石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

玄命庵

今日は、玄命庵に行きました。
店頭に大きなメニューが掲示されていて、一応注文するものを決めて入りました。
店内に入ると1人だと言うとカウンター席に案内されました。
メニューを見ると店頭のメニューとは違う「玄米御膳」1000円と「はなか箱膳」1650円の2種類しかありませんでした。
帰りに改めてみたのですが、店頭に掲示されていたのはテークアウトのメニューだったのでした。
今日は「玄米御膳」を注文しました。
玄米御膳は玄米ごはん(お替りできます)、日替りの煮物、日替りのおばんさい3種、日替り小鉢3種、味噌汁(お替りできます)、お漬物、ぷちデザートが付くようです。
冷たいお茶と、紙のお手拭きが出されました。
4分ほどで「玄米御膳」が出されました。
ひじき、そうめん瓜、ずいき酢物、出汁巻玉子、甘く似た豆、ごまの香ばしさがある野菜サラダなどが付いていました。デザートはおはぎでした。
ご飯は少なめだったのでお替りしました。フロアーに店員の人がなかなか出てこなくて、ちょっと不便でした。呼びブザーが置いてあるといいなあって感じました。
どの料理も味付けが良くて、心がこもった感がいっぱいで、とても美味しかったです。デザートも美味しかったです。
いろんな味が楽しめて、大満足でした。
玄命庵はお薦めです。

genmeiwan.jpg

玄命庵の場所はこちら  石川県加賀市片山津町6−5

そば処 小木曽製粉所

最近開店して、いつも駐車場が満車で気になっていたのですが、今日、「そば処 小木曽製粉所」に入ってきました。
今日も駐車場が満車で、入れないかなあと思ったのですが、奥の方にも駐車場があって、ちょうど帰る自動車があって、なんとか入れました。その後も続々と帰る自動車があって、随分出入りが多いようです。
店内に入ると、行列が凄くてびっくりしました。
最初に、説明のパネルが掲げられていました。
最初にトレーや箸をもって、希望の商品の食券をトレーに乗せます。天ぷら類などのトッピングをとって、刻みネギやワサビなどをトレーに乗せます。注文したものをもらい、麺つゆをとって、勘定を済ませます。最後にお茶や水や蕎麦湯を自分でとって、空いている席に行って食べます。食べた後は、自分で返却口に戻します。
丸亀製麺にそっくりなシステムです。
食べるのに時間がかからないので、客の回転はめちゃくちゃ速くて、あれだけ混んでいるのに、満席になってはいなく、席に随分余裕がありました。
メニューとしては、ざる550円、中ざる550円、大ざる550円、ざる特盛770円、かけそば550円、肉つけそば並盛770円、肉つけそば中盛847円、肉つけそば大盛935円、ねばとろぶっかけそば858円、海老たぬきぶっかけそば748円などがありました。
「そば処 小木曽製粉所」の目玉は、ざるの並・中・大盛が同じ値段で550円ということです。ほぼ全員がざるを注文しています。
メニューには丼物や丼とざるのセットもあるのですが、オープン当初は混雑しているので昼食時はやっていないようです。

新聞のちらしに、ミニ山賊焼きのサービス券が付いていたのを持っていたので、ミニ山賊焼きと大ざる550円を注文しました。蕎麦湯も持ってきました。
山賊焼きとは長野県松本名物の鶏唐揚げです。鶏もも肉の唐揚げの大きいのを山賊焼きというようです。ちなみにミニ山賊焼きは121円です。「そば処 小木曽製粉所」の山賊焼きは衣がサクサクで味も良くて、美味しかったです。

「そば処 小木曽製粉所」のざるは海苔は付いていません。麺は細くてコシが強くて(というより硬い)、喉越し時に、とろろ芋のイガっぽい感触がありました。うどん屋の蕎麦とは明らかに別物の、ちゃんとした蕎麦です。美味しかったです。
大盛の量はボリュームが凄くて、やっと完食という感じでした。

osogi.jpg

そば処 小木曽製粉所 金沢新神田店の場所はこちら 石川県金沢市新神田1-10-85

和の食座 やま乃

2020年8月5日

のと里山海道の柳田ICで30分以内で昼食をとる必要があったので、久しぶりに「和の食座 やま乃」に入りました。
日替わりランチ600円の貼り紙がありました。11年ぶりで消費税も上がっているのに値段据え置きというのが凄いです。
お店に入ったすぐのところにメニューが書かれたホワイトボードがありました。
本日のランチは豚肉塩マリネと小鉢600円、おすすめ岩ガキ定食1700円、ソースカツ丼650円、豚バラ丼650円と書かれていました。
熱いタオルのおしぼりと冷たい水が出されました。ランチを注文しました。
ほぼ待たないで、すぐにランチが出されました。
ランチには、豚肉塩マリネとソーセージとゆで卵、モヤシやマカロニのゆでたもの、野菜と鶏団子のゆでたもの、味噌汁、ご飯、漬物、スイカが付いていました。ご飯はお替りができるそうです。
どの料理も、手間がかかっているのは感じたのですが、ご飯と味噌汁以外は冷たくて、どの料理も酸っぱい味付でした。
酢の物が酸っぱいのは好きなのですが、その他の料理が酸っぱいのは個人的に苦手なので、苦痛でした。
ボリュームいっぱいでお腹がふくれました。

yamano2.jpg

2009年8月26日

今日は茅葺き屋根のめしやさん「和の食座 やま乃」に入りました。日替わりランチ600円の貼り紙があったので,いつか入ってみようと思っていたのです。実はお店の名前が判らなくて,この記事を書くのに苦労しました。大きく「めしやさん」って掲示されてたので「めしやさん」がお店の名前かと思っていたのですが,どうもそうでは無いようです。建物の看板には「也末乃」って書いてあるので「也末乃」というのがお店の名前かと思っていましたが検索してもひっかかりません。
住所で検索してやっと「やま乃」というのがお店の名前だと判りました。店名が読めないようなロゴを使用しているお店は嫌いです。

「やま乃」に入ると,日替わりランチのメニューが書かれていました。今日の日替わりランチはエビフライとお奨め煮物だそうです。その他に海鮮丼1500円というのもありました。道路に面したカウンター席とテーブル席と座敷のテーブル席がありました。今日は空いていたのでテーブル席に座りました。
冷たい水と,タオルのおしぼりを持ってきてくれました。今日は日替わりランチを注文しました。ライスのお替りは何杯でも可能なようです。
少し待つと日替わりランチが運ばれてきました。
3本のエビフライと野菜サラダ,ご飯,味噌汁,漬物,バナナ,切干大根・フキ・牛肉の煮物が入っていました。どの料理も味付けが良い料理で美味しかったです。

和の食座やま乃の日替わりランチ

和の食座やま乃の場所はこちら  石川県羽咋市柴垣町 1ー8ー1

あぶり亭

今日は「あぶり亭」に行きました。
ちょっと、ついでに通るような場所で無いのに、こんな大きな居酒屋があったのは意外な感じです。
店内は、カウンターは少なくて、小上がりや小さなテーブル席が結構多いお店です。
1人だと言うと、奥の座敷が空いてますよと言われ、奥の小上がりの席につきました。
しばらく待つと、冷たい水と紙のお手拭きとメニューが出されました。

ランチメニューとしては、本日のえらべるランチ3種1100円、日替わりお魚ごはんセット(カキフライ980円、アジフライ800円)、メインで選んでご飯セット(とり唐2種類選べる820円、肩ロース生姜焼き850円、洋風ハンバーグ850円、和風ハンバーグ850円、牛すじとじ900円、カツとじ880円、かつ丼880円、牛すき丼880円)などがありました。
本日の選べるランチは、A豚ホルモン辛子炒め、B豚はさみフライ、Cヒレカツでした。それにとり唐、チキン南蛮、アスパラ巻串フライのいずれかを組み合わせて他に小鉢3品が付きます。
本当はA豚ホルモン辛子炒めを食べたかったのですが、品切れという事でした。
揚げ物を食べる気がしなかったので、牛すじとじのご飯セット900円を注文しました。
15分程度待って、牛すじとじのご飯セットが出されました。
牛すじとじのご飯セットには、牛すじとじ、野菜サラダ、パスタサラダ、豆腐の味噌汁、漬物、ご飯が付いていました。
テーブルにはふりかけが置いてありました。
ご飯は少なめでしたが、お替りが出来るということでした。
牛すじとじは、牛すじがたくさん入っていてボリュームが結構ありました。玉子もちょうど良い半生でした。
味は、感動するほどでは無かったのですが、普通にどれも美味しかったです。
食事が終わりそうになった時に、食後にコーヒーが付きますが、アイス、ホットのどちらにしますかと聞かれたので、アイスコーヒーを頼みました。
アイスコーヒーもボリュームがありました。
お腹いっぱいになりました。
これで900円は安いと思いました。

aburi1.jpg
aburi2.jpg

あぶり亭の場所はこちら  石川県金沢市神野1丁目32

山勝角ふじ

2020年7月22日

今日も、山勝角ふじに入りました。やっぱり角ふじ麺も食べてみたかったのです。
新聞に山勝角ふじ8周年記念のクーポンが掲載されていたのを切り抜いていたのを持って行ったのです。
山勝角ふじは食券機を購入するシステムになっているので、クーポンを使うにはどうすればよいのか聞くと、新聞のボタンもありますという事でした。
8周年記念のクーポンは角ふじ麺(850円)、つけ麺(850円)、中華そば(780円)が650円になるもので7月末まで有効です。
なんになさいますかと聞かれたので、角ふじ麺を頼みました。
スープの濃さ、野菜の量、麺の硬さ、タマネギの量などが選べます。全部普通で頼みました。
クーポン券は7月末まで使えるという事で返してくれました。

角ふじ麺はラーメンの上に大量のもやしが乗せられ、その上に玉ねぎ、その上に味噌が乗せられていました。チャーシューも1枚入っていました。
説明書によると、最初にもやしにコショー、一味、ラーメンダレで味付けして食べるということでしたが、何もつけなくても味噌やスープだけでも十分美味しかったです。
麺は太麺でコシが強く、個人的には大好きな麺です。
スープは濃いめで、麺やもやしと一緒に食べる分には、美味しかったのですが、スープ単体で飲むには濃すぎて飲み干せませんでした。
二郎系のラーメンにはつきものの肉のかたまりは入っていませんでした。ちょっとがっかりしました。
今回はクーポン券で650円でしたが、850円だとちょっと高いかなあと思いました。

kakuhuji3.jpg

2020年6月17日

今日も、山勝角ふじに入りました。
期間限定の「辛モツ角ふじ麺」が食べたかったのです。発券機で食券を購入してから気がつきました。「辛モツ角ふじ麺」は無くなっていて、「角ふじ流台湾ラーメン」に変わっていました。950円でした。
取り消しを頼むのもはばかられて、そのまま食べる事にしました。発券機は、どうも苦手です。

「辛モツ角ふじ麺」は激盛ではなく普通の大きさのラーメンです。
スープの味は、辛めですが、かなり濃い目です。野菜の中心はもやしですが、もやしや麺を食べる時には、ちょうど良いスープですが、残ったスープを飲むには、かなり塩っぱいです。健康にも悪そうだし、全部は飲めませんでした。
麺はコシが強い太麺です。台湾ラーメンで太麺というのは、あまり経験したことが無いですが、意外と台湾ラーメンに合っていました。
とても美味しいと思いましたが950円は高いと感じました。
普通の角ふじ麺にしたほうが良かったな。

kakuhuji2.jpg

2020年6月10日

今日は、山勝角ふじに入りました。
山勝角ふじのところの駐車場は、道路から見ると、いつもガラガラなので人気無いのかなと思っていたのですが、道路から見えるところは1台だけ山勝角ふじの駐車場で、残りはお店の裏側にあったのでした。きっと同じように感じる人もいるので、ちょっと損してると思います。駐車場がガラガラのラーメン屋には誰も入りたくないですものね。
山勝角ふじは、つけ麺と激盛の角ふじ麺のお店です。
最初に、自動発券機で券を購入するのですが、大きなメニューの掲示も無かったので戸惑いました。
今日は、最初からつけ麺を食べるつもりだったのですが、つけ麺にもタレの種類が6種類もあるので、どれにしようか迷っていたら、、迷ってたらお客が入ってきたので焦りました。発券機は1台だけなので迷っている余裕はありません。
一番左にあった醤油つけ麺850円を購入しました。
ちなみに激盛の角ふじ麺も味が5種類あります。その他に通常の中華そばなどもあります。量によって中盛、大盛、特盛、特特盛、バカ盛、漢盛などがあります。激盛の角ふじ麺も850円からです。
値段は、ちょっと高めです。
1人だったので、カウンターにどうぞと言われました。他のお客から一番離れた一番奥に座りました。カウンターにはコップとピッチャーが置かれていました。箸もレンゲもセルフです。
カウンターに食べ方の説明があって、つけ麺は食後にスープを入れてもらって飲むのが良いとの事でした。
待っている間に、お店の人が大量のタマネギを切っていました。眼鏡もしていなくても平気で切っていましたが、カウンターにいても、目がショボショボしました。
10分ほどして醤油つけ麺が出されました。タレが熱いので注意してくださいと言われました。
醤油つけ麺は、極太でコシのある麺で、あまり味についていないチャーシューと海苔とはべんが入っていました。
醤油ダレは熱々でタマネギや天かすが入っていました。

少し甘めで、とても美味しかったです。麺が冷たいので、途中でタレがぬるくなってきました。個人的にはタレは熱いほうが美味しいので麺も熱いままのほうが良かったかなあと感じました。
食べ終わってから、スープを頼みました。ユズとタマネギを入れますかと聞かれたので、お願いしました。スープを入れてもらって飲んだのですが、それでも、かなり濃かったです。もうちょっと薄めてもらえば良かったかなあ?

かなり気に入ったので、激盛の角ふじ麺も食べてみようかな

kakuhuji.jpg

石川県金沢市北町丁31  山勝角ふじの場所はこちら

台湾料理 昇龍 御経塚店

今日は、台湾料理 昇龍 御経塚店に行きました。
ランチメニューはメイン料理43種類のランチセットが全て880円です。
ランチタイム限定で19種類の麺類と16種類の飯もののセットが880円(990円もあり)もあります。
いずれも、ドリンクバーが付きます。
今日は、豚肉の胡椒炒めのランチセットを注文しました。
ドリンクバーのコップと紙のお手拭きが出されました。
4分程度で、豚肉の胡椒炒めのランチセットが出されました。
豚肉の胡椒炒めのランチセットには、豚肉の胡椒炒めと春巻きと大根がメインのサラダとご飯と漬物、卵のスープと杏仁豆腐とドリンクバーが付いていました。
豚肉の胡椒炒めは豚肉と較べタマネギの量が多かったのが気になりましたが美味しかったです。
春巻きは半分の量でしたが美味しかったです。
大根がメインのサラダはドレッシングの味が濃すぎだったのが気になりました。
スープは味がほとんどしなかったので調味料を入れました。
杏仁豆腐が付いていたのは嬉しいし、ドリンクバーが付いているのもうれしかったです。ご飯はお替り無料だそうです。
もし、スープがコーンスープで、漬物がザーサイだったら、サラダ無しでも880円で大満足だったと思います。

ちょっと気になったのは、ランチメニューに税別の表示が無かったのに実際は消費税が別途必要だったことです。入口に大きく当店は消費税別ですとの掲示があったのですが、意外と見ないものです。

テーブルに大感謝祭(2020年1月27日から7月末)で平日15%引き土日祝日10%引きのチラシも置いてあったのですが税別と書かれているのにランチセット760円と書かれていました。値段のところに訂正シールが貼られていて、原本は680円と記載されていたようです。
最初は15%引きで税抜き680円だったのを途中で税抜き760円に変更したのかなと思っていました。
食事を終えて、レジに行くと、レシートは880円になっていました。
大感謝祭っていったいなんなんだろうと思っていたのですが、760円だと言われました。
相当紛らわしいです。日本の人で無いので、メニューの言葉も良く分かっていないんだと思います。
想像するに、当初は税別で680円と記載されていたけど、お客の勘違いが多く、税込みの価格として760円に訂正したのだと思います。それにしても計算が合いません(笑!)
メニューに税別だと明記しておけば、すっきりするのにねえ。

それは別にして、43種類のメイン料理を選べて定額で、杏仁豆腐が付いていて、ドリンクバー付きというのは魅力です。

taiwansyouryuu.jpg

台湾料理 昇龍 御経塚店の場所はこちら  石川県野々市市御経塚3丁目512

おむすび美人

2020年7月12日

今日は、おむすび美人で、お持ち帰りで「おむすび」を購入しました。
最初に、注文書に希望の「おむすび」に数量を記入して先に支払いを済ますシステムです。
いろんな種類を8個購入しました。
当然、注文を聞いてから作るので、少し待たないといけないけど、思ったより早くできました。
4個づつタッパに入れられました。
家に帰っても、かなり暖かかったです。
ただ、おむすび美人の「おむすび」は、それほど強く握られていないのと、となりの「おむすび」とくっついてしまうので、取り出す時に微妙に崩れて壊れてしまいます。
それと、どの「おむすび」が、どの種類なのか、微妙に判断がつきにくいのがあったのが残念です。
注文書を同封して順番に入れるとか、隣の「おむすび」とくっつかないようにパッケージを工夫するとか必要だと思います。
それでも、1つ1つのお米が離れている食感が絶妙で、とても美味しかったです。

omusubi2.jpg

2019年9月4日

今日は、おむすび美人に入りました。
カルシウムとイオウが結びついた農業用石膏(せっこう)を主体に造られたカルシウム肥料を使って育てたカルゲン米のおいしさを知ってほしいと作ったお店だそうです・。
営業時間は7:00~15:00でお米なども販売しています。
ちょっとなじみにくいスタイルで営業していて、おにぎりの販売と、お米などの販売と、食堂の注文の場所が一緒になっています。
おにぎりの販売は、自分で紙に記入する方式になっていて、食堂の注文も紙に書かないといけないのかなと迷ってしまいました。
食堂の注文は口頭での注文で良いようです。
食堂でのメニューとしては、おむすび単品と、日替り定食700円、おむすびセット650円、焼魚定食(650円~700円)、からあげ定食650円、卵かけご飯600円などがありました。
ちなみに、今日のおむすびセットは梅とツナマヨで、日替り定食はキーマカレーでした。
今日は、おむすびセット650円を注文しました。お米は白米と玄米を選べるということなので、玄米を頼みました。支払いは前払いで、番号札が渡されました。番号を呼ばれたら取りに行きます。
水とお茶はセルフになっています。
食事を終えると、食器を返却口に持っていくシステムになっています。

5分ほどして、番号を呼ばれました。
おむすびセットは、梅のおむすびと、ツナマヨのおむすびと、うどんと、切り干し大根と、玉ねぎと豚肉と野菜の炒め物でした。
うどんと、切り干し大根と、玉ねぎと豚肉と野菜の炒め物は、平凡なものでしたが、おむすびは格別に美味しかったです。味も食感も文句なしでした。
たかが、「おむすび」ですが、されど「おむすび」なんですね。
ちょっと感動しました。

omusubi.jpg

おむすび美人の場所はこちら   石川県金沢市八日市出町922

元祖からあげ本舗マルフク 押野店

最近、から揚げの専門店が増えてきました。
元祖からあげ本舗マルフク 押野店はお持ち帰りのみの営業です。
大きく金賞受賞の旗が掲げられています。
ネットで見ると、第10回からあげグランプリ東日本しょうゆタレ部門での受賞なので日本一という事ではありません。
注文を聞いてから揚げるので、冷えた唐揚げを食べる心配はいりません。

醤油からあげ2個280円、旨塩からあげ2個280円、旨タレからあげ2個300円です。
今日は醤油からあげと旨タレからあげを購入しました。
揚がるまで少し待たないといけないです。おのおのの種類を別のタッパに入れてくれました。1個のボリュームはかなりあります。
醤油からあげの衣は、からっとした食感で、上げ具合もちょうどよく、味も良く、美味しかったです。
旨タレからあげは、タレの味が濃すぎて、ちょっと勘弁してほしいという代物でした。もう食べたくないです。

元祖からあげ本舗マルフク 押野店にはからあげ単品だけではなく、お弁当もあります。

maruhuku.jpg

元祖からあげ本舗マルフク 押野店の場所はこちら  石川県野々市市押野6丁目1

唐変木

2020年7月11日

今日は久しぶりに「唐変木」へ行ってきました。今日は知人と一緒でした。
前回から5年たっているのですが、随分、値上げしていました。

ざるそばは特上1万石950円,特上山盛り1400円,馬方1万石1000円,馬方山盛り1650円,
おろしそばは特上1万石950円,,特上山盛り1400円,馬方1万石1000円,馬方山盛り1450円などです。
特に、おろしそばの値上げが顕著です。
現在は細麺の特上そばも、そば粉100%になっていました。馬方は極粗挽き極太麺です。

「唐変木」に来たら、馬方(極粗挽き極太麺)のおろしそばを食べないとという事で注文しました。
でも600円が1000円に値上げというのは残念です。おろしそばで1000円は高すぎだと思います。
知人は特上(細麺)のおろしそばを注文しました。
大根おろしは辛いのを頼みました。

8分ほど待って、おろしそばが出されました。
個人的には粗挽きの極太麺の蕎麦は好きなので、美味しくいただきました。ただ、大根おろしは、あまり辛くなかったです。
知人は、あまり好みでは無かったようで、ボロカスに言っていました。つるつるでなくて、ぼそぼそした蕎麦が嫌いだし、出汁も薄いと言うのです。
10割蕎麦は、ぼそぼそ(噛むとすぐに切れる)しているし、粗挽きだからツルツルしてるはずもなく、おろしそばは出汁が薄いものだと説明するのですが、納得しないのです。
蕎麦湯が出されないので、出ないのかなと思い、待ちきれずに頼もうとした時に、やっと出されました。
出汁を加えた蕎麦湯は本当に美味しいです。

touhenboku3.jpg
touhenboku4.jpg
2014年11月11日

今日は久し振りに唐変木に行きました。メニューを見ると値段は変わっていませんでした。蕎麦の麺の種類は、特上(普通の細い蕎麦)と,馬方(割り箸ほど太い田舎そば)と、手挽き(高速回転超粗粉使用)の3種類に増えていましたが、種類が減っていました。
。手挽き超粗粉(九割5分)ざるそば1050円、ざる(特上・馬方十割)1万石900円,ざる山盛り(特上・馬方十割)1300円,つゆとろ(特上・馬方十割)1万石1100円、つゆとろ(特上・馬方十割)山盛り1500円、重ねそば(特上・馬方十割)ざる1300円、重ねそば(特上・馬方十割)つゆとろ1500円、おろしそば(特上・馬方十割)1万石600円

今日はおろしそば特上とおろしそば馬方を頼みました。思ったほど待たされること無くおろしそば特上とおろしそば馬方が出されました。
おろしそば特上とおろしそば馬方の他に青菜の小皿が付いてきました。
両方較べると、好みの問題だとは思いますが馬方(割り箸ほど太い田舎そば)のほうが断然美味しかったです。大根おろしは辛くて良かったのですが、汁は薄めに感じましたし、鰹節が以前ほど粗めでは無くなっていました。
美味しかったのですが、全体的に少し物足りなさを感じました。
食事が終わりそうなタイミングにそば湯が出されました。出るのか出ないのか、ヤキモキしたのですが、もうちょっと早めに持ってきて欲しかったです。

唐変木のおろしそば

2010年4月8日

今日は旧鳥越村のそば屋さん「唐変木」へ行ってきました。唐変木といえば,鳥越村のそば作りの元祖的な存在で,地元でも唐変木の蕎麦を食べたら,他の蕎麦は食べられないと言われているくらい凄い存在なのだそうです。
唐変木はそば屋さんとは思えない造りのお店は,油断すると通り過ぎてしまうような存在感の無いお店です。
唐変木の店内に入ろうとすると下足棚があって,靴を脱いで入るようになっています。店内に入るとスリッパがあって履き替えます。唐変木の店内にはテーブルがいくつか置かれています。
平日ということもあって空いていいて一番大きなテーブルに座りました。
すぐにそば茶と,紙のお手拭を持ってきてくれました。テーブルには竹の容器に入った一味と七味と塩が置かれていました。
唐変木の蕎麦には,つなぎ5%以内を使った細麺の特上そばと,そば粉100%の極粗挽き極太麺の馬方そばの2種類になります。つゆは醤油味と塩味から選べます。
ざるそばは特上1万石900円,特上山盛り1300円,特上2万石1700円,特上3万石2500円,馬方1万石900円,馬方山盛り1350円,馬方2万石1800円,馬方3万石2700円。
おろしそばは特上1万石600円,特上2万石1150円,特上3万石1700円,馬方1万石600円,馬方2万石1200円,馬方3万石1800円。
つゆとろざるは特上1万石1100円,特上山盛り1500円,馬方1万石1100円,馬方山盛り1550円。
木挽きそば(自家製手引き超粗粉100%使用)の もり1100円,つけおろし1100円,つゆとろ1300円。
温かい蕎麦としては,山芋ときのこが入った白山颪1200円,きのこそば700円,かけそば600円。
以上がメニューの内容です。

今日はおろしそば馬方2万石1200円を注文しました。2万石というのは2皿ということです。
おろしそば馬方2万石には超太の超粗のおろしそば2皿と菜の花の酢味噌がついていました。
その後,店主が辛い大根汁はいりますか?というのでお願いしました。大根汁が小さいカップに入れて出されました。最初は辛い大根汁を入れないで食べたのですが,ちょっと物足りなかったので,辛い大根汁を入れて食べました。すると効果抜群で本場の辛いおろしそばになりました。
太さといいそば粉の荒さといい辛い大根といい,粗めの鰹節といい文句なしの極上のおろしそばでした。そば湯が来たときの為におろしそばの汁を少し残しておいたのですが,期待を裏切ることなく,そば湯を持ってきてくれました。湯飲み茶碗に,そばの残り汁を入れて,そば湯を注ぎました。そば湯はどろどろのそば湯で,なんとも言えない美味しさでした。結局,出されたそば湯を湯のみ3杯分全部飲み干しました。お腹一杯になりました。
太めの美味しい蕎麦を食べたのは本当に久しぶりでした。最高でした。満足しました。
唐変木は石川県で1番美味しい蕎麦屋さんだと思います。
帰り際に店主と少し話をしたのですが,蕎麦打ちの人って蕎麦の話をはじめると,本当に楽しそうに話をしますね。

唐変木のおろしそば

唐変木の場所はこちら   石川県白山市若原町甲100-1

上がる下がる油小路

今日は、上がる下がる油小路に行きました。
12:20に入りましたが、お客はいませんでした。
カウンターとテーブル席がありましたが、テーブル席は少なく1人で使うのは申し訳ないのでカウンター席に座りました。
メニューは壁の掲示だけですが、席によってはテレビに隠れて見えない部分もあります。
メニューを見ると、時間限定イチオシのA1御膳(とんかつ3枚、から揚げ3ケ)880円、A2御膳(とんかつ3枚、から揚げ3ケ、茶わん蒸し)980円、いつでも注文できるとんかつ定食(とんかつ4枚)850円、から揚げ定食(から揚げ4個)700円、得々定食から揚げ(から揚げ8個、目玉焼き、ご飯2杯)1000円、得々定食とんかつ(とんかつ2枚、目玉焼き、ご飯2杯)1280円、肉の御三家定食(ポークステーキ丼、とんかつ1/4、から揚げ2個、茶わん蒸し、目玉焼き)1000円、えび天ぷら定食1000円などがありました。
今日は、時間限定イチオシのA1御膳(とんかつ3枚、から揚げ3ケ)880円を注文しました。
料金は、先払いだと言われました。掲示を見ると、食事が終わったら食器を返しに行かないといけないと書かれていました。水もセルフで自分で冷蔵庫から持ってこないといけないということです。
冷蔵庫を開けると、水は大きなビンに入れられていてコップは冷蔵庫の上のケースに入れられていました。
おじさん1人でやっているので、致し方ないところです。
10分程度待って、時間限定イチオシのA1御膳が出されました。
A1御膳には、とんかつ3枚、から揚げ3ケ、刻みキャベツ、漬物、ご飯、具がいっぱいのスープが付いていました。
胡麻ドレッシングとトンカツソースと辛子と箸と紙のお手拭きも一緒に出されました。
とんかつは、肉がハムカツ並みの薄さでした。しかも衣の油が少し臭かったし油っこかったです。ちょっとお粗末でした。普通のとんかつ定食のとんかつは、これほど酷くは無いのだと思います。
から揚げの衣は、ちょっと変わった食感で、さくっとした天ぷらのような感じです。衣は良かったのですが、鶏肉が微妙に半生状態だったのは気味が悪かったです。ジューシーなのは良いけど、赤い感じが残っている鶏肉はやっぱりイヤです。
漬物はきゅうりでしたが、漬かっていませんでした。仕方ないので醤油をかけて食べようと思ったのですが、カウンターに醤油はありませんでした。テーブル席には、それらしい容器があったので置き忘れたのかもしれません。
人件費を節約して、その分、安いのなら良いのですが、あまりコストパフォーマンスも良いとは思えなかったです。
ちょっと残念な昼食でした。

aburanokouji.jpg

上がる下がる油小路の場所はこちら  石川県金沢市もりの里3-220