金沢お葬式情報 父親の葬儀

父親が亡くなって,なにも知らないなかで葬儀に関わった記録です

義理の母の通夜

喪主の家族を自動車に乗せないといけないので、洗車しなければいけない事に気づきました。
喪主が訪れた後だと、洗車する時間がないので慌てて洗車しました。
洗車を怠っていたので車内の清掃から始めないといけません。外装は、最近購入した高圧洗浄機で洗車しました。
気温が朝から30度を超えていたので暑くて汗びっしょりになりました。

8:30に喪主が訪れたので、新たに見つけた故人の画像を見せました。とても気に入ってくれて、その画像を使う事にしました。
今日の朝刊のおくやみ欄に掲載されるので、銀行の口座が凍結される前にということで、早朝に銀行にお金を引き出しに行きました。無事引き落としができました。
これで、とりあえずは葬儀に必要なお金は確保できました。

中陰への参加をお願いする親戚を決めました。

10:00に葬儀社の担当者が来ました。
遺影のための画像を渡しました。遺影の背景を決めました。
細かい不明点を確認しました。
遺体を寝かせた布団をどうするか聞かれたので、自分で処分すると答えました。葬儀社に頼むと5000円ほどかかるけど、金沢市に引き取ってもらうと500円で済むのです。
それに別に処分する必要も感じないし。

喪主と妻で、通夜に必要な副葬品(衣類の小物)やお昼に食べるお寿司を買いに行きました。
昼は、自宅で喪主と一緒に食事をしました。

14:00に喪主の家族が自宅に着きました。

16:00に葬儀社が遺体の送迎にきました。準備をしますというので、別の部屋で待機をしてたら、母親から、ちゃんと看取らないとダメだと言われました(苦笑)
送迎の準備と同時に、骨壺の祭壇のセッテイングも行われました。

1人1人順番に遺体の手を湿ったカット綿で拭きました。

それが終わると、葬儀社の3人で、遺体をかついで3階から階段を運んでくれました。

みんなで、葬儀会場に向かいました。

会場に着いて、遺体を棺に入れました。遺族が1つずつ同葬品を棺に入れました。家を処分した時に、身の回りのものも全部処分してしまったので、適当なものは何もありませんでした。棺の蓋を閉めました。

親戚以外に花や籠が出てるかなあと思っていたのですが、ありませんでした。
故人は、生前いろんな地域活動を積極的にやっていたので意外な気がしました。

ここでデジカメを持ってくるのを忘れたことに気づきました(苦笑)

会場についての説明がありました。飲み物の自動販売機は無料で利用できるという事でした。控室ではお茶のポットが用意されていました。娘にはサンドイッチを多めに買ってきてもらいました。
お通夜が遅めだけど、受付や会計などで、夕食をとる時間の余裕が無いのでサンドイッチを用意しておいたのです。

受付と会計の部屋の確認をしました。
会計の部屋には、パソコンとプリンターが用意されていて、葬儀会計用のソフトがインストールされていました。
家族が、香典帳は紙に書いたほうが良いというので、紙の香典帳も出してもらいました。最終的にはパソコンで入力する事にしました。
受付と会計の係に、担当の割りふりと、作業の手順を指示しました。

受付を4人配置し、香典を受け取る人2人(親戚と喪主の娘)と、1人(息子)は香典返しを渡すのと香典がたまったら会計に届け、もう1人(母親)は香典返しを渡すのと中陰の出席を頼む親戚がおいでたら喪主に案内する役です。
会計は、1人(娘の夫)は香典袋と中袋に番号を記入する役目で、もう1人(自分)は金額を確認し、金額を住所氏名が記入されてる所に記入してその部分を見やすいようにして水引きを戻して入力係に渡します。3人目の入力係(娘)は住所氏名金額をパソコンで入力する係です。
金額は20万円ごとに輪ゴムで縛ります。

親戚の人は、早めに来場されて、ロビーでいろんな話をしていました。

通夜の時間が通常は19:00が多く19:30と異例だった事と、新聞のお悔やみ欄で通夜の時間が、縦書きで7時で改行し半の文字だけが次の最上段に掲載されたことで、間違って早くおいでる方が多いだろうとは思っていたのですが、予想通り、最初の方は18:15頃においでになりました。

受付に、娘夫婦の関係者がおいでたら、会計に知らせるように頼み、娘夫婦の関係者の名簿を渡しました。

通夜開始時間30分前になると、親族の人は、会場で座って下さいと言われましたが、受付と会計ができないと困るので、受付担当のうち1人だけ、席に座りました。

通夜10分前に、会計を閉めて、受付の1人を残し会場の席に座りました。受付には通夜開始後10分間だけ残ってもらうように頼みました。
香典のお金は金庫に入れて鍵をしめて葬儀社の人に渡しました。現金の合計はメモしておきました。

通夜の挨拶は喪主がしました。
通夜の式典が終わり、通夜ふるまいになりました。生前親しくしていた親戚が集まって、あちこちで、いろんな会話がされていて盛り上がっていたようです。
お寿司やオードブルもとても美味しかったです。
最後まで受付に残っていた人(親戚)から、会計をしめた後に受け取った香典を渡されました。

通夜ぶるまいの途中で、メモした金額と、パソコン上の金額の総額が合うか確認しに行きました。
そこでハプニングが起きました。パソコン上の金額の合計より現金のほうが1万円少なかったのです。
香典袋に記入した金額と、入力した金額が間違っていないかと、香典袋の中の現金が残っていないかの確認をしました。
でも入力は間違っていなかったし、香典袋に現金は残っていませんでした。
可能性としては、香典袋に金額を記入する際に、金額を間違ったという事以外はありません。明らかに自分のミスです。まあ、現金のほうが多いのなら香典を出していただいた方の意思が正確に伝わらなかったという事で申し訳ないのですが、現金のほうが少ないなら、そういう事はないのでまあいいかなって思う事にしました(笑!)
今回の最大の失敗は、途中で、現金とパソコン上の金額とで違いが無いか確認しなかった事です。

喪主に報告したら、無かった事にしようということでした。まあ、娘には、通夜ふるまいから会計に行って、なかなか戻らなかったので、何かあった事に気づかれて正直には言ったんですけど・・・。モヤモヤ感を感じさせて可哀そうな事をしたかなと思います。

通夜ふるまいを終わって、会計後に渡された香典の会計処理をして、会計結果をプリントした紙と一緒に、自分が持ち帰りました。
通夜ぶるまいの残った料理は、葬儀社にタッパーをお願いし、会場の控室で泊まる喪主の分を残して、娘夫婦とで持ち帰りました。
金庫の鍵は喪主に渡しました。

控室で、最終的な打ち合わせをして、中陰の出席者の確認もできました。

遺影は、とても評判がよく、いい写真ですねと褒めてくださった人が複数人いたそうです。

喪主は1人で葬儀会場に泊まりました。

コメントする