ファイナンシャル・プランナーの資格試験に挑戦

ファイナンシャル・プランナーの国家資格に挑戦した記録です

AFPとCFP

ファイナンシャルプランナーの資格試験には国家資格のFP技能士1級、2級、3級と民間資格のAFP、CFPがあります。

AFPとFP技能士2級が同じレベルでCFPとFP技能士1級が同じレベルだそうです。

FP技能士1級、2級、3級は1度合格すると永久的な資格ですが、AFP、CFPは会費を支払って、講習の受講を続けなければ資格が無くなります。

FP技能士1級、2級、3級は日本国内だけで通用する資格だけど、AFP、CFPはアメリカなど海外でも通用する資格と日本FP協会は主張しているようです。

ちなみにFP技能士2級合格者は日本FP協会の講習を受ければAFPの資格も取得できるそうです。

実務で活かしたい人は、情報収集の意味からもAFPやCFPの資格が有効なのかもしれません。

まあ、FP技能士2級を名乗るよりAFPのほうが耳触りが良いですよね。名刺に入れるにも見栄えがします。2級というのは、あまりにもダサいです。


コメントする