石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

牡蠣小屋 侍 中央市場店

中央市場通りにある「牡蠣小屋 侍 中央市場店」に行きました。
「牡蠣小屋 侍 中央市場店」は年中牡蠣料理をやっているのですが、やっぱり旬の季節で無いと期待できないと思っていたのです。
もうそろそろ牡蠣の季節なので、ちゃんとした牡蠣料理を食べられるかなと思い、行ったみました。
店頭に焼きガキ定食1080円の紙が貼られていました。
店内に入ると、カウンターにガスコンロが置かれていました。
メニューを見ると牡蠣とフランク定食1280円、ジャンボ牡蠣フライ定食1000円、牡蠣フライ定食800円、アジフライ定食800円、牡蠣フライ&アジフライ定食800円などがありました。焼きガキ定食はサービスランチなのでお昼だけのメニューのようです。
単品としては焼きガキ3個891円、生ガキ1個594円、牡蠣の酒蒸し3個891円、カキフライ3個454円、ジャンボカキフライ3個891円がありました。
単品メニューは能登で食べるよりは値段は高めです。

カウンター席に座ると冷たい水が出されました。焼きガキ定食1080円を注文しました。

ガスコンロに3個の殻付き牡蠣が乗せられ、その上に金属の蓋がかぶせられました。鍋を逆さに置かれたような感じです。
軍手と、牡蠣を開くナイフとトングが出されました。1つづつお皿に乗せて食べてくださいと言われました。
焼いている途中で凄い爆発音が聞こえました。殻が飛ぶと鐘のような感じで響いて音が増幅されるのです。
カウンターには、味付け用にレモン汁、ポン酢、バターオイル、醤油、ウイスキー、タバスコなどが置かれていました。

焼きガキ定食には、焼きガキ3個の他に、牡蠣飯と海草のお吸い物と漬物が付いていました。
牡蠣飯は炊き込みご飯では無く、ご飯の上に濃い目に味付けられた牡蠣の煮物が乗せられていて、煮汁をかけられたものです。ウナギ丼のような感覚です。
焼きガキは美味しかったのですが、能登ガキのようなプリプリ感が感じられず、若干痩せているような感じがしました。

お店の人に中島の牡蠣ですかと聞くと、中島の牡蠣は12月中旬からで、今は東北の牡蠣ですと言われました。失敗しました。

支払いの時に100円硬貨と500円硬が無く税抜きか税込みか判らなかったので、千円札を2枚出したのですが、おつりが無いという事で、1000円で良いですと言われました。
財布の中に小銭もあるようだったので、改めておいくらですかと言うと、今回はこれで良いですと言われました。

地元のテレビ局の取材時に書かれたと思われるサイン入り色紙がたくさん掲げられていました。

kakisamurai1.jpg
kakisamurai2.jpg

牡蠣小屋 侍 中央市場店の場所はこちら  石川県金沢市西念4丁目2−6


家庭料理 福

今日は、家庭料理 福に行きました。
駐車3台分しかないので、なかなか入れなかったりするのですが、満車でも意外と空いていたりします。
店頭に日替わりランチのメニューが掲示してあるので安心して入れます。
A日替わりランチ950円で酢鶏、もやしナムル、春雨の酢の物、ニラ玉
B2種ランチ1200円 Aランチ+かます(焼き魚)
でした。
店内はこじんまりした感じです。店内に日替わりランチのメニューが掲示していないのは残念でした。
メニューを見ると、ラーメンなどの麺類や、丼物などもありました。
カウンター席に座ると冷たい水を出してくれました。A日替わりランチを注文しました。
ご飯は大・中・小を選べますと言われたので、中をお願いしました。
6分程度でA日替わりランチが出されました。
A日替わりランチには、酢鶏、キャベツのサラダ、もやしナムル、春雨の酢の物、ニラ玉、味噌汁、漬物、ご飯、柿が付いていました。品目が多いのはありがたいです。
どの料理も家庭的な料理ですが味付けが良く美味しかったです。キャベツの千切りが薄く切られていて豚カツ屋のキャベツのようで、とても美味しかったです。柿も美味しかったです。
健康に配慮した料理であることが感じられました。
家庭料理 福では、お米は「ひゃくまん穀」を使用しているのですが、意識して「ひゃくまん穀」の御飯を食べたのは初めてです。
聞いていたほど米の粒は大きく感じませんでしたし、柔らかく不味かったです。「ひゃくまん穀」のせいか炊き方のせいかは判りませんが、「ひゃくまん穀」の御飯はもう食べたくないなあ。久しぶりに不味いご飯を食べました。
食後にコーヒーが出るのですが、コーヒーは大丈夫ですかと聞かれました。コーヒーがダメな人もいるからだそうです。
コーヒーは少し飲んでからの画像です(笑!)。

家庭料理 福は客応対が良く、感じの良いお店でした。

fuku1.jpg
fuku2.jpg

家庭料理 福の場所はこちら  石川県金沢市駅西本町5-6-18


辻屋商店食堂

2019年10月23日

どうしても豚角煮定食930円を食べたくて辻屋商店食堂に再訪しました。

今日の日替わりランチはチキンカツとハンバーグから選べました。
ハンバーグは売り切れでした。
チキンカツは人気が無いです。

今日は、予定通り豚角煮定食を注文しました。

豚角煮定食には豚角煮とこんにゃくの田楽、漬物、ご飯が付いていました。
今日はご飯大盛でお願いしました。

こんにゃくの田楽は味付けが良く美味しかったです。
豚角煮は味が濃い目でしたが好みの味付けで美味しかったです。
一部、肉が乾いて硬くなっている箇所があったのは残念でした。焦がしたのかもしれません。

キャッシュレス5%還元の掲示があちこちにあったので、支払いの時に、クレジッチカードだと5%引きですかと聞くと、そうですと言われたので、クレジットカードで清算しました。
明らかに清算に時間がかかり店員さんの手間が増えていたので、お店側の手間がかかりますねと言うと、レジが集中してる場合は大変ですと言っていました。

スーパーでも5%還元のためにクレジットカードを利用している人がいたりすると清算に時間がかかり、列の後ろの人が結構待たされたりするんですよね。

普段、実店舗でカードを使う事が、ほとんどないのですが、パスワードを入力してくださいと言われた時には焦りました。パスワード覚えていないと言うと、それならOKのボタンを押してくださいと言われ紙にサインして対応してもらいました。
改めてパスワードを調べると数字とアルファベットの組み合わせで8文字もあるのですが、あんな小さい端末で入力できるのかなあと疑問に思いました。

ちなみに食事中にレジしているお客を見ていたら皆さん現金払いしていました。

レシートを見ると、辻屋商店食堂では10円未満は切り捨てなのですが935円になっていました。
5%分は楽天カードの場合は楽天ポイントでの還元のようです。

tujiyasyouten2.jpg

2019年10月16日

今日は、中央市場の辻屋商店食堂に入りました。
最近、中央市場には昼食時に行列のできるお店が増えましたが、辻屋商店食堂もその中の一軒です。
金沢市伏見台にあった「辻屋商店」と関係あるのかどうかは不明です。
店頭に本日の日替わりランチのメニューが掲示されていました。ブリカツと鯖の竜田揚の2種類でした。

店内はカウンター席とテーブル席がありますが、かなり狭いです。
カウンター席だけが空いていたので座りました。メニューを見ると、かなりの種類の定食がありました。
焼肉定食1100円、刺身定食1650円、日替わりランチ930円、とんばら定食820円、とんてき定食1320円、豚角煮定食930円、ホルモン味噌焼き定食820円、サイコロステーキ定食1320円、チャーシュー定食1040円、アジフライ定食820円、鯖塩焼き定食820円、鮭塩焼き定食820円、真ホッケ焼き定食880円、さわらフライ定食820円、エビフライ定食1540円などがありました。
13:00を超えていたので、日替わりランチは品切れになっていました。
今日はホルモン味噌焼き定食820円を注文しました。ご飯の量は選べるようで、普通でお願いしました。
他のお客は、とんばら定食を注文している人が多かったようです。
お水は、給水機でセルフになっていました。
7分ほど待ってホルモン味噌焼き定食が出されました。
ホルモン味噌焼き定食には、ホルモン味噌焼きと漬物、おから、味噌汁、ごはんが付いていました。
ホルモン味噌焼きは味は濃いめでしたが美味しかったです。
豚角煮定食も食べてみたいなと思いました。

tujiyasyouten.jpg

辻屋商店食堂の場所はこちら    石川県金沢市西念4丁目7−1


かばやき屋

今日は、「かばやき屋」に入りました。
店頭にランチ900円(税抜)と掲示されていたので安心して入れました。
店内に入るとテーブル席もあったのですがカウンター席に座りました。
すぐにランチ(うなぎ丼)990円を注文しました。
冷たいお茶の入ったピッチャーと紙のお手拭きが出されました。
その他のメニューを見ると、うなぎ丼(梅)1430円、うなぎ丼(竹)1760円、うなぎ丼(松)2090円、うなぎ丼(特松)2640円、うな重(竹)3080円、うな重(松)3960円、うな重(特松)5280円などがありました。
ランチ(うなぎ丼)990円はご飯大盛無料と書かれていました。
壁にはテレビ金沢が取材に来た時のサイン入り色紙などが飾られていました。

3分ほどしてランチ(うなぎ丼)が出されました。
ランチ(うなぎ丼)には、うなぎ丼の他に、どじょうのかば焼き、うなぎの肝のお吸い物、野菜の煮物の小鉢、漬物が付いていました。
うなぎが高いと言われて久しいこのご時世なのに、990円で、この内容は驚きです。

うなぎ丼は、味付けは、くどめ(濃くて塩っぱい)です。うなぎは、ふわっとした柔らかさは無く個人的には好みではありませんでした。
どじょうのかば焼きは、痩せていて、特別に塩っぱくて、ちょっと食べるのが苦痛でした。
うなぎの肝のお吸い物は、他のものが塩っぱかったせいもあるのかもしれませんが、味がしませんでした。

味付けに関しては残念でした。

大和とか和倉温泉の加賀屋で、かばやき屋のうなぎを使っていると掲示されていましたが、?????? でした。

kabayakiya.jpg

かばやき屋の場所はこちら  石川県金沢市寺中町ホ61−10


中華そば 集

今日は「中華そば 集」に行きました。
無料情報サイトに掲載されていた画像にそそられたのです。
ちょうどお昼近くだったので混んでいるかなと思っていたのですが、それほどでも無かったです。
お店の前の駐車スペースは狭いのですが、ちょっと離れたところに2か所駐車場があるようです。
券売機で食券を購入します。
お目当ては、煮干し泡白湯ラーメンだったのですが、そのボタンがなかなか見つかりませんでした。
券売機のボタンの配置の仕方に工夫が必要だと思いました。
ラーメンは濃厚中華そば780円、淡麗だしそば780円、煮干し泡白湯800円、特性濃厚中華そば1000円、特性淡麗だしそば1000円、煮干しまぜそば680円などがありました。大盛は100円です。
今日は、煮干し泡白湯800円の食券を購入したのですが、無料情報サイトの割引券で大盛が無料になります。
どこでも、ご自由なところにどうぞと言われましたが、カウンター席に座りました。他にテーブル席もあります。
カウンターにはコップと冷たい水が入ったピッチャーが置かれていました。水はセルフです。
5分程度で煮干し泡白湯ラーメン大盛が出されました。
スープは白湯の味より煮干しの味が強いです。かなり塩っ気が多いスープです。
麺は真っすぐな細麺で、コシは強めです。チャーシューは薄いですが数枚乗せられていました。チャーシューも結構塩っ気が強いです。生ハムに近い感覚です。
他には、生の刻み玉ねぎと岩海苔とかいわれ大根が入っていました。
全体的には味が濃いめながらも美味しかったです。途中、水を何杯も飲みました。
カウンターに、胡椒、煮干し粉、一味、胡麻、酢が置かれていました。
途中で、胡麻や煮干し粉、一味を加えましたが、元々が濃いめの味なので、それほどの味の変化は感じませんでした。

syuu.jpg

中華そば 集の場所はこちら  石川県金沢市窪7−281


JOHNかりおすとろ

今日は、JOHNかりおすとろに入りました。
圧倒的に女性の多いお店です。
店内はテーブル席と奥のほうがカウンターになっています。
女性一人ではテーブル席に案内されますが、男性一人で入ると、奥のカウンターに案内されます。
すぐに冷たい水が出されました。
JOHNかりおすとろには、各種ドリア、パスタ、ハントン、オムライス、カレー、人気の牛タンシチューのハヤシライス1280円、ハッシュトカリオストロ980円などがあります。
平日には週替わりのランチ1080円があり、今日はパンプキンとベーコンとチーズのドリアになっていました。
今日はランチを注文しました。
ドリンクを選べるというのでアイスコーヒーを頼みました。いつ出しますかと聞かれたので一緒に出してもらうよう頼みました。
15分ほど待って野菜サラダが出されました。ちょっと待っていましたが、他の料理がすぐに出される雰囲気が無いので先に食べました。

john1.jpg

ドレッシングが少し甘めで、とても美味しかったです。よく口にする味なのですが、なんの味だか思い出せません。ずっと気になって思い出すよう考えていたのですが、バニラアイスクリームの味でした。バニラアイスクリームの味のドレッシングって初めての経験でした。
さらに10分ちょっとたって、パンプキンとベーコンとチーズのドリアが出されました。ご飯はオムライスの味がしっかりと付いていて、のせられているグラタンも味付けが良く、今まで食べたドリアの中でもトップクラスの美味しさでした。

john2.jpg

アイスコーヒーを持ってきたときにシロップとミルクはいりますかと聞かれたのでお願いしました。アイスコーヒーも美味しかったです。

john3.jpg

最後にキウイとパインのミニパフエが出されました。
食後にちょうど良い量のパフエで、とても美味しかったです。

john4.jpg

これで1080円は大満足でした。

水を飲み干していたわけでも無かったのですが、何度も追加で注いでくれました。
となりの食堂も同じ経営者のような感じです。ランチ880円って看板が出ていたので、ちょっと興味があります。

JOHNかりおすとろの場所はこちら   石川県野々市市横宮町8−11 グランディール


横浜家系ラーメン 大吟豚

今日は、横浜家系ラーメン 大吟豚に行きました。無料情報誌に紹介されていて、ちょっと興味を惹かれたのです。味玉子無料券が付いていたので、切り抜いて持っていきました。
店内に入ると、1人だったのでカウンター席にどうぞと言われました。
メニューを見ると、ラーメン680円からありました。
今日は、無料情報誌に掲載されていた吟二郎850円(味玉付きは通常950円だけど味玉子無料券を出したので850円)を注文しました。
ランチタイムは御飯が無料と聞きましたが、吟二郎の量が判らなかったので、とりあえずはいりませんと答えました。
ニンニクは大丈夫ですかと聞かれたので、入れないで下さいと答えました。
メニューを見ると、吟二郎は麺大盛は無料、野菜大盛も無料、アブラ増しも無料、味濃いめも無料、ニンニク増しも無料、玉ねぎ入れ放題も無料と書かれていました。
ちなみに、麺の固さ、スープの濃さ、アブラの量も指定できます。
カウンターにはニンニク、豆板醤、刻み生姜、胡椒、ゴマ、一味、ラー油などの調味料も置かれていました。
7分ほど待って吟二郎が出されました。
思ったほど、量が大きくなかったので、ご飯も付けてもらうように頼みました。
最初に、調味料を入れないで、そのまま食べてみました。
麺は極太で美味しいです。スープは最初少し臭みを感じましたが、味はあまりしませんでした。自分で調味料を入れて好みの味に仕上げてくださいという事なんだと思います。
豆板醤を入れると美味しくなりました。ゴマもかけました。
吟二郎には、トロトロの分厚いチャーシューが2個(2枚というより2個です)、たくさんの背アブラ、ネギ、もやしが付いていました。それに無料券の味玉子です。
強力なこってりです。今週金曜まで、医師から脂っこいものは禁止されていたのですが、言いつけを破ってしまいました。
途中、刻み生姜と一緒にスープを飲みましたが、さすがに、スープは飲み干せませんでした。

daiginton.jpg

横浜家系ラーメン 大吟豚の場所はこちら  石川県金沢市八日市2−40−1  


おむすび美人

今日は、おむすび美人に入りました。
カルシウムとイオウが結びついた農業用石膏(せっこう)を主体に造られたカルシウム肥料を使って育てたカルゲン米のおいしさを知ってほしいと作ったお店だそうです・。
営業時間は7:00~15:00でお米なども販売しています。
ちょっとなじみにくいスタイルで営業していて、おにぎりの販売と、お米などの販売と、食堂の注文の場所が一緒になっています。
おにぎりの販売は、自分で紙に記入する方式になっていて、食堂の注文も紙に書かないといけないのかなと迷ってしまいました。
食堂の注文は口頭での注文で良いようです。
食堂でのメニューとしては、おむすび単品と、日替り定食700円、おむすびセット650円、焼魚定食(650円~700円)、からあげ定食650円、卵かけご飯600円などがありました。
ちなみに、今日のおむすびセットは梅とツナマヨで、日替り定食はキーマカレーでした。
今日は、おむすびセット650円を注文しました。お米は白米と玄米を選べるということなので、玄米を頼みました。支払いは前払いで、番号札が渡されました。番号を呼ばれたら取りに行きます。
水とお茶はセルフになっています。
食事を終えると、食器を返却口に持っていくシステムになっています。

5分ほどして、番号を呼ばれました。
おむすびセットは、梅のおむすびと、ツナマヨのおむすびと、うどんと、切り干し大根と、玉ねぎと豚肉と野菜の炒め物でした。
うどんと、切り干し大根と、玉ねぎと豚肉と野菜の炒め物は、平凡なものでしたが、おむすびは格別に美味しかったです。味も食感も文句なしでした。
たかが、「おむすび」ですが、されど「おむすび」なんですね。
ちょっと感動しました。

omusubi.jpg

おむすび美人の場所はこちら   石川県金沢市八日市出町922


海鮮御飯処 陣笠

前から気になっていたのですが、海鮮御飯処 陣笠に行きました。
13:00頃だったのですが、駐車場はほぼ満車状態でした。
店内入ると、待っている人がいて、名前と人数を記入して、順番を待つ仕組みになっていました。
それほど待つことなく、席に案内されました。

海鮮御飯処 陣笠にはカンター席や小さいテーブルは無いようで、1人なのに6人掛けのテーブル席に案内されました。まだ待っている人がいたので、ちょっと申し訳なく思いました。

すぐに熱いお茶が出されました。
ランチメニューとしては陣笠刺身ランチ1080円、すしランチ1080円、すしざるそばランチ1188円、ほっけ焼き定食1069円、ねぎとろ丼みそ汁ランチ994円、天丼みそ汁ランチ961円、まぐろと大和いもの山かけ丼ランチ994円などがありました。
飲み物は162円になっていました。
今日は、陣笠刺身ランチ1080円を注文しました。
テーブルには、取り分けのためかお皿が置いてあったのですが、ちゃんと木製の蓋をかぶせてあったのが印象的でした。
jingasa1.jpg
10分ほど待って、陣笠ランチ定食1080円が出されました。
陣笠刺身定食には、刺身盛り合わせ、天ぷら盛り合わせ、茶わん蒸し、味噌汁、ご飯、漬物が付いていました。
刺身盛り合わせは、大量の氷の上に、5種類の刺身が乗せられ、海草や野菜のつまも6種類あって、いろんな味を楽しめました。魚の新鮮さも感じられました。
天ぷらもサクサク感があり美味しかったです。
味噌汁の味は濃い目なのは気になりましたが、ご飯の量もじゅうぶんでした。

帰るのは13:40を超えていましたが、相変わらず駐車場はほぼ満車状態で、新たに来店するお客も次から次へとって感じでした。

海鮮御飯処 陣笠はお薦めです。

jingasa2.jpg

海鮮御飯処 陣笠の場所はこちら   石川県野々市市本町6丁目14−51


天ぷら七福(しちふく)

以前から気になっていた「天ぷら七福」に入ってきました。
最初に発券機で食券を購入します。大きなメニューが掲示してあるので、初めてでも分かりやすいです。
天ぷら定食(御飯小680円、中740円、大820円、特大900円)、えび定食(御飯小980円、中1040円、大1120円、特大1200円)、お好み定食(御飯小880円、中940円、大1020円、特大1100円)、ホタルイカ定食(御飯小1280円、中1340円、大1420円、特大1500円)、野菜定食(御飯小660円、中720円、大800円、特大880円)、穴子定食(御飯小1180円、中1240円、大1320円、特大1400円)などがあります。いずれも天ぷらです。
今日は天ぷら定食(御飯中740円)を注文しました。

お茶や水はセルフになっています。煎茶・ほうじ茶がホットとアイスが選べます。
店内はカウンター席とテーブル席がありますが、カウンター・テーブルともに狭いです。ちょっと窮屈です。長居は困りますという事ではないかと思います。
芝漬とイカの塩辛の桶が出され、食べ放題になっていました。
イカが獲れなくてイカの塩辛が高いのにありがたいです。(同じようなことを、唐揚げの「からやま」でも書いたなあ)
sitihuku1.jpg

6分ほどたって、ご飯や味噌汁か出されました。御飯は中でも量は控えめです。
天ぷらには天つゆもついていますが、カレー塩や抹茶塩や岩塩も用意されています。
sitihuku2.jpg
sitihuku6.jpg

最初にキスとエビが出されました。
sitihuku3.jpg

次に、ナスとミニとうもろこしとカボチャが出されました。
sitihuku4.jpg

最後にシロエビのかき揚げが出されました。
sitihuku5.jpg

どれも熱々でサクサクしていて美味しかったです。
天ぷらの具の種類が少なく、専門店を目指している感じは無いです。きっとチェーン店化を狙っているのだと思います。

パンフレットを持って帰ったのですが、かき揚げの食べ方の説明があり、ご飯にかき揚げをのせて、天つゆをかけて、出来上がりという事でした。やりたかったなあ。

天ぷら七福の場所はこちら   石川県金沢市八日市3丁目563