金沢で空き家を買う

空き家を買ってリフォームして大家に お金持ちで無くても家を持てる そのためのヒントにと 実体験する企画です。 2018.10.14開設

1週間に3度ブレーカーが落ちた

先週、1週間に3度ブレーカーが落ちました。
家全体のブレーカーが落ちたのでなく、ある階だけのブレーカーが落ちるのです。
特定のブレーカーが落ちるのではなく、大元のメインのブレーカーが落ちるのです。
その内の1回は夜中にエアコンを入れた途端切れたという事です。
3回の内1回は、そのエアコンには電源が入っていませんでした。
夜中に切れた時は、一番電気を使っていると思われる部屋(エアコンと電気カーペット)の電源はほぼ切ってありました。
3回切れた時全部に電源が入っていたエアコンは1つの部屋だけでした。

北陸電力に電話したら漏電の可能性は少なく、偏った部分に突出した電気を使っているのが原因としては大きいとの事でした。

家のエアコンのフィルター清掃をしたら、2台のエアコンのフィルターに埃が大量に詰まっていました。
エアコンのフィルターの埃を除去してからは、ブレーカーが落ちないようになりました。


トイレの水が止まらない

トイレで水を流した後、微量ですが、水が継続的に流れるようになりました。
TOTOのS514という機種です。
水が溜まっている時に、天辺の蓋(手洗い金具が付いている陶器)を上に持ち上げ外します。

toire4.jpg

最初、フロートバルブ(鎖のついた半円球のゴムの部品)を触った時、手が真っ黒になるくらいゴムが劣化していたので、原因はこれだと判断しました。

toire6.jpg

ネットで調べると1000円程度なので、近くのTOTOの営業所で購入して交換しました。
交換は給水バルブ栓を閉めて入れ替えるだけです。給水バルブを閉めるマイナスドライバー以外は工具は必要ありません。

toire5.jpg

しばらく、調子良いかなと思っていたのですが、しばらくすると、再び、微量の水漏れが起きるようになりました。
トイレに水を流すのは底のフロートバルブの部分と、底から飛び出ている樹脂の管の天辺からしかありません。

toire7.jpg

底から飛び出ている樹脂の管の天辺から水があふれている場合は、フロートバルブが原因ではありません。
ということになるとボールタップという部品が原因という事になります。
TOTOのS514のボールタップはTHYS2A(定価9350円)という規格で、結構高いです。Amazonでも5456円します。
現在使っているのは金属製ですが、今のは樹脂製になっています。
互換品でSANEI の万能ロータンクボールタップ V56-5X-13というのが2305円購入できるようです。
SANEI の万能ロータンクボールタップ V56-5X-13の対応表にTOTOのS514が入っていません。S517には対応していると表記されています。
TOTOのS514のボールタップTHYS2AはS517にも対応しているので多分SANEI の万能ロータンクボールタップ V56-5X-13でも大丈夫なのだと思います。

ダメ元で、現在ついているボールタップを外して分解してみました。
給水バルブ栓を閉めて、水を流して、給水のホースを外します。
給水タンクのナットをモンキーで緩めて外すと、ボールタップを外せます

toire8.jpg

ボールタップを2か所の手で回せるボルトを外すと、簡単に分解できます。

toire9.jpg

バルブを見ると、溝に入っていたシリコンの白いパッキンが破損していました。
さすがに、部品はもう入手できないと思うので、家にあった内径5mm外形9mmのシリコンホースを2mmくらいの厚さで切って、溝に無理やり入れました。

toire10.jpg

後は、元あった通りに組み立てて、給水栓を開いて完成です。
蓋の部分の手洗金具の穴と、ボールタップのパイプの位置を合わせないと、やりなおしになります。

toire12.jpg

toire11.jpg

パッキンを入れる前は、水が底から飛び出ている樹脂の管の天辺まで貯まっていたのに、ずっと下の水位で給水が止まるようになりました。

これで治るといいなあ。

2022年12月29日

完全に治ったようです。やったね。


卯辰町の170万円の物件

卯辰町の土地面積66.47㎡(約20.1坪)、建物面積43.93㎡(約13.28坪)、築年数1965年01月で170万円の物件が掲載されていました。
建蔽率40%容積率200%、接道道幅3.6m 接面6.7m、バス停まで徒歩15分です。
この地域は、急坂や狭い直角の道路を通らないと行けないので、自動車で行こうと思うと、かなりのストレスになります。積雪時にはたどり着くことは不可能になります。
この場所自身も斜面になっています。
駐車場が無いので、出かける時には徒歩になりますが、街中に近いとはいえ、かなり不便な地域です。
建蔽率オーバー、増築時未登録有り、卯辰山風致地域、水路から隔離指導がありなので、再建築に大きな制限があります。
路線価は16Fなので100万円程度の土地です。
建物内部の画像がアットホームだけに掲載されていましたが、意外と綺麗でした。
DIYでちょっと手を入れれば、そのまま住めそうな感じです。

ハトマークサイトと不動産ジャパンでは正確な住所や地図が掲載されていませんが、アットホームでは正確な地図が掲載されています。
建物内部の画像もアットホームは18個の画像が掲載されていますが、ハトマークサイトや不動産ジャパンは4個の画像しか掲載されていません。
ハトマークサイトと不動産ジャパンは不動産の組合に入っていれば無料で掲載できるのですが、アットホームは有料の掲載になっています。
本来、無料のサイトの掲載だけですめば不動産会社にとっても有利なはずなんですが、こんなことをやっていたら、だんだんアットホームの有利性が大きくなっていくのが判らないのかなあと疑問に思います。


窪2丁目300万円の物件

窪2丁目の300万円の物件が掲載されていました。
土地面積107.28㎡(約32.45坪)、建物面積113.58㎡(約34.35坪)、築年数1971年05月です。
建蔽率60%容積率200%で、接道は道路の
幅5m、接面19.1mです。
ハトマークサイトと不動産ジャパンとアットホームに掲載されていますが、アットホームだ地図が掲載されていました。正確な住所は掲載されていませんが、備考に番地のみ隠すように紛れさせてあります。正確な場所を表示する事に関して制限でもあるのかなあ?
環状線と泉が丘街道にはさまれていて、バス停徒歩2分と良い場所に位置します。
ただ、周辺がちょっと癖のある道路関係にあり、通りやすくは無いです。
駐車場もありません。
宅地造成等工事規制区域で、しかも水路から一定の距離を確保する必要がある(離隔指導)と記載されています。
奥行きが狭く、しかも裏が建物ギリギリで高さがある水路になっているので、建て替えする時には奥行きの狭い部分しか使えません。
ちなみに現時点で建ぺい率オーバーです。
建物が2世帯で割家(長屋みたいな感じ)になっているので、玄関もトイレも風呂も2つあります。
実際に外から見てきましたが、かなりボロさを感じますし、工事がしにくそうです。
建物の内部の画像が無いので、相当に傷んでいると想像されます。
路線価は45Eになっていたので、480万円程度の土地です。


寺町4丁目の90万円の物件

寺町4丁目の90万円の物件が掲載されていました。
築年数不明で土地面積48.30㎡ 、建物面積56.19㎡ です。
建物は見るからに古そうでぼろぼろです。
接道は幅1.8mで一方通行です。セットバックが必要です。
建蔽率60%、容積率200%です。
駐車場はありませんが、浴室は狭いながらもあるようです。
正確な住所も地図も掲載されていません。
バス停までは徒歩5分です。バスの便は多いと思います。
中心街で90万円は格安です。
路線価は68Eなので300万円くらいの土地です。

ハーマークサイトと不動産ジャパンに掲載されていました。


泉2丁目の480万円の物件

泉2丁目で土地面積70.24㎡(約21.24坪)、建物面積61.54㎡(約18.61坪)、築年月1979年02月で480万円の物件が掲載されていました。
建蔽率60%容積率160%で大通りのバス停から徒歩3分です。
便利な場所だと思います。
敷地が、ちょっと歪な形ですが、前の道路が一方通行ですが、幅:4m接面:3.5mなので再建築での制限は無さそうです。
駐車は1台分はありそうです。
正確な地図は掲載されていませんが、GoogleMapで場所を特定できました。
路線価は55Eなので、390万円程度の土地です。
建物は狭いですが、間取り図を見た限り、不具合はなく普通に住みやすそうな感じです。
建物の外観は、それほど傷みは感じられないですが、内部は襖や壁の傷みはかなりのもののような感じです。

とはいえ、なかなか魅力的な物件だと思います。

ハトマークサイトと不動産ジャパンに掲載されていました。


末町の350万円の物件

末町の土地面積66.13㎡、建物面積72.03㎡、築年月1983年10月で350万円の物件が掲載されていました。
駐車場有で、東 幅:6.3m・南 幅:4mの道路に面している角地です。バス停まで徒歩7分です。
大通りから300mほど奥まっています。
雪の多い地域なので積雪時が、ちょっと心配ですが大通りから坂が無さそうです。
建ぺい率60%・容積率200%で市街化区域です。
正確な地図が掲載されていました。
路線価は28Eなので185万円くらいの土地です。
間取りは、特に問題のある不具合は無さそうです。外観を見る限りはそれほど酷い痛みは無さそうですが、内部の画像はないので建物の傷み具合は不明です。

犀川のすぐ近くですが、川との高低差はかなりあると思うので、水害の心配は無さそうです。
珍しく一般媒介になっていました。

ハトマークサイト、不動産ジャパン、アットホームに掲載されていました。


小便用のトイレの水が止まらない

小便用トイレの水が止まらない事が、時々あるので、修理してみることにしました。



まずは止水栓を閉めます(マイナスドライバーで時計回りに閉める)。

ピストンバルブの蓋をてっぺんの六角のところをモンキーで反時計回りに回して外します。
黒い液がいっぱい出てきました。ゴムが腐食して出た粉なんだと思います。
ネットで調べた部品と違っていました。
多分、トイレが古いのだと思います。
中を綺麗に洗い流し、バネを伸ばしておきました。



念のために、押しボタンも外し(6角の部分をモンキーで反時計回りに回します)洗っておきました。



とりあえずは治りました。
ダメなら、ピストンバルブをもうちょっと分解しようと思います。


ハトマークサイトのリニューアルで地図が無くなった

2022年9月15日

ハトマークサイトがリニューアルされました。
地図が無くなりました。
不動産屋に連絡しないで現地を見る事が困難になりました。
サイトで地図を無くするなんて馬鹿としか思えません。
画像が大きくなって、間取り図が見やすくなりました。

2022年9月16日

物件一覧で、MAPマークのついているところだけ地図を見る事ができるようです。
個別の物件のページには地図も無いですし、地図へのリンクもありません。
MAPマークのついている物件は少ないです。

2022年9月23日

ハトマークサイトで、個別の物件のページから地図を見るというリンクが加えられていました。


山科町の230万円の物件

2022年9月7日

山科町の土地面積135.61㎡、建物面積87.62㎡、築年月1974年6月で230万円の物件が掲載されていました。
正確な地図が掲載されています。
山科町の山の手地域は、金沢でも有数の不人気地域なのですが、この場所は、それほど急坂も無く、奥まってもいないようです。
路線価は19Fなので260万円程度の土地です。
バス停まで徒歩8分ということです。
接道状況は北 5m接面9mですが、道路との段差がかなりあり、住宅には階段を上っていかないと入れません。
地盤が心配ですし、駐車場が無いのも痛いです。
近くの平地で駐車場用の土地を購入できれば良いのですけど。
間取は、それほど欠点が無いように思います。
建物の画像は外観しかなく、外観を見る限りは、それほど傷んでないようですが、和室の床が抜け落ちているということなので、内部は、相当傷んでいるのかもしれません。

2022年9月9日

現場を見てきました。
急坂になる手前なので、山の手って感覚は少ないです。
外観を見た感じでは、それほど傷んでいなかったです。