金沢お葬式情報 父親の葬儀

父親が亡くなって,なにも知らないなかで葬儀に関わった記録です

義理の母が亡くなられた

2018年6月29日(金)

義理の母は高齢者施設に居住しているのですが、時々、誤嚥肺炎で危ない状態になっていました。
昨日(28日)の午前中にも、誤嚥肺炎を起こして、状態が悪いという連絡があって、近くの病院に入院しました。喪主になる妻の兄は、遠方に住んでいるのですが、翌日に金沢に来るという事でした。
妻は、職場から病院にかけつけました。

病院の対処の甲斐があって持ち直したので、安心して帰っていたのですが、夜中に病院から息が弱くなったと連絡がありました。
6月29日になったばかりの時間で、ワールドカップで日本対ポーランド戦が行われている最終の出来事でした。妻はサッカーを見てましたが、自分は寝ていました。

病院には先に妻がかけつけ、自分は着替えして準備をしてから行ったのですが、時間外に入る方法が判らず、ちょっと当惑しました。なんとか説明掲示を見て、鍵をあけてもらって入る事ができました。
病棟のナースセンターに親戚ですと伝えると、病室に案内されました。その時には、義母はすでに亡くなっていました。妻が、かけつけた時にはもう亡くなっていたとの事です。
亡くなるという実感が無かったので当惑しました。
看護婦さんから、遺体の搬送をどうしますかと聞かれました。

義母は施設に入ってから実家を処分してますし、喪主である妻の兄は遠方に住んでいる事もあり、自分の家に搬送する選択しか思いつきませんでした。
母親の了解をとって、自宅に搬送する事にしました。

自宅に搬送するにあたって、以前父親が亡くなられた時に親切にしていただいた米永さんにお願いする事以外に思いつかなかったので、ネットで電話番号を調べて搬送を頼みました。1時間程度で搬送に伺えるということでした。

葬儀は、喪主である妻の兄の考えを尊重しなくてはいけないので、以降の事については、余計な口出しをせずに、喪主の選択にゆだねる事にしました。
とりあえず、葬儀をするしないの選択、家族葬にするか普通葬にするのかの選択をする必要があったので、喪主に相談しました。
故人は交際範囲が広い人だったので家族葬という訳にはいかないということでした。
搬送は米永さんに頼んだのだけど、通夜や葬儀は、どこに頼みますかと喪主に聞くと米永さんで良いということでした。
日程の希望を聞くと、近々には友引の日に重なる事が無かったので、翌日から3日間(土・日・月曜日)の内で、できれば早めの2日間が良いという事でした。それで早めの日で葬儀社が対応できる日を確認する事にしました。

自宅を、搬送に対応できる状態にしておかなければいけないので、先に帰る事にしました。
座敷を整頓し、布団を出して、シーツをかけて、座敷の整頓など迎える準備をしていると、義母が搬送されてきました。

座敷が3階なので、棺に入れないで、おぶって搬送していただきました。
葬儀社の人が義母の身体が曲がってしまっていると言っていたので、ひょっとしたら棺に入らなかったのかもしれません。
米永さんに、普通葬をするので、お願いしますと伝えました。葬儀の希望日についても伝えました。
以前お世話になった人の名前を憶えてなかったのですが、できればその人にお世話願いたいと希望を伝えました。対応できるかはわからないけど、父親の葬儀の時の担当者は調べれば分るという事でした。
喪主が来ないと何も決まらないので、打ち合わせは金沢に到着して自宅に来る予定の13:00ということにしました。
葬儀社の受け入れ態勢について確認していただいたところ、翌日に通夜の対応が可能だということでした。
通夜は19:00からで、葬儀は10:00からが一般的ということでした。
通夜は翌日の19:00から、葬儀は翌々日の10:00で仮押さえしました。
会場は、故人が住んでいた実家が建っていた場所に近い会館でしたいという希望でしたが、ちょど良い会場がありました。
故人が住んでいた実家が建っていたのは野々市市なのですが、施設は金沢市で住民票も金沢に移してあるという事で、斎場は金沢になるという事でした。
施設は金沢で住民票も金沢に移してあり、実家の建物も処分済だけど、おくやみ欄の住所は野々市にしても良いのかと聞くと、それは大丈夫だという事でした。
おくやみ欄で、住所が金沢だと、故人と喪主の名前を見ても誰も気づかないと思ったのです。
遺影をどの写真にするかとか、通夜葬儀の規模(人数)も決めておかなければいけないとの説明を受けました。
自分の父親が亡くなられた時の資料を調べると担当者の名前が判ったので伝えると、退職なさったということでした。
時間も時間だったので、各方面への連絡は早朝にすることにしました。

一度寝てから、目が冴えると、もう眠れない質なので、結局眠れませんでした。
遺体には妻が付き添いました。

朝7:00に僧侶に電話をかけました。通夜予定の土曜日は法事が3件あって、通夜は19:30からでないと対応できないということでした。葬儀予定の日曜日も午前中は法事があって13:00からでないと対応できないということでした。
死亡後初のお参りも12:00過ぎでないと対応できないということでした。

通夜や葬儀の日程をどうするかは喪主でないと判断できないので、喪主に電話したのですが、連絡がつきません。
留守電にメッセージを入れておきました。

親戚や、義母が生前に活動していた分野の関係者(1人)に連絡をとりました。
親戚や関係者の人から連絡があったという事で、それからは、電話がひっきりなしにかかってきて2回線ある電話が埋まっている事が多々ある状態でした。

数時間ほどして、喪主から電話があって、通夜と葬儀の時間についての希望を確認しました。おくやみ欄の住所は野々市市にすることも可能だと伝えました。
僧侶と妻の実家は昔から付き合いが深く、妻と僧侶が同級生であることもあって、他の僧侶を頼むことはせず、通夜と葬儀は僧侶の都合に合わせるということになりました。
喪主は13:00頃でないと金沢に入れないという事だったので、僧侶にお参りの時間をずらしてもらうよう頼もうかと思ったのですが、ごたごた言うのも良くないと言われて、お参りの時間についても僧侶の都合に任せることにしました。
すぐに葬儀社に時間の変更を伝えました。

とりあえず、おいでる方がいるかもしれないということで、他の部屋も可能な限り整理しました。
どうしても、当日に済ませておきたい仕事があったので、急いで用事を済ませました。

その間に、親戚の方がお参りにきてくださいました。

妻は、施設に報告に行き、遺影の写真を選ぶため写真を持って帰りました。

コンビニで弁当を買って食事をしようと思ったら、僧侶がおいでたので、お参りをしていただくことにしました。
仏壇の内敷が出ていないということで、慌てて探しました。滅多に使わないので置いてある場所を覚えていなくて、仏壇の引き出しを片っ端から調べてなんとか見つけました。

僧侶から、亡くなられるにいたった経過を聞かれて、簡単に説明しました。

お参りの途中に不備に気づいた事があったのですが、もう読教が始まっているのでしかたありません。
読教が終わってから確認しました。
前回は葬儀社の人から、人形は紙か布をかけて隠すように言われたのですけど、それは死者は穢れていて、魂を抜かれないようにお人形を隠すという意味合いがあるそうです。仏教的にはなんの意味もない事で、ある意味では故人に失礼にあたると習慣だと言えるという事でした。
「南無阿弥陀仏」の掛け軸もあるので、そのほうが良かったのかと思っていたのですが、仏壇の中に「南無阿弥陀仏」の掛軸があるので2つはいらないということでした。

僧侶と通夜葬儀の場所日程を確認しました。
僧侶のほうから、通夜は僧侶が1人で行い、告別式は僧侶と伴僧の2人で行い、葬場でのお参りは伴僧が、中陰は僧侶が行うと言われました。
法名も決めてこられていて、それはさすがに喪主の了解が無いと返答できなと言うと、大丈夫ですよと言われました。故人と親交の深い僧侶なので、まあそんなもんかなと思いました。

僧侶が帰って、食事をしていると喪主が着きました。食事は済ませたという事なので、ちょっと休んでもらって自分たちの食事をすませました。

誰に連絡をとったかの報告をして、お参りに来た親戚についても報告しました。ついさっき僧侶のお参りがあって、僧侶の人数や法名の件も報告しました。

喪主にお参りしてもらって、話をしていると、葬儀社の方がおいでました。
搬送時においでた人は、夜間だけの担当者で、以降の事については自分が担当するとの事でした。
前回の担当者には随分よくしていただいたと言うと、その方は退職されて今は不動産の仕事をしているとの事でした。その方とは同期だという事でした。

お葬儀の進行について、詳細な日程表を渡されました。
下記の物をご用意くださいという書類を渡されました。とりあえず必ず用意しないといけないものの説明書です。
斎場使用料のリストが渡されました。金沢の場合は、火葬炉使用料は5000円です。近隣の市町村では最も安いです。ただし、待合室使用料は5140円と近隣の使用料では最も高いです。斎場暖房費がかかる市町村もありますが金沢市は無料です。
焼香順位の参考例のリストが渡されました。
中陰のテーブルの席表、親戚リストを記入する紙も渡されました。

最初に、葬儀場の規模(会葬者の人数)を把握しないといけないし、その他に受付や会計をする人なども決めないといけないと言われました。

葬儀の費用については、基本となるセットが50万円で、その他に会場費15万円やオプションの花などがかかります。その他にも、バス料金や香典返し、通夜振る舞い、斎場での費用、中陰などいろいろとかかります。
花の追加はそれほど華美にせず、親戚などからの花飾りなどを祭壇に並べる事にしました。
納棺量15000円、ドライアイス追加分8000円、写真をカラーにするので差額10000円、通夜ふるまいの寿司が1桶が5000円、オードブル1桶が5000円、通夜ふるまいや中陰時の飲み物の1本あたりの料金も明記されていました。会葬礼状は何枚であろうと1枚100円です。明瞭会計です。
斎場への往復に使うバスの大きさも決めました。

参考に、父親の葬儀に頼んだ内容のリストを見せられました。とても参考になりました。気が利く対応に関心しました。

香典返しは、カタログなどはどこも一緒で、参列者にとっては飽きがきてるのではという事で、酒屋やドラックストアで買い物ができるビール券にしました。
香典返しの令状に入れる文面と誰の名前を掲載するかも決めました。

中陰の時のお土産は、海苔が多いということでしたが、聞いたことのないメーカーの海苔は美味しく無さそうなので、稲庭うどんにしました。
通夜と葬儀の挨拶は喪主がすることになりました。
決めるのに一番頭を痛める葬儀の焼香順については、故人の直系の親戚と故人の姉妹以外は、親戚の方については順々にということで名前を読み上げない事にしました。その他の参列者についても名前は読み上げないということにしました。
電報については、来てから考えるという事にしました。

おくやみ欄には、故人が長年住んでいた野々市市にすることにしました。詳しい住所は入れなくて、丁目まで掲載する事にしました。北国新聞と北陸中日新聞と読売新聞に掲載を依頼する事にいました。こちらは無料で掲載していただけます。
北陸中日新聞には、言葉も入るようで、故人がどんな人だったか電話取材があるそうです。

そこで、故人が生前に自分の法名の希望を喪主に伝えていたという話がでました。4年前の事だというのですが、そこは故人の希望が最優先という事で、慌てて僧侶に電話しました。
僧侶は不在でしたが、僧侶の奥さんに伝えました。
葬儀社に人が、お寺に、法名を書いた位牌(白木の仮の物)を届けてくれるということでした。

写真はまだ決まっていないと言うと、通夜当日の朝までに決まっていれば対応可能という事でした。

翌日の10:00に葬儀社の担当者が打ち合わせに来るということになりました。

故人の搬送は16:10頃にという事でした。

なにより、葬儀のお金を確保しないと具合が悪いということで、故人の銀行口座からお金をおろしておかないといけないと話していたのですが、15:00を過ぎてしまったので、窓口での出金ができなくなりました。
ネット振り込みが出来る手続きもしてなかったのでATMで出金できる範囲内しか出金できません。
大きな金額を預けてあった口座は、郵貯と北国銀行があったので、おのおのからATM限度額を引き出せます。
北国銀行のATMでは1日に100万円まで引き出せます。ゆうちょのATMでは1日に50万円までしか引きだせません。
金曜日なので、銀行は土曜日曜日が休みのため、お金を引き出すチャンスは、新聞のお悔やみ欄に掲載される土曜日の午前中(何時でシャットアウトされるかは不明です)までだと思います。
今日と明日と明後日とで、引き出せるだけのお金を引きだそうという事にしました。
ちなみに、その他に銀行通帳が2冊あるのですが、そちらは数万円程度の残金でしたがATMではキャッシュカードがないので引き出せません。
小額であっても、出金をストップされた口座からお金を引き出す場合の手続きの煩雑さは変わりません。

喪主がお世話になった施設にお礼と挨拶をしたいというので、妻と喪主が施設行くことにしました。施設からは写真と棺に入れる物を持ち帰り、銀行でお金を引き出しました。

最初に写真を決めようという事で、施設から持ち帰った写真を全部チェックして、遺影になりそうな写真をピックアップしました。故人は写真を撮られることが好きでは無かったようで、単独で顔がはっきり写っている写真がとても少なくて苦労しました。
体調を崩して施設に入ってからは、入れ歯を外した事もあり、顔が別人のように変わっていたので、それ以降の写真では昔からの知り合いが写真を見てもぴんとこないです。
施設に入る前の写真で、それほど昔でない写真から選ぶという事になると、本当に対象になる写真が少なかったです。
結局、施設に飾ってあった紙にプリントしたものが一番適しているという事になりましたが、画像が荒くてそれを拡大して遺影に使うのは難しそうです。
多分、写真は自分で撮ったものだと思うで、結婚してから撮った自分のアルバムを全部チェックしてみましたが見つかりません。
それで、画像は荒いけど、施設に飾ってあった紙にプリントしたものを第一候補にして、もう一度適した写真を探してみるという事にしました。

とりあえず、親戚の把握ができないと葬儀への出席人数などが決められないので、自分側の親戚で、中陰まで出席してくれそうな人のリストは喪主に渡しました。
故人の夫の法事への出席者を思い出したり、故人への年賀状や、個人の夫が持っていた名刺ホルダー、妻への年賀状を参考に親戚リストの作成をしました。
故人の親戚筋の中院出席者については喪主が考えるということになりました。

受付をする人を決めました。本当は近い親族ではなく、少し離れた立場の人に頼むのが良いのですが、気軽に頼める人も思いつかなかったので、親戚から1人頼んで、後は自分の家族3人と娘夫婦、喪主の娘で対応する事にしました。やっぱり親戚の顔を知っている人が受付にいたほうが安心です。
喪主は親戚の顔をよく把握していないので、中陰の出席をお願いする親戚がおいでると、喪主に伝えて紹介するという事で母親も受付を担当する事にしたのです。
さっそく、受付・会計を頼む人に電話で頼みました。

夕食は自宅で喪主を交えてしました。そういえば、自宅で喪主と食事をするのは初めてです。
喪主に、自宅に泊まるように勧めたのですが、ホテルを予約してあるのでそちらで泊まるということでした。

通夜の日は、葬儀会場で、喪主一人が泊まるという事になりました。

明朝は葬儀関係者が10:00に自宅に来るという事なので、喪主は8:30に来るということになりました。

夜に、過去に撮ったデジカメの画像を全てチェックしました。「きまっし金沢」を運営し始めてから撮った画像の数は半端ないのですが、分かりやすくフォルダに分けてインデックスも作ってあったので助かりました。
それでも探していた画像は見つかりませんでした。
いろいろ探して、10年前の父親の法事の時に撮ったデジカメの画像の中に、顔が大きく映っていて笑顔の素敵な画像が見つかりました。
翌日にその画像ではどうか提案する事にしました。

過去の葬儀で会計を担当した際のやりかたを確認してプリントアウトしました。

コメントする