも書かれていません。

memoriboLISNYのデータは登録したパソコン以外のパソコンでは編集できなかったのですが、マイドキュメントのmemoriboLISNYフォルダごと全部コピーすると他のパソコンでも編集できました。
ただ、LAN接続のハードディスクにデータを入れて、そのままパソコンから編集する事はできないので、1つのデータをいろんなパソコンで編集する場合には、LAN接続のハードディスクのデータをパソコンにコピーして、編集が終わると、またLAN接続のハードディスクに戻さないといけません。

白地図で旅行業務取扱管理者資格試験用の観光地図を作る

2017年2月12日

旅行業務取扱管理者資格試験で国内の観光地図を覚えるのが必須なのですが、手元にある地図は詳しすぎたり、簡素すぎたりして、ちょうど良い地図が見当たりません。
それで白地図で旅行業務取扱管理者資格試験用の観光地図を作ることにしました。
白地図は世界地図: http://www.sekaichizu.jp/atlas/japan/area.html が地域ごとの白地図があり便利です。
ファイルはgif形式なので、そのファイルを背景に使って「まっぷっぷ」で文字を種類別に色分けして作ると分かりやすい観光地図ができると思います。
「完全制覇国内旅行地理 検定試験」を参考に、フォーサイトの教材に掲載されているスポットを記入しようと思います。

とりあえず北海道の観光地図を作りました。凄くわかりやすい地図です。
(クリックすると原版の大きさで見れます。)

hokkaidouMAP2.gif

2017年2月14日

東北の観光地図を作りました。(クリックすると原版の大きさで見れます。)

touhokuMAP.gif


2017年2月17日

関東地方の観光地図を作りました。(クリックすると原版の大きさで見れます。)

kantouMAP.gif

東海地方の観光地図を作りました。(クリックすると原版の大きさで見れます。)

toukaiMAP.gif

2017年2月18日

中部・北陸地方の観光地図を作りました。(クリックすると原版の大きさで見れます。)

tyuubuMAP.gif

近畿地方の観光地図を作りました。(クリックすると原版の大きさで見れます。)

kinkiMAP.gif

2017年2月19日

中国・四国地方の観光地図を作りました。(クリックすると原版の大きさで見れます。)

tyuugokusikokuMAP.gif

九州地方の観光地図を作りました。(クリックすると原版の大きさで見れます。)

kyuusyuuMAP.gif

沖縄の観光地図を作りました。(クリックすると原版の大きさで見れます。)

okinawaMAP.gif

これで観光地図は完成しました。

次は単語カードの充実化に着手します。

2017年2月21日

国立公園と世界遺産は重要だということで観光地図の余白に、その地域の国立公園と世界遺産一覧を掲載しました。

旅行業務取扱管理者の資格試験用のmp3データを作成しました

2017年1月29日

旅行業務取扱管理者の資格試験は、フォーサイトという通信教育を利用することにしました。

送られてきたDVDをMoo0ボイス録音器で音声だけをMP3化しました。これで自動車の中で講義を聴くことができます。

ただ、国内地理についてはDVDが無いので、別の方法を考えないといけません。

別途DVD ユーキャン 日本の名所名景 全12巻セットを購入したのですが、こういうのは映像あっての物なので音声だけでは勉強になりません。

2017年2月7日

旅行業務取扱管理者のMP3音源を聞き始めました。国内旅行業法から聞き始めましたが、結構わかりやすくて勉強になります。
宅建やファイナンシャル・プランニングと較べると素直な内容なので馴染みやすいです。

2017年2月8日

今日も、運転しながら旅行業務取扱管理者のMP3音源を4時間ほど聞いていましたが、旅行業の消費者保護のシステムは宅建業のシステムとの共通点が多く興味深かったです。
DVD(MP3音源)には扱っていなくて、それなりに重要な範囲もあるようなので、テキストもしっかり勉強しないといけないようです。まあ60%の正解率で良いと考えれば、そこまでしなくても大丈夫かもしれません。

やっぱり、国内観光地理が合格対策としては最重要ポイントになると思います

2017年2月16日

旅行業務取扱管理者のMP3音源をひと通り聞いてみました。覚えないといけない数値も限られていますし、聞いていて理解しやすい内容がほとんどなので、国内観光地理さえ、ある程度覚えれば、宅建やファイナンシャル・プランニングと比べると合格するのは簡単そうです。