俊のきまぐれ料理

料理初心者の俊がヘルシオ ホットクックを購入していろんな料理を作ってみました。

半熟卵丼

2024年7月20日

半熟卵丼 1人分

卵 1個
白いりゴマ 小さじ2分の1
かつお節 適量

A 水 大さじ2
A しょうゆ 大さじ1
A みりん 大さじ1
A 和風だしの素 小さじ1

1. 耐熱容器にAを入れて混ぜ合わせます。
卵を落としてつまようじやフォークで黄身に数か所穴を開けます。
ふんわりラップをして600Wの電子レンジで2分加熱。

tamagokake1.jpg

2. 茶碗にご飯を盛り、1をかけます。
かつお節と白いりゴマをちらす

tamagokake2.jpg

ラップをかけなく、小さい穴のある蓋をかけて加熱しました。
汁が噴き出て、電子レンジの庫内がひどいことになってしまいました。
卵も完熟になってしまいました。

食べたら、汁が濃くて美味しくなかったです。
大失敗です。

参考
https://article.yahoo.co.jp/detail/1ec0fc8975a5c0e607fe7f9aee7fdc39b10738c0

2024年7月20日

悔しいので別のレシピを見つけて作ってみました。

たまご 1個
ご飯 お茶碗1杯
バター 10g
白ダシ 小さじ1
すりごま 適量
牛乳 小さじ1


1. 電子レンジ600W30秒でバターを溶かす

2. 卵を加えてよく溶きます。

3. 牛乳と白ダシと砂糖を加えよく混ぜ合わせます

4. 電子レンジ600W1分で加熱します。

5. よそったご飯の上に卵をのせてごまを散らします

tamagokake3.jpg

水分が少なかったのと、気温が高かったのが原因で、卵が完熟になってしまいました。
汁が、ほとんど無かったです。水を加えた方がよさそうです。
天かすを入れるのも良いかもしれません。
バターが効いていて美味しかったです。もっと美味しく出来る余地があります。

2024年7月23日

たまご 1個
ご飯 お茶碗1杯
バター 10g
砂糖 小さじ1
白ダシ 小さじ2
水 大さじ1
牛乳 小さじ1
すりごま 適量

で作ってみました。
半熟にはなりましたが、味は濃すぎでした。



参考
https://cookpad.com/recipe/4170920


豚の角煮 ホットクック、クッキングプロ、スロークッカー

クッキングプロで豚の角煮 基本情報(3~4人分)

豚バラ 500g
A.生姜(薄切り)1かけ
A.ネギの青い部分 1本分 10cm幅に切る
A.水 800cc
B.水 200cc
B.しょうゆ 100cc  塩分16g
B.酒 50cc
B.みりん 50cc
B.砂糖 大さじ2

総重量 1245g
適正塩分(0.6%)7.47g
使用塩分 16g


Aで下ゆでした豚バラ肉を、クッキングプロで25分圧力調理をして、終了したあとに
蓋を開けて、ときどき混ぜながら6分煮詰める
(レシピ番号5)


2022年4月4日 ホットクックで豚の角煮

日本酒 180cc 96円
うずら卵水煮 10個入り 135円
豚バラ肉かたまり(アメリカ産)702g 970円 (100g138円)
を業務スーパーで購入してきました。
ネギ、生姜、にんにく、砂糖、しょうゆ、はちみつは家にありました。

kakuni2.jpg

kakuni3.jpg

材料(4人分)

豚バラ肉(かたまり) 702g
A.生姜(薄切り)2かけ
A.ネギの青い部分 10cm
A.水 800cc
B.酒 100cc
B.砂糖 大さじ5
B.しょうゆ 大さじ5
B.にんにく(薄切り) ひとかけ
B.生姜(薄切り) ひとかけ
B.水 400cc
B.うずらの水煮10個 90g
B.大根100g(厚さ1cm程度に切って)
B.はちみつ 小さじ1

総重量  1547g
適正塩分 (0.6%) 9.28g
使用塩分 12g


まずは、豚バラ肉(かたまり)の下処理です。
5cm角に切った豚バラとAを内鍋に入れます。

kakuni4.jpg

肉の油抜き(ホットクック 手動 蒸し物2 30分)をして、豚バラ肉をぬるま湯で洗います。
脂などアクが出ているので、内鍋を洗います。
豚の角煮って下処理が大変なので、家庭ではなかなか出来ないのだと理解しました。

大根を1cm厚さに切って半月切りします。

kakuni5.jpg

油抜きが終わった豚バラとBを洗った内鍋に入れて 
ホットクック 煮物 1-2 80分 で調理して完成です。

kakuni6.jpg

調理時間は、設定温度になってからの時間なので、実際には30分以上余計に時間がかかりました。

他の鍋に移し替えて、冷蔵庫で保存しました。

翌日に見ると脂分の塊がいっぱい浮いていました。

kakuni7.jpg

他の鍋に移し替えたのは大正解でした。
脂身は除去しました。豚バラ肉は冷えると固くなるようです。

食べる1時間半前に、「あたため直し」機能を使いましたが、50分程度かかりました。

その後、「保温」機能を使いました。

実際に食べてみましたが、豚肉は柔らかく、味はちょうど良い濃さでした。
美味しかったのですが、タレを工夫すれば、もっと美味しくなるのではないかと思いました。
大根は、もうちょっと大きめに切った方が良かったと思いました。
卵はうずらでなく、普通の卵のほうが良いと思いました。

kakuni8.jpg


総重量 1450g
適正塩分 8.7g
使用塩分 17.25g 

2022年9月19日  クッキングプロで豚の角煮

今回は5人分で作りました。

ラ・ムーで米国産豚バラ686g(100g138円)948円を購入しました。

butakakuni5.jpg

豚バラ肉(かたまり) 689g
卵(ゆで卵) 3個
A.生姜(薄切り)1かけ
A.ネギの青い部分 1本分 10cm
A.水 800cc
A.酒 50g

B.酒 50cc
B.みりん 50cc
B.砂糖 大さじ2
B.しょうゆ 90cc   塩分14.4g
B.にんにくチューブ 5cm
B.生姜チューブ 5cm
B.水 250cc
B.はちみつ 小さじ1
B.黒砂糖 大さじ1

総重量  1179g
適正塩分 (0.6%) 7g
使用塩分 14.4g

まずは、豚バラ肉(かたまり)の下処理です。
5cm角に切った豚バラとAをクッキングプロの内鍋に入れます。
肉の油抜き(クッキングプロで蓋を閉め、排気弁を閉じ 圧力調理 20分)
をして、豚バラ肉をぬるま湯で洗います。
煮汁はスープとして使えます。

アクは思っていたより少なかったです。
スープは、かなりギトギトした感じです。

ゆで卵はホットクックで100cc水を入れて自動ゆで卵でスタートです。
20分で完成しました。
しばらく放置して、冷水に浸けて、殻を何か所もヒビを入れて、水の中で殻を剥くとうまく剥けます。

Bを混ぜておき、下処理の済んだ豚ばら肉とゆで卵をクッキングプロの内鍋に入れる。
クッキングプロで蓋を閉め、排気弁を閉じ 25分圧力調理
他の鍋に移し替えて、冷蔵庫で保存。

翌日、煮汁の脂身をとって、クッキングプロで温め直し
煮込みモードで、ときどき混ぜながら6分煮詰める

butakakuni.jpg

味がかなり染みていました。
柔らかくて美味しかったです。
5cm×5cmは大きすぎるかなと思って3.5cm×5cmで切ったのですが、小さくなるので5cm×5cmで良かったと思いました。
卵はあまり煮詰めない方が美味しいかもしれません。

25分圧力調理で完成でも十分だと思います。

2023年1月19日 スロークッカーで豚の角煮

スロークッカーでも豚の角煮を作ってみました。

メキシコ産の豚バラをラムーで購入しました。
389gで536円(100g138円)でした。
今回は半分の200gだけ使いました。

ホットクック 手動 蒸し物2 30分加熱
して、豚バラ肉をぬるま湯で洗います。
脂などアクが出ているので、内鍋を洗います。
余熱は20分でした。

にんにく(皮も剥かずそのまま) 1片
生姜(皮も剥かずスライス) 1片
醤油 大さじ2.5  塩分6g
砂糖 大さじ2.5
酒 大さじ2.5
水 125cc
コンソメ 1/2個  塩分1.18g

総重量 443g
適正塩分(0.6%) 2.66g
使用塩分 7.18g



豚バラ肉と調味料をスロークッカーのHiで9時間30分煮込みました

slowkakuni2.jpg

基本的には、柔らかくて美味しかったのですが、ほんの一部分はティッシュを濡らしたものを食べるような食感がありました。
肉の質のせいもあるかなあと思います。

ラムーの豚肉はダメなのかなあ?

slowkakuni1.jpg

次回はスロークッカーの強1時間、弱7時間で試してみようと思います。

2023年1月24日 スロークッカーで豚の角煮

業務スーパーに行ったら売っていた豚バラ肉がスペイン産でした。100g138円でした。
ラ・ムーより、かなり高いです。

スペイン産は前回懲りたのでもう買わないと思っていたのですが、冷凍の豚バラ肉ブロック(スペイン産1kg1099円)が売られていたので好奇心で購入しました。
冷凍なら、急いで使わなくても良いので便利です。
半分に切られているので、500gずつ使えます。
500gというのは使いやすい量です。

gyoumubutabara.jpg

さっそく、500gを冷蔵庫で解凍しました。
250gだけ角煮にしようと思います。
1口大に切った後、ホットクックで下処理しました。

豚バラ 250g
A.生姜(薄切り)1かけ
A.ネギの青い部分 10cm
A.水 800cc

手動 蒸し物2 30分加熱
終了後、豚バラ肉をぬるま湯で洗います。
脂などアクは少なかったです。
余熱は20分でした。

slowtyasyu13.jpg

下処理が終わって、豚バラだけチャック付きビニール袋に入れて、冷蔵庫に保存しました。

にんにく(皮も剥かずそのまま) 1片
生姜(スライス) 1片
醤油 大さじ2.5
砂糖 大さじ2.5
酒 大さじ2.5
水 125cc
コンソメ 1/2個

スロークッカー強で1時間+弱で7時間加熱しました。

slowtyasyu14.jpg

最悪でした。噛み切りにくかったです。
肉の質の問題だと思います。

2023年2月2日 スロークッカーで豚の角煮

スペイン産の豚肉で失敗したので、再びメキシコ産の豚バラで作ってみました。
ラ・ムーで485g669円(100g138円)でした。
今回は半分だけ使いました。
ダイコン(2cm厚で4つ切り)も入れました。
加熱は強で1時間、弱で4時間、保温で2時間です。

スペイン産より格段に美味しかったです。
柔らかいけど、まだ柔らかくなる余地はあるのではないかと思いました。
合格だけど、満足するほどではないという感じです。

生姜もにんにくも食べました。美味しかったです。

次回は国産の豚で作ってみようと思います。

butakakuni6.jpg

2023年2月7日  スロークッカーで豚の角煮

薬のアオキで国産の豚バラ531g734円(100g138円)を購入しました。
消費期限が7月10日までというのが嬉しいです。
開店セールで特別に安かったのかもしれません。
200gだけ角煮にしました。

下処理をして、豚バラだけ冷蔵庫に保存しました。

にんにく(皮も剥かずそのまま) 1片
生姜(スライス) 1片
醤油 大さじ2.5
砂糖 大さじ2.5
酒 大さじ2.5
水 125cc
コンソメ 1/2個

スロークッカー強で1時間+弱で9時間加熱しました。

ほんのちょっとの箇所だけ硬い部分がありましたが、輸入豚と較べると明らかに美味しいです。
ただ、味は濃すぎでした。
加熱時間が長すぎだったのだと思います。加熱は4時間で十分だと思います。

豚の角煮はスロークッカーとの相性が悪いような気がします。

2023年8月26日 ホットクックで豚の角煮

業務スーパーの冷凍の豚バラ肉ブロック(スペイン産1kg1099円)を購入しました。
前回、業務スーパーの冷凍の豚バラ肉ブロックをスロークッカーで調理した時は噛み切りにく最悪の角煮になってしまいましたが、ホットクックなら柔らかく調理できるのではないかと思い再挑戦です。
冷凍なら、急いで使わなくても良いので便利なんです。
半分に切られているので、500gずつ使えます。
今回は冷凍のまま電動ノコギリで半分に切って250gにしました。
ネギが無かったので、入れないで下処理しました。

gyoumubutabara.jpg
gyoumubutabara2.jpg

冷凍豚バラ肉(かたまり) 250g
卵(ゆで卵) 2個
大根 100g 厚さ1cmに切る
A.生姜(薄切り)1/2かけ
A.水 400cc


B.酒 25cc
B.みりん 25cc
B.砂糖 大さじ1
B.しょうゆ 45cc
B.にんにくチューブ 2.5cm
B.生姜チューブ 2.5cm
B.水 130cc
B.はちみつ 小さじ1/2
B.黒砂糖 大さじ1/2

冷蔵庫で8時間解凍しました。

kakuni9.jpg

まずは、豚バラ肉(かたまり)の下処理です。
3つ(5cm角)に切った豚バラとAをホットクックの内鍋に入れます。
肉の油抜き(手動 蒸し物 30分)  予熱8分
をして、豚バラ肉をぬるま湯で洗います。

kakuni10.jpg

ゆで卵はホットクックで100cc水を入れて自動ゆで卵でスタートです。
15分で完成しました。
しばらく放置して、冷水に浸けて、殻を何か所もヒビを入れて、水の中で殻を剥くとうまく剥けます。

Bを混ぜておき、下処理の済んだ豚ばら肉とゆで卵、大根をホットクックの内鍋に入れる。

kakuni11.jpg

kakuni12.jpg

煮物 混ぜない 80分  余熱15分
他の容器に移し替えました。

kakuni13.jpg

冷蔵庫で保存して翌日見ると、脂は意外と少なかったです。

kakuni14.jpg

煮汁の脂をとって、ホットクックで温め直しして食べました。
15分程度かかりました。

kakuni15.jpg

豚肉は随分小さくなっていました。
しかも硬かったです。
やっぱりスペイン産の豚肉はダメです。
卵が一番美味しかったです。
大根は、もっと厚くても良さそうです。
黒砂糖は減らした方が美味しいと思います



2023年8月31日 クッキングプロで豚の角煮

業務スーパーの冷凍の豚バラ肉ブロック(スペイン産1kg1099円)を購入しました。
前回、業務スーパーの冷凍の豚バラ肉ブロックをスロークッカーやホットクックで調理した時は噛み切りにくかったり、硬かったりしたので、クッキングプロなら柔らかく調理できるのではないかと思い再挑戦です。
冷凍なら、急いで使わなくても良いので便利なんです。
半分に切られているので、500gずつ使えます。
今回は冷凍のまま電動ノコギリで半分に切って250gにしました。

gyoumubutabara.jpg
gyoumubutabara2.jpg

冷凍豚バラ肉(かたまり) 250g
卵(ゆで卵) 3個
大根 150g 厚さ2cmに切る
A.生姜(薄切り)1/2かけ
A.青ネギ 5cm
A.水 400cc
A.酒 20cc

B.酒 25cc
B.みりん 25cc
B.砂糖 大さじ1
B.しょうゆ 45cc
B.にんにくチューブ 2.5cm
B.生姜チューブ 2.5cm
B.水 130cc
B.はちみつ 小さじ1/2
B.黒砂糖 小さじ1

冷蔵庫で8時間解凍しました。

ゆで卵はクッキングプロで水をMIN(400cc)まで入れて、排気弁を閉じ 圧力調理(低圧力)3分です。
しばらく放置して、冷水に浸けて、殻を何か所もヒビを入れて、水の中で殻を剥くとうまく剥けます。
表示時間は43分でした。  30分後には終了していました。
水はほとんど減っていませんでした。

ゆで卵を使ったお湯を使って、豚バラ肉(かたまり)の下処理です。
4個(約5cm角)に切った豚バラとAをクッキングプロの内鍋に入れます。
肉の油抜き(クッキングプロで蓋を閉め、排気弁を閉じ 圧力調理(低圧力) 20分)
をして、豚バラ肉をぬるま湯で洗います。
表示時間は1時間でした。 45分には終了していました。

Bを混ぜておき、下処理の済んだ豚ばら肉とゆで卵と大根をクッキングプロの内鍋に入れる。

kakuni16.jpg

クッキングプロで蓋を閉め、排気弁を閉じ 圧力調理(高圧力)25分
表示時間は1時間5分でした。
予熱は15分程度 減圧も15分程度 全体で55分かかりました。

煮込みモードで、ときどき混ぜながら6分煮詰める

kakuni17.jpg

豚バラ肉は少し硬く感じた部分もあったけど、スロークッカーやホットクックより明らかに柔らかいです。
肉を柔らかく調理するには、クッキングプロが最強です。
豚肉はスペイン産は避けた方が良いです。

2023年11月12日 ホットクック低温調理で豚の角煮

業務スーパーの冷凍の豚バラ肉ブロック(スペイン産1kg1099円)を購入して、スロークッカー、クッキングプロの圧力調理、ホットクックの通常調理でも、硬くてパサパサで美味しく出来なかったので、ホットクックの低温調理で試してみました。

gyoumubutabara.jpg
gyoumubutabara2.jpg

豚バラ肉(かたまり) 224g
卵(ゆで卵) 2個
大根 100g

A.生姜(薄切り)1/2かけ
A.水 400cc

B.酒 25cc
B.みりん 25cc
B.砂糖 大さじ1
B.しょうゆ 45cc
B.にんにくチューブ 2.5cm
B.生姜チューブ 2.5cm
B.水 130cc
B.はちみつ 小さじ1/2
B.黒砂糖 大さじ1/2

まずは、豚バラ肉(かたまり)の下処理です。

5cm角に切った豚バラとAをKN-HW10Eの低温調理で70℃1時間加熱

kakuni21.jpg
kakuni22.jpg

アクをとって、豚バラ肉をぬるま湯で洗います。

kakuni23.jpg

Bを混ぜておき、下処理の済んだ豚ばら肉とゆで卵、大根をホットクックの内鍋に入れる。

kakuni24.jpg

KN-HW10Eの低温調理で70℃18時間

kakuni25.jpg

豚肉は、美味しかったです。
ほろほろと柔らかいというほどでは無かったのですが、今までの調理法の中では一番美味しかったです。
業務スーパーの冷凍の豚バラ肉ブロック(スペイン産)では、これが限界だと思います。
国産の豚バラだと、もっと美味しく出来ると思います。

大根は厚く切ったせいもあるけど少し硬かったです。でも美味しかったです。
卵は、とても美味しかったです。

少し余らせていたので、残りを電子レンジで温めて食べました。
電子レンジで温めると、卵の白身が硬くなりました。
豚肉も少し硬くなったような気がしました。
低温調理の場合、大根は薄く切った方が良いようです。

せっかく低温調理したものを、電子レンジで温めるのは愚の骨頂のようです。

2023年12月6日 ホットクック低温調理で豚の角煮

ラ・ムーでメキシコ産豚バラ287g450円(100g157円)が消費期限当日のため3割引き315円で売られていたのを購入しました。

豚バラ 150g
ゆで卵 3個
A.生姜(薄切り)1/2かけ
A.青ネギ 5cm
A.水 400cc
B.にんにくチューブ 1.5cm
B.生姜チューブ 1.5cm
B.醤油 27cc
B.みりん 15cc
B.酒 15cc
B.砂糖 大さじ3/5
B.水 80cc
B.はちみつ 小さじ1/3
B.黒砂糖 大さじ1/3

 1. 豚肉の両面をフォークで刺しておく
2. 5cm角に切った豚バラ(4個)を小麦粉でまぶし、全面軽く焼き、
    Aと一緒にKN-HW10Eの低温調理で80℃1時間加熱

kakuni26.jpg
kakuni27.jpg
kakuni28.jpg

3. アクをとって、豚バラ肉をぬるま湯で洗います。
    ほとんどアクは出ませんでした。
4. Bを混ぜておき、下処理の済んだ豚ばら肉とゆで卵を煮汁に3時間漬けておく。
5. KN-HW10Eの低温調理で80℃1時間加熱

kakuni29.jpg


柔らかい角煮ができましたが、ほろほろとまででは無かったです。
味の浸み込みも物足りなさを感じました。
ゆで卵の味の浸み込みも物足りないです。

80℃1時間追加で加熱しました。

kakuni30.jpg

かなり柔らかくなりました。
味も浸みて美味しかったです。

さらに80℃1時間追加で加熱しました。合計4時間になりました。
ますます柔らかくなった気がしますが、ほろほろとは根本的に違います。
味も浸みて美味しいです。

さらに80℃1時間追加で加熱しました。合計5時間になりました。
凄く柔らかくなりました。ほろほろに近いくらいの柔らかさです。
味も浸みて美味しいです。



2023年12月30日 クッキングプロで豚の角煮

おせち料理で豚角煮を作りました。
クスリのアオキで国産の豚バラ肉546g1108円(100g203円)と国産の豚肩ロース肉1564円(100g192円)を購入しました。
豚バラ肉と豚肩ロース肉は別に調理しました。

豚バラブロック 546g
豚肩ロース 118+697g

青ネギ 1本

★水 200cc
★醤油 75cc
★みりん 75cc
★酒 50cc
★砂糖 大さじ2
★にんにくチューブ 1.5cm
★生姜チューブ 1.5cm
★はちみつ 小さじ1
★黒砂糖 大さじ1

kakuni35A.jpg


1. 5cm角に切って、脂身の方から焼きます。全面を軽く焼きます
    軽く焼いておくと崩れないし、アクも出ません。

kakuni38A.jpg

2. クッキングプロの内鍋に豚肉が全部浸る程度750gに水を入れ青ネギも入れて加圧15分で調理します。
  水は捨て、豚肉をぬるま湯で洗います。
  50分程度かかります。

3. クッキングプロの内鍋に★を入れ、加圧15分で調理します。
  50分程度かかります。

最初に豚肩ロース肉で作りました。

kakuni39A.jpg
kakuni40A.jpg

次に、豚バラ肉で作りました。

kakuni41A.jpg
kakuni42A.jpg

煮汁はアクを除去して冷やし、浮いて固まった脂を除去して、肉と一緒にして保存する。

温める場合は低温調理80℃3分

とても柔らかくて美味しかったです。
個人的には豚バラ肉の方が好きです。
温めてすぐは超柔らかいですが、30分もすると冷えて、普通の柔らかさになります。
普通の柔らかさと言っても、かなり柔らかいです。

2023年12月30日 ホットクック低温調理で豚の角煮

おせち料理に豚角煮を作る事にしました。
クスリのアオキで国産の豚バラ肉350g710円(100g203円)、国産の豚肩ロース肉288円(100g192円)を購入しました。

豚バラ肉350g
豚肩ロース脂多め150g

A.生姜(薄切り)1/2かけ
A.青ネギ 5cm
A.水 400cc

B.にんにくチューブ 5cm
B.生姜チューブ 5cm
B.醤油 60cc
B.みりん 35cc
B.酒 35cc
B.砂糖 大さじ1.5
B.水 200cc
B.はちみつ 小さじ1
B.黒砂糖 大さじ1

1. 豚肉の両面をフォークを刺しておく。

豚バラ肉です。

kakuni32.jpg

豚肩ロース肉です。

kakuni33.jpg

2. 5cm角に切った豚バラを小麦粉でまぶし、全面軽く焼き、水400、青ネギ、生姜と一緒にKN-HW10Eの低温調理で80℃1時間加熱

kakuni34.jpg
kakuni36.jpg
kakuni37.jpg

3. アクをとって、豚肉をぬるま湯で洗います。

4. 調味料を混ぜておき、ひと煮して、下処理の済んだ豚肉を3時間以上冷蔵庫で漬けておく。

5. すべてをホットクックKN-HW10Eの内鍋に入れ、低温調理で80℃4時間加熱

kakuni43.jpg

6. 
冷やして浮いた固まった脂を除去してゼリー状の煮汁を溶かしてから肉と一緒に保存

kakuni44.jpg

美味しかったけど、柔らかいという意味ではクッキングプロの圧力調理の方が美味しいです。

2024年3月14日 ホットクック低温調理85℃8時間で豚角煮

ラ・ムーでメキシコ産牛バラ肉343g544円(3割引きで380円 100g111円)を購入し、その内165gを豚角煮を作りました。


メキシコ産 豚バラ肉 165g

青ネギ 1本
生姜 1かけ

★水 150cc
★醤油 50cc
★みりん 35cc
★酒 35cc
★砂糖 大さじ1.5
★にんにくチューブ 1.5cm
★生姜チューブ 1cm弱
★はちみつ 小さじ1/2
★黒砂糖 小さじ1.5

大根 厚さ2cmに切る

1. 5cm角に切って、脂身の方から焼きます。全面を軽く焼きます

kakuni45.jpg
kakuni46.jpg

2. ホットクックで豚バラが全部浸る程度に水を入れ青ネギ、生姜も入れて
   低温調理
(85度で20分)
  水は捨て、豚肉をぬるま湯で洗います。

3. ホットクックにお湯を入れ、チャック付きビニール袋に全部を入れ
   低温調理(85℃8時間)

kakuni47.jpg

柔らくて美味しく出来ましたが、クッキングプロと較べて特に優位性があるとは思えません。時間かけるだけ無駄なような気がします。
メキシコ産の豚肉でも十分美味しい角煮ができる事がわかっただけでも有意義でした。

冷蔵庫で1日置いて、85℃3分で加熱して食べたら格別に柔らかかったです。
醤油の量は減らした方が良さそうです。

参考
https://blog.wahei.co.jp/column/other/report-151/

2024年7月6日

業務スーパーでメキシコ産豚バラブロック386g526円(100g136円 消費期限が翌日なので2割引きでした。本来は 100g170円)を購入しました。
そのうち230gを豚角煮にしました。
今回はすき焼きのタレを使いました。

豚バラブロック 230g
青ネギ 10cm

★にんにくチューブ 3cm
★生姜チューブ 2cm
★ヤマサすき焼のたれ 80cc
★紹興酒 80cc


1. 2.5cm厚(5cm×5cm)に切って、脂身の方から焼きます。

kakuni48.jpg

  全面を軽く焼きます
  4等分になりました。

kakuni49.jpg

  軽く焼いておくと崩れないし、アクも出ません。

2. クッキングプロの内鍋に豚肉が全部浸る程度750gに水を入れ青ネギも入れて
  加圧15分で加熱します。
  水は捨て、豚肉をぬるま湯で洗います。
  50分程度かかります。

3. クッキングプロの内鍋に★を入れ、加圧15分で調理します。
  最初半分の115gだけを調理しました。
  50分程度かかります。

kakuni50.jpg

豚肉は柔らかかったです。
大きさも、ちょうど良かったです。
味の濃さは、ちょうど良かったですが、甘さが足りませんでした。

次に残った煮汁の80ccに水80ccを加えて
  残り115gを調理しました。

kakuni51.jpg

水を加えて煮汁を薄めても、味付けに、それほどの差は無かったです。
やっぱり、甘さを加えた方が良いと思いました。

2024年7月16日

ラ・ムーでブラジル産豚バラブロック475g563円(100g119円)を購入しました。
ブラジル産の豚バラ肉って初めてなので興味を持ったのです。

6つに切りました。5cm角程度

豚バラ肉2個(150g)を
★にんにくチューブ 1.5cm
★ヤマサすき焼のたれ 80cc
★砂糖 小さじ1
で調理しました。
トマトの薄切り50gも入れました。

kakuni52.jpg
トマトは過熱しすぎてびちゃびちゃになりました。
ブラジル産の豚肉でも、それなりに柔らかく調理できました。

2024年7月17日

前回の残った煮汁に、紹興酒を50ccと水50ccとすき焼きのタレ20ccと砂糖大さじ1を加え、豚肉を厚さを半分に切って調理しました。

kakuni53.jpg

凄く柔らかく出来ました。厚さを半分に切ったのが良かったようです。
ブラジル産の豚肉は使えます。また購入しようと思います。
味は薄かったです。甘さはちょうどでした。
次回は醤油を加えようと思います。

2024年7月18日

前回の残った煮汁に、醤油を大さじ1加えて調理しました。
味はちょうど良かったです。

kakuni54.jpg

2024年7月19日

残った煮汁に、残った豚バラ肉3切れ(下処理済)、こんにゃく1個(12等分に切って下処理)、うずら卵水煮6個で、クッキングプロで、加圧15分で調理しました。

豚バラ肉もこんにゃくも、うずらの卵も美味しかったです。
味は濃いめに感じました。

kakuni55.jpg

2024年7月20日

残った豚の角煮の半分を ホットクック・・・煮物・・・3分で温めました。
豚バラ肉は少しカスカス感が出てきました。
味はますます濃くなりました

2024年7月21日

残った豚の角煮を ホットクック85℃5分で加熱して食べました。
美味しく食べられました。

沖縄風豚角煮ごはん

沖縄風豚角煮ごはん 4人用

テレビで無印良品の「炊き込みごはんの素 鶏照焼きと5種きのこのごはん」が美味しいと言っていたので買いに行ったら、テレビ放送の影響で売切れていました。
その時に、沖縄風角煮ごはんが目についたので買ってみました。

kakunigohan1.jpg

お米4合分
沖縄風角煮ごはん2袋

最初はお米が全部浸るくらいに水を入れ、手で軽くお米を2〜3回転させ(約10秒)たら、素早く水を全部捨てます。

2回目からは、ほとんど水の無い状態で、一定のスピードで同じ方向に20回ほど、お米の摩擦を利用しながらシャカシャカとかき回す。

水を入れ、底を混ぜてから白く濁った水を捨てる。

「水の取り替え」は2回ぐらい行い、合計3回(2,3,4回目)程度研ぐ

炊飯釜でお米を研いで、20分ほど浸水させておく(水加減は少なめで)

4合分の水と米と具材2袋を入れて軽くかき混ぜる

炊きあがったら「シークワーサーソース」を入れて混ぜます。

kakunigohan2.jpg
kakunigohan3.jpg

豚角煮の存在感が無く、インパクトが全く無かったです。
不味くはないけど、リピートはあり得ません

トマトときゅうりの中華風サラダ

トマトときゅうりの中華風サラダ 4人分

トマト 2個(300~400g)
きゅうり 1本(100g)
乾燥海藻(わかめ) 10g
がごめ昆布(細かく切る) 少々

ポン酢しょうゆ 大さじ4
ごま油 大さじ2
おろしにんにく 少々
白いりごま 小さじ4
塩 少々

1 海藻ミックスは水で戻し、水気を切る。トマトは角切りにする。きゅうりは細切りにする。

きゅうりの細切り
 3cmくらいで切る
 1mm厚くらいで切る
 少しずらして重ねて約1mm間隔で切る

tyuukasarada1.jpg

2 ボウルにトマト、きゅうり、水切りした乾燥海藻を入れる。

3 ポン酢しょうゆ、ごま油、おろしにんにく、白いりごま、塩を入れてあえる。

tyuukasarada2.jpg

とても美味しかったです。
乾燥海藻は、量を減らしても良さそうです。

ミートドリア

ミートドリア 2人分

あたたかいごはん お茶碗2杯(300g)
ピザ用チーズ 適量
パセリ 少々

ミートソース
合挽き肉 150g
玉ねぎ 1/2個
にんじん 1/3本
おろしにんにく 小さじ1
カットトマト缶 1/2缶
ウスターソース 小さじ2
コンソメ 小さじ1
砂糖 小さじ1
塩 小さじ1/3
黒こしょう 少々

ホワイトソース
有塩バター 20g
薄力粉 20g
牛乳 150cc
塩こしょう 少々
コンソメ 小さじ1弱

1 玉ねぎ、にんじんはみじん切りにする。
2 耐熱容器にミートソースの材料を入れる。
3 混ぜて、ふんわりとラップをし600Wのレンジで4分加熱する。一度取り出して混ぜ、600Wのレンジで4分加熱する。
4 フライパンにバターを入れて弱火で熱し、バターが溶けたら薄力粉を入れてよく混ぜる(1〜2分程度)。
5 牛乳とコンソメを入れて、混ぜながらとろみをつける。 火を止めて、塩こしょうを入れて味を整える。
6 耐熱容器にごはんを盛り付け、ミートソース、ホワイトソース、ピザ用チーズをのせ、電子レンジで加熱。
  (角皿下段 オートメニュー グラタン 電子レンジの機種 東芝ER-RD7)
   15分で終わります。
    手動の場合は250℃のオーブンで13~14分
7 乾燥パセリをかけます。

参考
https://delishkitchen.tv/recipes/154257535258329491

2024年6月13日

ひき肉がたくさん余っていたので、ミートソースは多めに作って余った分は冷凍保存することにしました。
御飯は多めで作りました。。

ミートドリア 1人分

あたたかいごはん お茶碗1杯(175g)
バター 10g
塩コショウ 少々

ピザ用チーズ 15g

ミートソース
合挽き肉 1人分75g      今回200g
玉ねぎ 1人分1/4個(50g) 今回130g
にんじん 1人分1/6本(25g) 今回60g
チューブにんにく 1人分2cm  今回5cm
カットトマト缶 1人分1/4缶  今回3/4缶
ウスターソース 1人分小さじ1  今回大さじ1弱
コンソメ 1人分小さじ1/2(キューブ1/4個) 今回はキューブ3/4個
砂糖 1人分小さじ1/2  今回は小さじ1強
塩 1人分小さじ1/6  今回は小さじ1/2弱
黒こしょう 少々

ミートソースの余ったのは冷凍
余ったトマト缶は冷凍

ホワイトソース
有塩バター 10g
薄力粉 10g
牛乳 75cc
塩こしょう 少々
コンソメ 小さじ1/2(キューブ1/4個)


1 玉ねぎ、にんじんはフードプロセッサーでみじん切りにする。

meatdoria1.jpg
meatdoria2.jpg

2 ミートソースの材料を全部混ぜて、ホットクック 自動混ぜる ミートソース(35分程度)
  終了後5分煮詰める

meatdoria3.jpg
meatdoria4.jpg

3 フライパンにバターを入れて弱火で熱し、バターが溶けたら薄力粉を入れてよく混ぜる  (1分から2分)
     牛乳とコンソメを入れて、混ぜながらとろみをつける。
   火を止めて、塩こしょうを入れて味を整える。

meatdoria5.jpg

4 耐熱容器にごはんを盛り付け、バターと塩コショウを加えて混ぜる。
  ミートソース、ホワイトソース、ピザ用チーズをのせ
  電子レンジ(角皿下段 オートメニュー グラタン  東芝ER-RD7)で加熱。  
  15分程度で終了しました。
  手動の場合は250℃のオーブンで13~14分

meatdoria6.jpg
meatdoria7.jpg
meatdoria8.jpg


御飯がバターの味が効いていて、とても美味しかったです。
御飯を多めにしたので、ホワイトソースも多めにした方が良かったです。


2024年7月7日

前回に作ったミートソースを使って、前回に気づいた事を基にミートドリアを作りました。

ミートソースドリア風 1人前

ごはん (温かいもの) 200g
有塩バター 15g
コンソメ顆粒 小さじ1(1/2個)

ミートソース 160g
ピザ用チーズ 50g

ホワイトソース
有塩バター 15g
薄力粉 15g
牛乳 150cc
コンソメ 小さじ1 キューブ1/2個   

1. 温かいごはんに有塩バターとコンソメ顆粒を加え、よく混ぜ合わせます。

2. フライパンにバターを入れて弱火で熱し、
  バターが溶けたら薄力粉を入れてよく混ぜる  (1分から2分)
  牛乳とコンソメを入れて、混ぜながらとろみをつける。

meatdoria9.jpg

3. 耐熱皿に1をのせ、ミートソースをかけ、2のホワイトソースをかける。

meatdoria10.jpg
meatdoria11.jpg
meatdoria12.jpg

4. ピザ用チーズをかけ、250℃13分、チーズが溶けるまで焼きます。
   予熱は15分程度かかります。

meatdoria13.jpg

meatdoria14.jpg

とても美味しく出来ました。
満足です。

 

魯肉飯

魯肉飯 4人分

豚バラ肉(塊) 500g
玉ねぎ 薄切り1個

下味
・しょうゆ...小さじ2
・紹興酒...小さじ2 

下茹で
・にんにくチューブ 3cm
・生姜チューブ 3cm
・青ネギ 10cm
・水 700cc

温泉卵 4個
かいわれ大根(あれば) ちょっと

調味料
・紹興酒 50cc
・ゆで汁  100cc
・醤油 大さじ4
・黒砂糖 大さじ1
・砂糖 大さじ2
・オイスターソース 大さじ1/2
五香粉 小さじ1 
・八角 1個

サラダ油 適量

あたたかいご飯 4人分

1. 豚肉を1.5cm幅の拍子木切りにする

2. 豚肉にしょうゆと紹興酒をもみ込む

3. 中火で熱したフライパンにサラダ油を引き、豚肉を強火で炒める。
  一面ずつ焼いていく感じで、あまり触らないで表面がカリカリになるまで焼く
  豚肉は外に出しておく。

4. フライパンに水を入れて、フライパンについた肉の旨みをヘラなどでぬぐうようにして水に溶かす。
  それをクッキングプロに入れて合計700gの水と豚肉、にんにくチューブ、   
  生姜チューブで クッキングプロ 加圧15分
  煮汁はあくをとってスープやタレとして使う

5. 玉ねぎ、炒めた豚肉、下味の調味料、残りの調味料、ゆで卵、八角をクッキングプロの内鍋に入れる
  加圧調理15分

参考
https://mi-journey.jp/foodie/87630/

2024年7月6日

業務スーパーでメキシコ産豚バラブロック386g526円(100g136 消費期限が翌日なので2割引きでした。本来は 100g170円)を購入しました。

rurohan1.jpg

魯肉飯では150g使いました。

今回は、手抜きしてすき焼きのタレを使いました。

1人用
豚バラ肉(塊) 150g
玉ねぎ 薄切り1/4個

青ネギ 5cm程度

温泉卵 1個

調味料

・すき焼きのタレ 25㏄
・紹興酒 25cc
・五香粉 小さじ1/2
・にんにくチューブ 1cm
・しょうがチューブ 1cm

あたたかいご飯 1人分

1. 豚肉半分を1.5cm幅の拍子木切り、残り1cm厚にする

rurohan2.jpg

2. 豚肉の全体を1面ずつ軽く焼き目が付き程度に焼く

rurohan3.jpg

3. 豚肉と水750cc、青ネギもクッキングプロの内鍋に入れ、
   加圧15分で調理します(50分程度かかる)。

   煮汁は捨て、豚肉をぬるま湯で洗います。

4. 玉ねぎ、豚肉、調味料をクッキングプロの内鍋に入れる

rurohan4.jpg

   加圧調理15分

5. 温かいご飯に、4と温泉卵を乗せる

rurohan5.jpg

豚肉が柔らかくて、ちゃんと魯肉飯の味になっていました。
煮汁を少し残したのですが、全部入れた方が良かったです。
豚肉の味が薄めで物足りなかったです。
タマネギは、少し厚めに切った方が美味しいし、タマネギの量を増やしたほうが良さそうです。

次回は、すき焼きのタレを40cc、紹興酒20ccで調理しようと思います。

ホットクックで もつ煮込み

2022年4月14日

シャープのヘルシオ ホットクック KN-HT99Aで、前回、豚肉の角煮、牛すじ煮込みを作ったのですが、今度はもつ煮込みを作ってみることにしました。

ラムーで
豚白モツ(国産解凍品) 226g 単価98円 221円
赤味噌 500g 215円
こんにゃく(唐辛子入り)250g 40円
近くのスーパーで
うずら卵の水煮 7個入り 105円
かつおだしの素 4g×25袋 198円
を購入してきました。

motuni1.jpg

材料(4人分)

<A>
・豚モツ 226g
・水 800ml
・ネギの青い部分 1本
・生姜 薄切り5枚
・料理酒 50cc
以上で下処理

<B>
・大根 1/3
・こんにゃく 1/3
・うずら卵水煮
・おろしにんにく 小さじ1/2
・おろし生姜 小さじ1/2
・赤味噌 大さじ2杯
・白味噌 大さじ1杯
・料理酒 大さじ1杯
・醤油 大さじ1杯
・みりん 大さじ2杯
・顆粒かつお出汁 5g

総重量 600g
適正塩分(0.6%) 3.6g
使用塩分 9g


豚白モツの白い部分を手で除去しました。
白い部分は、かなりありました。

念のため、鍋の中にモツを入れて、水を沸かして1分ほど沸騰させました。
たいしてアクが出なかったので、次回からは省きます。

・豚白モツ 226g
・水 800ml
・ネギの青い部分
・生姜 薄切り5枚
・日本酒 50cc
をホットクックの手動の蒸し物2で30分加熱しました。

motuni2.jpg

それほどアクは出ていませんでした。

motuni3.jpg

豚モツをぬるま湯で洗い、ホットクックの内鍋を洗いました。

こんにゃく(1/3程度)は、スプーンで小さめのひと口大にちぎって、塩をふって軽くもみ、2分程度沸騰したお湯で湯通ししました。
大根はピーラーで皮を厚めに剥いて、1cm厚さに切って、蝶切りにしました。

ホットクックにまぜ技ユニットを付け

・おろしにんにく(生) 小さじ1/2
・おろし生姜(生) 小さじ1/2
・赤味噌 大さじ2杯
・合わせ味噌 大さじ1杯
・日本酒 大さじ1杯
・醤油 大さじ1杯
・みりん 大さじ2杯
・顆粒かつお出汁 4g
・水 10cc
と豚モツと、大根と、こんにゃくと、うずらの水煮7個をホットクックの内鍋に入れ、
「豚バラ大根」のレシピ(自動 煮物1-20)を選んでスタートしました。
調理時間は15分でした。

motuni4.jpg

ちょっと食べてみましたが、塩っぱかったです。
赤味噌が多めなのから考えるに、名古屋系の味付けなのかもしれません。

200ccの水を加えて、「豚バラ大根」のレシピ(自動 煮物1-20)を選んで加熱しました。
翌日に「あたため直し」機能を使用して食べてみましたが、塩っぱいのは変わりません。

motuni5.jpg

再び200ccの水を加えて、「あたため直し」機能を使用して食べてみましたが、やっと食べられるようになりました。
もう絶望的と思われるくらい塩っぽかった大根も、塩気がとれてマシになりました。
でも赤味噌の味の強さは馴染めません。

総重量 1000g
適正塩分(0.6%) 6g
使用塩分 9g

motuni6.jpg

参考
https://news.infoseek.co.jp/article/goodspress_292012/

次回は水の量を400ccに増やして、赤味噌を減らして白味噌を増やし、煮込み時間も増やそうと思います。大根も少し厚めに切ろうと思います。
モツは牛肉を使おうと思っています。脂身の多い小腸(まるちょう)と、歯ごたえのある大腸(しまちょう)を混ぜると良いようです。

味噌は長時間煮込むと味が飛ぶらしいので、煮込む時に合わせ味噌を大さじ2杯入れて、一度冷やして温めなおしをする時に残り大さじ1/2杯を加えようと思います。

2022年4月21日

ホルモンを購入するのに、かなり苦労しました。
牛ホルモン(シマ腸)、牛ホルモン(小腸)、豚白もつを販売しているスーパー自体が、かなり少ないです。

アルプラザ金沢でメキシコ・豪産牛ホルモン(小腸)を見つけました。
福井県あわら市の福田商店が生産のメキシコ・豪産牛ホルモン(小腸) 200g 単価215円 429円
です。

motuni24.jpg

国産牛の小腸も売られていましたが、100g432円もします。

米国産牛ホルモン(シマ腸) 157g 単価148円  232円
うずらの水煮 7個 98円
を購入してきました。


材料(4人分)

・牛ホルモン(シマ腸) 157g
・牛ホルモン(小腸) 200g 
・水 800cc
・ネギの青い部分  1本分
・生姜 薄切り 5枚
・日本酒 50cc

・うずらの水煮
・大根 3cm
・こんにゃく 1/3程度
 
・おろしにんにくチューブ 小さじ1/2
・おろし生姜 小さじ1/2
・合わせ味噌 大さじ1杯半
・白味噌 大さじ1杯
・赤味噌 小さじ1杯弱
・はちみつ 小さじ1杯
・日本酒 大さじ1杯
・醤油 大さじ1杯
・みりん 大さじ2杯
・顆粒かつお出汁 4g
・ゴマ油 少々

ホルモンは水洗いして、米国産牛ホルモン(シマ腸)は白い脂の部分を除去し、メキシコ産と豪産の牛ホルモン(小腸)の脂の部分は残しました。
鍋でホルモン2種と水800ccを入れて1分間沸騰させ、水を捨て、ホルモンを洗いました。
随分小さくなったような気がします。

motuni7.jpg

ホルモンは食べやすい大きさに切りました。

・水 800ml
・ネギの青い部分
・生姜 薄切り5枚
・日本酒 50cc
とホルモンをホットクックの手動の蒸し物2で30分加熱して下処理しました。
それほどアクは出ていませんでした。

出汁は残して、ホルモンは洗いました。
ネギは捨てて、生姜は残しました。
ホットクックの内鍋も洗いました。

こんにゃく(1/3程度)は、スプーンで小さめのひと口大にちぎって、塩をふって軽くもみ、2分程度沸騰したお湯で湯通ししました。
大根はピーラーで皮を厚めに剥いて、1cm厚さに切って、蝶切りにしました。

・おろしにんにくチューブ 小さじ1/2
・おろし生姜 小さじ1/2
・合わせ味噌 大さじ1杯半
・白味噌 大さじ1杯
・日本酒 大さじ1杯
・醤油 大さじ1杯
・みりん 大さじ2杯
・顆粒かつお出汁 4g
・残った出汁 400cc

総重量 1128g
適正塩分(0.6%) 6.77g
使用塩分 7.67g

を加えてホットクックにまぜ技ユニットを付け 
手動 煮物1-1 40分 で加熱しました。
残った出汁を樹脂の計量カップに入れたら、油まみれになって洗うのは大変でした。

味見したら、物足りなさを感じたので、
・赤味噌 小さじ1杯弱
を入れました。

適正塩分(0.6%) 6.77g
使用塩分 8.2g

ちょっと塩っぱくなったので
・残りの出汁
を足して調整しました。
甘味があったほうが良いと思い
・はちみつ 小さじ1杯
を加えました。
もうちょっとコクが欲しかったので、ゴマ油を少し加えました。

motuni10.jpg

残った出汁を冷やすと、脂がいっぱい分離しました。
やっぱり、白い脂は、出来るだけ除去しておいた方が良さそうです。

motuni8.jpg

翌日にホットクックで温めなおしをして、最後に刻み葱と七味をかけて食べました。
葱を刻むのは100円ショップで購入したマルチスライサーを使いました。

motuni9.jpg

ホルモンは柔らかくて美味しかったけど、味噌は、もうちょっと薄味でも良いかなと思ったし、生姜味も控えめにした方が良いかなと思いました。
赤味噌は、どうも馴染めないようです。
味噌は白味噌ベースにしたほうが好きかもしれません。
ホルモンはゴマ油で炒めてから使った方が良いかもしれません。

2022年5月1日

今回は業務スーパーの「国産豚ミックスホルモン」で、もつ煮込みを作ってみることにしました。
「国産豚ミックスホルモン」にはシロモツとハツの2種類が入っていて、1kgで732円でした。
捨ててしまう脂が少ないので、スーパーで購入するより、かなり安いです。
下処理がしてあるという事なので使いやすそうです。

motuni19.jpg


材料(4人分)

・国産豚ミックスホルモン 500g
・水 800ml
・ネギの青い部分
・生姜 薄切り5枚
・料理酒 50cc

・ゴマ油 少々
・ニンニクチューブ 小さじ1/2

・こんにゃく 1/3
・大根 3cm
・水 400cc
・うずら水煮 4個(お好みの量)

・生姜のすりおろし 少々
・白だし 大さじ1
・粉末だし 4g
・白みそ 大さじ4
・日本酒 100ml
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・はちみつ 大さじ1
・赤味噌 小さじ1

・糸唐辛子


1度に1kgは食べきれないし作れないので、半分ずつ使えるといいなあと思ったのですが、冷凍のままで半分に切るのは難しいようです。
冷蔵庫に移して9時間ほど待つと、ほぼ冷凍状態のままで手で割れるくらいになりました。
残りは再冷凍しました。

motuni20.jpg

冷蔵庫で、そのまま解凍してみましたが、放置しておくと24時間たっても解凍が完了しません。途中でほぐすなど手間をかけたほうが良いようです。
30時間たっても、まだ解凍しきれていませんでしたが、下処理もする事なので、調理する事にしました。

motuni11.jpg

煮込みの場合は、これほど丁寧な解凍は必要無いかもしれません。
大きめのモツも混ざっていたので小さめに切りました。

下処理不要ということですが、ネットで調べると、下処理をしないと臭みが残るという事なので、
・水 800ml
・ネギの青い部分
・生姜 薄切り5枚
・日本酒 50cc
・豚ホルモン500g

ホットクック 手動 蒸し物2 30分 加熱
して下処理しました。
残った水とネギは捨てました。
ほとんどアクは出ませんでした。

motuni12.jpg

motuni13.jpg

こんにゃく(1/3程度)は、スプーンで小さめのひと口大にちぎって、塩をふって軽くもみ、2分程度沸騰したお湯で湯通ししました。
大根はピーラーで皮を厚めに剥いて、1cm厚さに切って、蝶切りにしました。


下処理が終わってから、フライパンに
・ゴマ油(フライパンに軽くひく程度)
・ニンニクチューブ 小さじ1/2
をひいてホルモンを炒め
・こんにゃく  1/3
・大根(皮をむいて、小さく切ったもの) 3cm
を加えて軽く炒めました。
・水を400cc
を加えてから、ひと煮してホットクックの内鍋に入れました。

motuni14.jpg

残りの材料(残った生姜も含めて)と調味料
・うずら水煮 5個(お好みの量)
・生姜のすりおろし 少々
・白だし 大さじ1
・粉末だし 4g
・白みそ 大さじ4
・日本酒 100ml
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・はちみつ 大さじ1
をホットクックの内鍋に加えました。
味見をしてみましたが、ちょっと甘すぎのような気がしました。
・赤味噌を小さじ1
を加えました。なんとなく味が整ったように感じます。

総重量 1364g
適正塩分(0.6%) 8.18g
使用塩分 7.56g

ホットクックにまぜ技ユニットを付け 手動 煮物1-1 40分で加熱しました。

motuni18.jpg

翌日まで冷蔵庫でそのまま寝かしました。

常温に戻してから温めなおしをすると40分以内に完了していました。

盛り付け時に、生姜スライスを除去し、
・糸唐辛子
を乗せました。

motuni21.jpg

実際に食べてみましたが、少し甘めでしたが、美味しかったです。
もつ煮込みでは、この系統の味が好みです。
次回は砂糖の量を少し減らそうと思います。
量は意外とボリュームがあり、4人分としては少し多めに感じました。
今回は「国産豚ミックスホルモン」の半分を使いましたが、1/3でもいいかなと思いました。

少量を温めなおすには、冷凍なら湯煎で20分。それ以外だと湯煎10分で良いようです。

りんごの皮ごとすりおろし大さじ2を入れるのも良いようです。

2022年10月15日

小分けして冷凍しておいた豚ホルモンで、もつ煮込みを作りました。
冷蔵庫で、途中でほぐすなどしながら、解凍します。手間をかけたほうが早く解凍できます。
家にあるものだけ使って調理しました。
ゆで卵は、角煮を作る時に一緒に入れて、煮卵(味玉)にしてから使いました。

・水 800ml
・ネギの青い部分
・生姜 薄切り5枚
・日本酒 50cc
・国産豚ミックスホルモン 330g

ホットクック 手動 蒸し物2 30分 加熱
して下処理する。


下処理が終わってから、フライパンに
・ゴマ油(フライパンに軽くひく程度)
・ニンニクすりおろし  小さじ1/2
をひいて加熱し、ニンニクの香りがしてきたら、豚ホルモン(下処理済み)を炒める。
ホットクックの内鍋にフライパンの中身と
・煮卵(味玉) 3個
・大根(皮をむいて、小さく切ったもの) 3cm 100g
・水 250cc
・生姜チューブ 3cm
・かつおだし 4g
・白みそ 大さじ2
・赤味噌 小さじ1
・日本酒 50ml
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1
・はちみつ 小さじ1
・ごま油 少々
を入れます。

ホットクックにまぜ技ユニットを付け 手動 煮物1-1 40分で加熱しました。

・糸唐辛子
を添えて食べました。

motuni23.jpg

とても美味しかったです。
煮卵(味玉)は、もつ煮に合います。最高です。
電子レンジで温める場合は、ラップは必須です。かなり破裂して飛びます。

柚子味噌をつけて食べたら、最高に美味しかったです。
柚子味噌は汁に加えると汁自体が美味しくなるし、柚子味噌を小皿に入れて、もつをつけて食べても最高です。

2022年12月17日

今回は最初から柚子味噌をいれました

   水 800ml
   ネギの青い部分
   生姜 薄切り5枚
   日本酒 50cc
   国産豚ミックスホルモン 330g
1. ホットクック 手動 蒸し物2 30分 加熱 して下処理する。
2. 下処理が終わってから、フライパンに
   ゴマ油(フライパンに軽くひく程度)
   ニンニクすりおろし  小さじ1/2
  をひいて加熱し、ニンニクの香りがしたら、豚ホルモン(下処理済み)を炒める
3. ホットクックの内鍋にフライパンの中身と
   うずら煮卵(味玉) 4個
   大根(皮をむいて、小さく切ったもの) 3cm 100g
   水 250cc
   生姜チューブ 3cm
   かつおだし 4g
   ゆず味噌 小さじ1
   白みそ 大さじ2弱
   赤味噌 小さじ1
   日本酒 50ml
   みりん 大さじ1
   砂糖 小さじ1
   はちみつ 小さじ1
   ごま油 少々
  を入れます。
4. ホットクックにまぜ技ユニットを付け 手動 煮物1-1 40分で加熱。
    柚子味噌を小皿に入れて、もつをつけて食べても最高です
    ホットクックで温め

とても美味しく出来ました。

2022年12月20日

国産豚ミックスホルモンを冷蔵解凍しないでホットクックで解凍して下処理無しで調理する事にしました。
ラ・ムーでうずら煮卵(味玉)6個入り98円を購入しました。

ajiuzura.jpg

・水 300ml
・国産豚ミックスホルモン 330g
でホットクック 手動 煮物 混ぜない 3分 
予熱17分程でした。

ゴマ油(フライパンに軽くひく程度)
ニンニクすりおろし  小さじ1/2
をフライパンで加熱して、水を切ったホルモンを炒めます。

ホットクックの内鍋に
   炒めたホルモン
   うずら煮卵(味玉) 6個
   大根(皮をむいて、小さく切ったもの) 3cm 150g
   水 250cc
   生姜チューブ 3cm
   かつおだし 4g
   ゆず味噌 小さじ1
   白みそ 大さじ2弱
   赤味噌 小さじ1弱
   日本酒 50ml
   みりん 大さじ1
   砂糖 小さじ1
   はちみつ 小さじ1
   ごま油 少々
  を入れ、ホットクックにまぜ技ユニットを付け 

     手動 煮物1-1 40分で加熱。
   予熱15分でした

臭みは全く感じなく美味しかったのですが、少し固めでした。
加熱時間は、もっと長くした方がよいかもしれません。

うずら煮卵(味玉)は、とても美味しかったです。

motuni25.jpg
motuni26.jpg

2024年6月16日

業務スーパーの「国産豚ミックスホルモン」で名古屋名物ホルモンのどて煮を作ってみました。

「国産豚ミックスホルモン」の全量を水とネギで下処理しました。
   ホットクック 手動 煮物 混ぜない 3分 
   予熱17分でした。
そのうち100gだけ使いました。残りは冷凍しました。

国産豚ミックスホルモン(下処理済み) 100g
ネギ(小口切り) 少々
糸唐辛子 好みの量 

A. こんにゃく(スプーンで1口大に切る) 60g
A. 水 100cc
A. 赤味噌 大さじ1
A. お酒 大さじ1
A. みりん 大さじ1
A. 砂糖 小さじ1
A. にんにくチューブ 2cm
A. オイスターソース
A. かつおだし 1g強

1. ホットクックの内鍋に下処理したホルモンとAを入れます。
  ホットクックにまぜ技ユニットを付け 
   手動 煮物1-1 50分で加熱。
   予熱15分
   5分程度煮詰める

motuni27.jpg

2. ねぎと唐辛子を好みでかける

motuni28.jpg

唐辛子は、かなりたっぷりかけても大丈夫のようです。

美味しかったです。

次回は生姜チューブを加えようと思います。  

参考
https://cookpad.com/recipe/6754222


2024年6月30日

国産豚ミックスホルモンを下処理して冷凍にしたものが残っていたので、柚子風味のもつ煮込みを作りました。
ラ・ムーでうずら煮卵(味玉)6個入り98円を購入しました。

国産豚ミックスホルモン(下処理済み) 200g
にんにく すりおろし 1片
唐辛子 好みの量  トッピング
ゆず味噌 好みの量 トッピング

A. うずら煮卵(味玉) 6個
A. 大根(皮をむいて、小さく切ったもの) 6cm 200g
A. 水 200cc
A. 生姜チューブ 3cm
A. にんにくチューブ 1.5cm
A. かつおだし 4g
A. ゆず味噌 小さじ2
A. 白みそ 大さじ2
A. 日本酒 40ml
A. みりん 大さじ1
A. 砂糖 小さじ1
A. はちみつ 小さじ1
A. ごま油 少々

1. フライパンに
   ゴマ油(フライパンに軽くひく程度)
   ニンニクすりおろし 
  をひいて加熱し、ニンニクの香りがしたら、水を切った豚ホルモンを炒める

motuni29.jpg

3. ホットクックの内鍋にフライパンの中身とAを入れます。

motuni30.jpg
motuni31.jpg

4. ホットクックにまぜ技ユニットを付け 
   手動 煮物1-1 50分で加熱。   (予熱15分)

motuni32.jpg

柚子味噌を小皿に入れて、添えておく。
好みで唐辛子をかける

motuni33.jpg

とても美味しく出来ました。
もつ煮込みは、このレシピで決定です。

ハムカツ

ハムカツ 1個

ハム 2枚
小麦粉
パン粉
サラダ油

バッター液
 ・溶き卵 1/8個分
 ・牛乳 小さじ2
 ・小麦粉 小さじ2
 ・マヨネーズ 小さじ1弱
 ・こしょう 少々

1. ハムは2枚重ねて1組にし、小麦粉を薄くまぶす。バッター液の材料をボウルに入れてよく混ぜ、ハムを1組ずつからめる。

hamkat1.jpg
hamkat2.jpg

2. バットにパン粉1カップを入れ、1を入れてまぶし、パン粉をしっかり手で押さえてつける。冷蔵庫で10分ほど休ませる。

hamkat3.jpg

3. フライパンに約1cm深さの油を入れて熱し、弱めの中火(170℃程度)にして2を入れて約2分、きつね色になるまで揚げ焼きにする。
裏返してさらに約2分揚げ焼きにし、全体がきつね色になったら取り出し、油をきる。

hamkat4.jpg

バッター液は余りました。

ウスターソースで食べました。
ハムが薄すぎたのか、あまり美味しくなかったです。
ハムをそのまま食べた方が美味しいです。

よだれ豆腐

よだれ豆腐  1人分

絹豆腐 1/2丁(150g)
長ねぎ 7cm(20g)
☆たれ
砂糖 小さじ1/2
酢 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2
チューブしょうが 1cm
チューブにんにく 1cm
豆板醤 小さじ1/4
ラー油 小さじ1/2
白いりごま 小さじ1弱

豆腐を1cm厚に切ってたれをかける

yodaretouhu.jpg

美味しかったけど、わざわざ作って食べるほどでは無いかなと思いました。

参考
https://delishkitchen.tv/recipes/469962004883309697

ディアボラ風チキンソテー

サイゼリアで食べたディアポラ風チキンソテーが美味しかったので、自分で作ってみました。

ラ・ムーでブラジル産若鶏もも肉2枚(483g354円 100g73円)を購入して1枚だけ使いました。


ディアボラ風チキンソテー 1人分


チキンソテー 鶏もも肉  1枚(240g)
塩 (下味用) 小さじ1/6
こしょう (下味用) 小さじ1/6
小麦粉 少々
オリーブオイル 大さじ1/2

玉ねぎ 50g
ニンニク 1/2片
一味唐辛子 小さじ1/4
オリーブオイル 大さじ1/2

乾燥パセリ 1g


ソース
しょうゆ 大さじ3/4
料理酒 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
水 大さじ1/2


1. 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにします。

2. 中火に熱したフライパンにオリーブオイルをひき、1、一味唐辛子を入れ、しんなりするまで炒め、火から下ろします。

chikinsteak6.jpg

3. 鶏もも肉の皮目を下にして置き、2cm幅に切れ目を入れ、両面に塩、こしょうをふります。皮側に小麦粉を軽くふります。

chikinsteak5.jpg

4. 別のフライパンにオリーブオイルをひき、3の皮目を下にして入れ、両面こんがり焼き色がつくまで焼き、火が通ったら取り出します。

chikinsteak7.jpg

5. 同じフライパンに調味料(ソース)を加え、ひと煮立ちさせ、火から下ろします。

6. 焼いたチキンに、炒めたタマネギとニンニクを盛り付け、ソースをかけて、乾燥パセリをかけます。

chikinsteak8.jpg

とても美味しかったです。
最高です。リピートありです。

2024年7月9日

前回、美味しく出来たので、家族の分も含めて4人分作りました。

ディアボラ風チキンソテー 4人分


チキンソテー 鶏もも肉  4枚(800g) 
塩 (下味用) 小さじ2/3
こしょう (下味用) 小さじ2/3
小麦粉 少々
オリーブオイル 大さじ2

玉ねぎ 200g
ニンニク 2片
一味唐辛子 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2

パセリ 4g

ソース
しょうゆ 大さじ3
料理酒 大さじ2
みりん 大さじ2
水 大さじ2

1. 玉ねぎ、にんにくはみじん切りにします。

2. 中火に熱したフライパンにオリーブオイルをひき、1、一味唐辛子を入れ、しんなりするまで炒め、火から下ろします。

chikinsteak9.jpg

3. 鶏もも肉の皮目を下にして置き、2cm幅に切れ目を入れ、両側に塩、こしょうをふります。皮側に小麦粉を軽くふります。

4. 別のフライパンにオリーブオイルをひき、3の皮目を下にして入れ、両面こんがり焼き色がつくまで焼き、火が通ったら取り出します。

chikinsteak10.jpg

5. 同じフライパンに調味料(ソース)を加え、ひと煮立ちさせ、火から下ろします。

6. 付け合わせをのせた器に4、2を盛り付け、5をかけて、乾燥パセリをかけます。

chikinsteak11.jpg
chikinsteak12.jpg
ちょっと焼き方が足りなかったです。
大きなフライパンを使ったのですが、4人分一緒に焼くのは難しいです
家族からは、あまり評判良く無かったです。


フライパンにオリーブオイルをひき、鶏肉の皮目を下にして入れ、8分間何度か押し付けるように弱火で焼き、ひっくり返して弱火で5分間焼くのが良いようです。
小麦粉は両面にまぶしたほうが良いようです。


ノンフライヤーだとオリーブオイルをスプレーして、皮目を上にして220℃10分間
ひっ繰り返して、220℃7分、ひっ繰り返して230℃3分焼くのが良いようです。


参考
https://www.kurashiru.com/recipes/5219a40d-72cc-42e7-a2c6-fd2ebd7d757d