金沢で空き家を買う

空き家を買ってリフォームして大家に お金持ちで無くても家を持てる そのためのヒントにと 実体験する企画です。 2018.10.14開設

あなたの持ち家が危ない

あなたの持ち家が危ない 山下隆盛著 を読みました。
リフォーム関連の業者の本なので、家を手入れすれば長持ちしますという内容です。
基本は外壁と屋根がポイントとういことです。

サイディングの外壁は触ってみて白い粉がつくようなら、かなりの劣化なので塗り替えが必要。
基本的には10年。窯業系サイディングは30年間塗り替え不要。
基材が水を吸ったサイディングは水分を吸ってしまうと塗り替えしてもすぐに剥がれ落ちる。

2000年以前にサイディングを使った家は「直張り工法」で施行されている場合が多いので「外壁通気構法」に張替えが適切。

屋根はsレートぶきは10~15年で塗り替え、金属板ぶき15年前後が塗り替え、粘土瓦ぶきは35年で張り替え、アスファルトシングルぶきは30年で張り替えが必要。

家の30年の主なメンテナンスプラン
5年
 シロアリ対策(合成殺虫剤防蟻15~20万円  ホウ酸防蟻なら25~30万円)
10年
 屋根(ストレート)表面塗装 40~50万円
 畳表替え 5~6万円
 外壁(モルタル)表面塗装 80~100万円
 外壁(サイディング)表面塗装 80~100万円
 外壁(シーリング)打ち替え 15~20万円
 ベランダ防水 10~15万円
 雨どい(表面塗装) 10万円~
 シロアリ対策(合成殺虫剤防蟻15~20万円  ホウ酸防蟻なら不要)
15年
 屋根(ストレート)表面塗装 40~50万円
 お風呂交換 100~150万円
 トイレ交換 15~20万円
 キッチン交換 50~100万円
 洗面台交換 10~20万円
 給湯器交換 15万円~
 ガスコンロ 10万円~
 シロアリ対策(合成殺虫剤防蟻15~20万円  ホウ酸防蟻なら不要)
20年
 屋根(ストレート)表面塗装 40~50万円
 畳表替え 5~6万円
 外壁(モルタル)表面塗装 80~100万円
 外壁(サイディング)表面塗装 80~100万円
 外壁(シーリング)打ち替え 15~20万円
 ベランダ防水 10~15万円
 雨どい(表面塗装) 10万円~
 シロアリ対策(合成殺虫剤防蟻15~20万円  ホウ酸防蟻なら不要)
25年
 屋根のすべての素材の点検
 シロアリ対策(合成殺虫剤防蟻15~20万円  ホウ酸防蟻なら不要)
30年
 すべての屋根のふき替え 250万円
 外壁(モルタル)表面塗装 80~100万円
 外壁(サイディング)張替え 300万円
 外壁(シーリング)打ち替え 15~20万円
 ベランダ防水(重ね塗り) 25万円
 お風呂交換 100~150万円  
 トイレ交換 15~20万円
 キッチン交換 50~100万円
 洗面台交換 10~20万円
 給湯器交換 15万円~
 ガスコンロ交換 10万円~
 クロス全面張り替え 130万円
 ドア交換 100万円
 フローリング交換 320万円
 畳交換 10万円
 シロアリ対策(合成殺虫剤防蟻15~20万円  ホウ酸防蟻なら点検)

なんか、ため息が出ます。建物を維持するのはとてもお金がかかるということです。
おおざっぱに25年住んで、その間のフルリフォーム代が1900万円とのことです。
1か月63,333円です。
それに加えて、住宅ローンの負担が加わります。
しかも30年目に、高額な費用負担が待っています。
借りるのと、どっちが得だということになります。この本では、持ち家で、きちんとメンテナンスして住んだ方が有利だと主張しています。

一般社団法人住宅リフォーム推進協議会の「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」でリフォームに関する補助金を検索できる。

訪問販売の業者は避けた方が良い
見積もりに、詳細を明記しなく一式で金額を記載する業者は避けた方が良い
外壁の工事なら、シーリングの打ち直し(取り換え)も入っているのか、何回塗るのですかくらいは最低限確認の必要あり(シーリングは不可欠、外壁は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗るのが基本)
屋根については足場を組んで施工するか、えん切りは何で行うか、ふき替えの場合は防水紙の写真を撮ってくれるかの確認が必要
施工中の家を見せてもらって、ゴミが散らかっていないか、職人がきびきびと動いているか、見学するのが有効

MAKITAバッテリー用12V変換器とLED作業照明灯を購入した

2020年6月28日

MAKITAのバッテリーが増えてきたので、何か有効利用する方法は無いかと考えていたのですが、メルカリでMAKITAバッテリー18Vや14.4Vを自動車のバッテリーの標準規格12Vに変換出力するアダプタを入手しました。
12Vで動作する機器は、いろいろあるので、いろんな用途で使えます
そのアダプタはUSB出力2個も付いているので、充電用バッテリーとしても使えます。
おまけに、そのアダプタで使えるシガーソケットと60WのLED作業照明灯も付いていて5000円でした。
60WのLED作業照明灯は、とても明るいので、暗い場所での作業もこれ1個でできるし、撮影用の補助光としても使えます。

12Vled.jpg

2020年7月3日

60WのLED作業照明灯を試してみました。凄く明るくて、これ1個で1つの部屋は充分明るくなります。

直接にはカメラの三脚に接続できないけど、手持ちの部品で接続できることを確認しました。

ただ照明を直接見ると眩しすぎるので、撮影用の補助光として使うには、フィルターをつけて光量を減らすか、間接照明にするか工夫しないといけません。

2020年7月7日

シガーソケットの12VからAC100V出力のコンセントをとれるコンバーターをメルカリで2999円で購入しました。
400Wまで使える優れものです。
これでMAKITAのバッテリーでAC100Vの電化製品を使えます。

400Vconv.jpg

2020年7月12日

今日、届いて、さっそく使ってみました。
MAKITAバッテリー14.4Vに、12Vに変換出力するアダプタを接続し、そのシガーソケットからAC100V出力へのコンバーターを接続し家電が動作するか確認しました。
扇風機やマッサージ機は正常に動作しましたが、ドライヤーはヒーター無しの送風だけでしたが、エラー音が鳴り使えなかったです。電圧が低かったという表示です。
ドライヤーは1200W(DRY - TURBO ON)なので送風だけでも400Wを超えているのかもしれません。
MAKITAバッテリーは14.4Vはあるはずなので、12Vに変換出力するアダプタに原因があるのかもしれません。
とりあえず14.4VのMAKITAバッテリーを改めて充電してみましたが、結果は変わりませんでした。
18Vのバッテリーでも、結果は変わりませんでした。

2020年7月13日

自動車のシガーソケットにAC100V出力へのコンバーターを接続し、ドライヤーの送風だけを試してみましたが、正常に動作しました。
MAKITAバッテリー18Vや14.4Vに自動車のバッテリーの標準規格12Vに変換出力するアダプタを接続しても、自動車のバッテリー並みの出力は得られないようです。

MAKITAバッテリー18Vや14.4Vで結構強力な工具を動作させることができるのにね。

Makitaの14.4Vのバッテリーと充電装置を購入した

2020年6月27日

ジモティーでMakitaの14.4V3.0AhのバッテリーBL1430を2個と急速充電器DC18RCを5000円で購入しました。
ほとんど使っていない美品でした。
凄いお買い得でした。
でも、良く調べたら持っているMakitaの工具は全部18Vでした。
まあ出力が弱いけど18Vの工具を14.4Vのバッテリーで使えなくはないし、最悪転売してもマイナスにはならないんで良いです。
14.4Vのマキタの工具を購入するかもしれないですし。

144V.jpg

2020年7月1日

購入したバッテリーBL1430の内、1個が充電不良でした。ある程度の電圧まで充電出来て、その後エラーになるようです。
1度エラーが出ると、充電器に接続してもすぐにエラーになります。持っている3つの充電器で試したけど同様です。
Makitaの14.4V3.0AhのバッテリーBL1430を1個と急速充電器DC18RCで5000円でも安いので仕方ないかなあ・・・・

ちなみにMakitaのバッテリーは修理できないようです。

2020年7月3日

不具合のBL1430ですが、電圧は出ているようです。回路関係の不具合のように思います。

Makitaのバッテリーは安全性の為と言う名目で充電を500回すると強制的に充電出来なくなるようにICチップが入っているようなので、電池セルが寿命になったBL1430を入手して回路を交換してもダメみたいです。

充電保護ボード リチウム電池 BL1430 BL1440 BL1450適用というのがamazonで送料込860円で売られています。
中国から送られてくるようで、納期が2か月程度かかるようです。

BL1430は、どうしても必要なものではないのですが好奇心に勝てず充電保護ボード 送料込860円を購入してしまいました。
うまくいったら、将来18Vで使えなくなったものが出たら18V用の充電保護ボードを購入し修理して使おうと思います。

お届け予定日は8月26日という事です。

2020年7月20日

リチウム電池 BL1430用の充電保護ボード が届きました。

144V2.jpg

分解は星形のレンチT10というものが必要です。星形のレンチは2種類持っていたのですが、サイズが合わないため工具を購入しました。一番安い工具(312円)を購入しました。

144V3.jpg

144V4.jpg
早速分解したのですが、基盤の形状が全く違います。

144V5.jpg
時代によって使われている基盤が違うようです。
内部が錆びでぐちゃぐちゃになっていたので、どちらにしても修理できなかったかもしれません。

144V6.jpg

外側は綺麗だったので想定外の事態です。

諦めるのは惜しいので、よく調べたら腐食して断線状態になっている箇所があったので補修したのですが、やっぱり充電時エラーになりました。

随分、無駄遣いをしちゃいました。仕方ないです。こういう事もあります。

18V充電式小型集じん機(マキタVC350D)を購入しました。

2020年5月29日

メルカリで充電式小型集じん機(マキタVC350D)を購入しました。
送料込みで2880円です。超安値です。集じんの袋など集じんの部品は付いていませんが、ブロワーとして使用するのが目的なので大丈夫です。
電源を入れてみましたが、想像以上の風力です。
墓地の松葉を集めたり、自動車の洗車後の水滴を吹き飛ばすのに役立ちそうです。
集じん機として使いたい時には、ホース(ø28mm x 2.5m)A-51306とダストバックA-51312が必要です。付属品は決して安くはないです。

syuujin.jpg


2020年10月1日

前回購入したマキタVC350Dは集じんの袋とホースが付いていなかったので、ブロワーとしては使えるけど集じん機としては使えなかったのです。
ジモティで集じんの袋とホースが付いたマキタVC350Dが3000円で出品されていたので購入しました。
石膏ボードの粉がいっぱいついていて、電源を入れると、石膏ボードの粉が撒き散らかる状態でしたが、ホースの詰まりを除去して清掃すると綺麗になりました。
ホースと集じんの袋だけでも購入すると8000円程するのでラッキーだと思います。

syuujinki.jpg

トリマーを購入した

2019年11月5日

ほとんど使わないのに、やたら工具を買い集めています。
かなり、いろいろ揃ったのですが、最近トリマーが欲しくてたまりません。
トリマーって木材の加工(溝堀、飾り面取り、組み接ぎ加工)が簡単にできる電動工具なのです。
欲しいと言いながら、使い方を全く知らない(笑!)ので、「新トリマー&ルーター テクニック」という本を借りてきました。
読んだら、以前に増して欲しくなりました。
「新トリマー&ルーター テクニック」という本も入手しようと思います。
結構遊べそうです。

2019年12月2日

メルカリで「新トリマー&ルーター テクニック」を1020円で入手しました。

2019年12月11日

メルカリで高儀 EARTH MAN の電動トリマ TR-100を3999円で購入しました。
付属のストレートビットの他にスパイラルビットも付いていました。AC駆動です。

trimer.jpg

多機能脚立1.7mを購入しました

2019年10月31日

前から、高い脚立が欲しかったのですが、ジモティでアルインコ多機能脚立WKM-15を4000円で購入しました。

脚立時の高さが1.7mで、本当は2m程度の脚立が欲しかったのでちょっと低めですが、3.7mの梯子としても使えるし、長さ1.5m高さ1mの作業台としても使えるので便利です。
自動車に積める梯子も欲しかったので、ちょうど良いです。

ネットで調べると最安値12800円なので、かなりのお買い得です。

11.7kgなので少し重いです。耐荷重100kgなので2人乗るのは無理のようです。

収納サイズ幅52×高さ104×奥行29 cmなので場所をとりません。

2019年11月1日

アルインコ多機能脚立を受け取りました。
簡単に自動車に乗せれるのが便利です。

さっそく、脚立にしたり、梯子にしたり、作業台にしたりしてみました。
固定の解除は簡単なのですが、固定のロックは難しくて、なかなかうまくいきません。
なんかの拍子でロックできたりするのですが、意図的に簡単にロックができません。
コツがあるのかもしれません。

そうこうしてると、バランスを崩して、コンクリートの場所に頭から落ちてしまいました。
凄い出血で、頭部にホッチキスを14針打ち込みました。
CTとかMRIの検査もしたのですが、脳に2か所傷があるけど、小さいので心配ないと思いますということでした。

今度から、脚立を使う時にはヘルメットをしようと思います。

アルインコ多機能脚立WKM-15の取扱説明書やロックの方法などで検索してみたのですが、公式サイトにも取扱説明書が無いし、とにかく、販売のページで同じ内容のページばかり表示されます。
以前のGoogleって、こうじゃなかったんだけどなあ。あまりにも酷いです。

2019年11月2日

アルインコ多機能脚立の組み立てを試行錯誤してみました。
ロックを解除して、少し角度を変えるとガタンと音がします。
その音がしてから、固定したい位置にゆっくりと角度を変えていくと、また音がしてロックされます。

作業台にした時に使う天板を用意しないといけません。
380mm×1500mmくらいの大きさのもので良いようです。
売り主はコンパネが良いと言っていましたが、コンパネは900mm×1800mmが標準なので、随分無駄にしてしまいます。

コーナーカッター(パーキリ)を購入した

以前からコーナーカッター(パーキリ)が欲しかったのですが、メルカリで極刃のコーナーカッター(パーキリ)が7800円で出品されていたので購入しました。
床材や壁材を貼るときに、コーナーを綺麗に切るための道具です。
替え刃は市販の大きいカッター刃が使えます。

pakiri.jpg

道具ばっかり揃っていきます。

あとは、トリマーを購入すれば完璧かな。

ガスと水回りの資格は敷居が高い

2019年10月11日

DIYって思いつくものは、外装・内装・電気工事・水回り・ガス関係になるのですが、外装・内装は資格なしでもできるのですが、電気工事・水回り・ガス関係については、自宅のDIYであっても資格が無くてはできません。
電気工事士の資格は取得したので、もう自分で工事ができます。

水回りの資格は実務経験が必要なので、DIY目的で取得するのは現実的ではありません。
しかも個人で資格を持っていてもダメで業者でないと工事ができないようです。つまり社員が資格をもっていても会社を通さないと工事ができません。
水回りの工事の免許をもった業者でないと水回りの修理が全くできないのかというと、そうでもないようです。
道路の下を通る水道管である排水管から分岐して宅地内に引き込まれた給水管と直結する給水用具(止水栓や水道メーター、給水栓など)の工事に関しては資格が必要なようです。
これだけじゃ、ちょっとはっきり分からないですよね。
基本的には水栓のコマやパッキンの交換以外は無資格の人間は工事できないという事になっていますが、実際には、どこまで資格が無くてもできるかというのは地域によって違うようです・・というより、どの程度まで黙認されているかという問題のようです。
水道法上は、一次水栓(蛇口やボイラー手前のバルブ、トイレタンク手前のアングルorストレート止水栓、受水槽のボールタップ等々)以降は二次給水となり水道事業所の管理外なので、蛇口やトイレや洗面台の交換は黙認される場合が多いようです。

ガスに関する工事の資格はプロパンガスと都市ガスでは資格が違うようです。
都市ガスの場合は、実務経験が必要ですし個人が取得して使えるというようなものではないようです。
ただ、都市ガスの場合、給湯器の交換程度ができる「ガス可とう管接続工事監督者」という資格があって、それは1日の講習で取得できるようです。
受講料は12,300円ですが、北陸では受講できません。金沢から一番近いのは名古屋になります。
1年に5回程度(いずれも平日)実施され10:00~16:00までみっちり講習があります。
金沢で講習があれば受講するんだけどなあ。ちょっと迷うところです。
プロパンガスの場合は液化石油ガス設備士という国家資格が必要ですが、実務経験は不要です。
筆記試験+技能試験があり受験料は2万円ちょっとかかりますが、各都道府県で実施しています。
技能試験は「ねじ切り」のようです。
但し、ねじ切りの機材は自分で持ち込まないといけなくて、その機材がかなり高額なので、独学で取得する人はほとんどいないようです。

MAKITAの18Vクリーナーを購入した

2019年9月30日

ラクマでMAKITAの充電式18Vクリーナーが11000円で出品されていたので購入しました。5回ほどしか使っていないそうで、純正の3.0Ahバッテリーが付いています。
CL180FDという機種で先端アタッチメントも2種類追加になっています。
全部収納できるソフトケースも付いています。
MAKITAの充電式18Vクリーナーは業務用で、かなり強力らしいです。

2019年10月1日

先端アタッチメントに破損が見つかったということで10000円にしてくれました。

2019年10月4日

MAKITAの充電式18Vクリーナーが届きました。
本当にきれいで新品同様でした。ソフトケース付というのが良いです。

cleaner.jpg

敷居の段差解消対策

2019年9月26日

母親が、外で躓いて転ぶことが2回もあって、これはあかんということで、家の中でよく通るところや、夜中に起きて通るところで敷居のある所の段差解消をすることにしました。
年取ってからの足の骨折は、寝たきりになる大きな要因なので甘く見てはいけないんです。
俊は福祉住環境コーディネーター2級と福祉用具専門相談員の資格を持っているのですが、一般的な敷居の段差解消の用具って車椅子での通行を意識した大げさなものになるので、イヤなのです。
ネットで調べたら、それほど大げさでなくて、柔らかく自由な大きさに切断もできる素材のグッズを見つけました。床には両面テープで固定するようです。
「カーボーイ つまさきやわらかガード 痛クナイゾ」という商品で敷居の高さに応じて種類もあります。
俊の家の敷居は2.8cmなので3cm高さのもの(サイズL 約巾70×長さ900×高さ30mm)がちょうど良さそうです。
amazonで超破格値(送料別647円)のものを見つけて10本購入しようと思ったのですが、2本限定販売でした。
在庫処分の見切り販売のようです。
購入して、あまり良くなかったら無駄になるので、とりあえずある分だけ購入して、良かったら多い数でも注文できるショップで購入しようと思います。
ついでにコーナースロープ用の「カーボーイ つまさきやわらかガード 痛クナイゾ」も2個限定販売で147円で売られていたので購入しました。こちらも超破格値です。
送料は600円かかりました。こちらは2000円分以上購入しても送料は無料にならないようです。

2019年9月29日

届いたので、さっそく設置しました。木製の床とは色が合わないので見苦しいと言われたので、目立たないところだけ設置しました。
塗装するのもありかもしれません。
敷居が2.8cmでスロープの高さが3cmなので、少し飛び出ますが、柔らかいので、それで毛躓くことは無さそうです。
カッターで簡単に切断できるので、長さ900mmのもの2本を600mmを3本にして使いました。なかなか良い感じです。

siki1.jpg


siki2.jpg