俊のきまぐれ料理

料理初心者の俊がヘルシオ ホットクックを購入していろんな料理を作ってみました。

さつまいものカレー風味そぼろ煮

冷凍にした豚ひき肉が残っていたので、酒のおつまみにする方法がないかなと探したら「さつまいものカレー風味そぼろ煮」というのがあったので、さつまいもも余っていたので作ることにしました。

材料 2人分

サツマイモ 中1本 200g
豚ひき肉 100g
ショウガ 大1かけ
カレー粉 小さじ1.5  塩分1.64g
白だし 小さじ0.5  塩分0.3g
ゴマ油 小さじ1
水 50cc
酒 大さじ1
醤油 小さじ1  塩分0.8g
みりん 大さじ1
水溶き片栗粉 片栗粉小さじ1+水適量

総重量 420g
適正塩分(0.6%) 2.52g
使用塩分 2.74g



2023年5月19日

今回は残ってた冷凍ひき肉が60gだったのと、さつまいもが105gだったので

サツマイモ 120g
豚ひき肉 60g
ショウガ 小1かけ
ゴマ油 小さじ0.6
カレー粉 小さじ1  
白だし 小さじ1/3  
水 30cc
酒 小さじ2
醤油 小さじ2/3
みりん 小さじ2
水溶き片栗粉 片栗粉小さじ2/3+水適量

で作りました。

サツマイモは皮のついたままひと口大の乱切りにして30分水にさらす。
ショウガは皮をむいてせん切り

curryimo1.jpg

フライパンで豚ひき肉とショウガをゴマ油で1分ほど炒める

curryimo2.jpg

水溶き片栗粉以外を内鍋に入れる

手動 煮物 混ぜる 20分
予熱は10分弱でした。

仕上げに水溶き片栗粉で軽くとろみをつける

curryimo3.jpg

美味しかったのですが、サツマイモの美味しさが損なわれている感じがします。

ひき肉の替りにベーコンを入れるのも良いようです。

参考
https://beergirl.net/bjrecipe_899/

ホットクックで 麻婆豆腐

材料 4人分

絹ごし豆腐  1.5丁(500g 1.5~2cmの角に切る)
豚ひき肉  200g
ニラ  1束(1センチ幅に切る)  または白ネギ(みじん切り)20cm
(A)豆板醤 大さじ1  塩分2.67g
(A)甜麺醤 大さじ1  塩分0.9g
(A)豆鼓  小さじ1  塩分0.625g
(A)粉唐辛子 小さじ1
(A)ニンニク(チューブ) 5cm
(A)生姜(チューブ) 3cm
(A)ウェイパー 小さじ1  塩分1.78g
(A)水 200cc
(A)片栗粉 大さじ1
(A)醤油 大さじ1/2  塩分1.2g
(A)オイスターソース 大さじ1/2  塩分0.855g
(A)砂糖 小さじ2
(A)紹興酒 大さじ1
(A)塩コショウ 少々
粉山椒  小さじ1(お好みで)

総重量 1055g
適正塩分(0.6%) 6.3g
使用塩分 8g


<作り方>
1、まぜ技ユニットを本体にセットする。
2、内鍋に(A)をすべて入れ、混ぜ合わせる。
3、豚ひき肉を入れ、ネギの場合はここで入れる
   ホットクック 手動 煮物を作る まぜる 15分
4、加熱後、豚ひき肉が固まっているところがあれば軽くほぐす。
5、まぜ技ユニットをとりはずす
6、豆腐を加える 
   ホットクック 手動 煮物を作る まぜない 10分
7、ニラの場合は加熱後、ここで入れて、かき混ぜる
8、仕上げに粉山椒をふりかける(量はお好みで)

2023年4月27日

今日は1人分で作りました。
ラ・ムーで国産豚ひき肉188g198円(100g105円)を購入しました。

材料 1人分

絹ごし豆腐  0.5丁(170g 1.5~2cmの角に切る)
豚ひき肉  70g
白ネギ(みじん切り)8cm
(A)豆板醤 小さじ1
(A)甜麺醤 小さじ1
(A)豆鼓  小さじ1/3
(A)粉唐辛子 小さじ1/3
(A)ニンニク(チューブ) 2cm
(A)生姜(チューブ) 1cm
(A)ウェイパー 小さじ1/3
(A)水 80cc
(A)片栗粉 小さじ1
(A)醤油 小さじ1/2
(A)オイスターソース 小さじ1/2
(A)砂糖 小さじ1
(A)紹興酒 小さじ1
(A)塩コショウ 少々
粉山椒(挽くタイプが良い)  お好みの量

maabotouhu1.jpg


1. まぜ技ユニットを本体にセットする。
2. 内鍋に(A)をすべて入れ、混ぜ合わせる。
3. 豚ひき肉、ネギを入れる
   ホットクック 手動 煮物を作る まぜる 15分
   予熱は10分でした。
4. 加熱後、豚ひき肉が内鍋にこびりついているところや固まっているところがあれば軽くほぐす。
5. まぜ技ユニットをとりはずす
6. 豆腐を加えて、4をかける 
   ホットクック 手動 煮物を作る まぜない 10分
7. 仕上げに粉山椒をお好みの量ふりかける(量はお好みで)

maabotouhu2.jpg

結構辛かったけど、とても本格的な味に仕上がりました。
最後にかけた挽きたての山椒が効いていました。
粉唐辛子の量は減らしても良さそうです。
味はちょっと濃すぎでした。
塩コショウは不要ですし、醤油とオイスターソースの量を減らしても良さそうです。
豚ひき肉の量は、もうちょっと減らしても大丈夫です。

2023年5月8日

今日は1人分で作りました。
前回残っていて冷凍してあったひき肉を冷蔵で庫解凍して使いました。

材料 1人分

絹ごし豆腐  0.5丁(200g 1.5~2cmの角に切る)
豚ひき肉  60g
白ネギ(みじん切り)10cm
(A)豆板醤 小さじ1
(A)甜麺醤 小さじ1
(A)豆鼓  小さじ1/3
(A)粉唐辛子 小さじ1/4
(A)ニンニク(チューブ) 2cm
(A)生姜(チューブ) 1cm
(A)ウェイパー 小さじ1/3
(A)水 80cc
(A)片栗粉 小さじ1
(A)醤油 小さじ1/4
(A)オイスターソース 小さじ1/3
(A)砂糖 小さじ1
(A)紹興酒 小さじ1
(A)塩コショウ 少々
粉山椒(挽くタイプが良い)  お好みの量(小さじ1/3程度)

ちょうど良い味になりました。
ひき肉は柔らかくなりすぎになってしまいました。冷凍したのが影響したのだと思います。

maabotouhu3.jpg

参考
https://blog.sharp.co.jp/2018/07/23/13683/

ホットクックで えびチリ

ホットクックでえびチリが出来るという事で、業務スーパーの冷凍むきエビ300g592円を使って作ってみる事にしました。
エビチリは大きめのむきエビのほうが良いと思います。

材料(4人分)

むきえび 300g
塩(解凍用) 大さじ2

A. 片栗粉 適量
B. ゴマ油 小さじ2
B. 片栗粉 大さじ1
B. 酒(もしくは紹興酒) 大さじ1
B. 塩 少々
B.コショウ 少々
C. にんにく 2cm
C. 生姜(すりおろし) 小さじ2/3
C. 水 60cc
C. しょうゆ 小さじ1/2 塩分0.4g
C. トマトケチャップ 大さじ3 塩分0.675g
C. 砂糖 小さじ2
C. 鶏がらスープの素 小さじ2/3 塩分0.87g
C. 紹興酒 大さじ1
C. 豆板醤 小さじ1  塩分0.89g
ねぎの白い部分(みじん切り) 20cm


総重量 450g
適正塩分(0.6%) 2.7g
使用塩分 2.84g


1. 冷凍むきえびを塩水(水1000ml、大さじ2の食塩)に入れて冷蔵庫に1時間漬けて解凍する
キッチンペーパーで水けをとる。
2. むきえびは片栗粉で揉みこんで、流水で洗ってキッチンペーパーで水けをふく。
3. むきえびをポリ袋に入れBを加えて揉みこむ。
4. Cは混ぜ合わせておく
5. ホットクックの内鍋にCとBを含んだむきえびとネギを入れ、
  手動 煮物1-1 混ぜる 4分加熱

参考
https://indoor-enjoylife.com/hotcook-ebichiri/

2023年4月13日

今回は1人分で作ってみました。
ネギは大めにしました。

材料(1人分)

むきえび 100g
塩(解凍用) 小さじ2

A. 片栗粉 適量

B. ゴマ油 小さじ2/3
B. 片栗粉 小さじ1
B. 酒 小さじ1
B. 塩 少々
B.コショウ 少々

C. にんにくチューブ 1cm
C. 生姜チューブ 1cm
C. 水 30cc
C. しょうゆ 小さじ1/6 
C. トマトケチャップ 大さじ1 
C. 砂糖 小さじ21
C. 鶏がらスープの素 小さじ1/4 
C. 紹興酒 小さじ1
C. 豆板醤 小さじ1/3 
 
ねぎの白い部分(みじん切り) 15cm

1. 冷凍むきえびを塩水(水300ml、小さじ2の食塩)に入れて冷蔵庫に1時間漬けて解凍する。

ebichili2.jpg

キッチンペーパーで水けをとる。
2. むきえびはA片栗粉で揉みこんで、流水で洗ってキッチンペーパーで水けをふく。
3. むきえびをポリ袋に入れBを加えて揉みこむ。
4. Cは混ぜ合わせておく

ebichili1.jpg

5. ホットクックの内鍋にCとBを含んだむきえびとネギを入れ、
  手動 煮物1-1 混ぜる 4分加熱
  予熱10分程度でした。

ebichili3.jpg

エビはぷりぷりして美味しかったです。

2023年4月24日

今回も1人分で作ってみました。
色がもっと鮮やかなオレンジ色のほうが良いと思うので、しょうゆをやめて、塩少々(0.5g)加えることにしました。
あんかけが多い方が良いと思うので、水を増やして(30cc増やして60cc)、片栗粉も増やして(小さじ1追加)作ることにしました。
砂糖を増やして(小さじ1.5)、ネギも、もっと多く(20cm)する事にしました。

材料(1人分)

むきえび 100g
塩(解凍用) 小さじ2

A. 片栗粉 適量

B. ゴマ油 小さじ2/3
B. 片栗粉 小さじ1
B. 酒 小さじ1
B. 塩 少々
B.コショウ 少々

C. にんにくチューブ 1cm
C. 生姜チューブ 1cm
C. 水 60cc
C. 塩 0.5g 
C. 片栗粉 小さじ1.5
C. トマトケチャップ 大さじ1.3 
C. 砂糖 小さじ1.5
C. 鶏がらスープの素 小さじ1/4 
C. 紹興酒 小さじ1
C. 豆板醤 小さじ1/3 
 
ねぎの白い部分(みじん切り) 20cm

1. 冷凍むきえびを塩水(水300ml、小さじ2の食塩)に入れて冷蔵庫に1時間漬けて解凍して、キッチンペーパーで水けをふく。
  (塩を節約するには水100ml、3gに入れて冷蔵庫に1時間漬けて、
   その後外で1時間漬けてもOKです)
2. むきえびはA片栗粉で揉みこんで、流水で洗ってキッチンペーパーで水けをふく。
3. むきえびをポリ袋に入れBを加えて揉みこむ。
4. Cは混ぜ合わせておく

ebichili4.jpg

5. ホットクックの内鍋にCとBを含んだむきえびとネギを入れ、
  手動 煮物1-1 混ぜる 4分加熱
  予熱10分程度でした。

ebichili5.jpg

色が綺麗で美味しかったです。ソースの量もちょうど良かったです。
かなりプロっぽいエビチリになってきました。
もうちょっとソースがさらっとしたほうが好きなので、Cの片栗粉を減らした(小さじ1に)方が良さそうです。
ネギは、もう少し減らしても良さそうです。



ホットクックで 包まないシューマイ

材料(2人用)

シューマイの皮(細切り) 8枚分
A 豚ひき肉(鶏ひき肉でも可) 200g
A えのきだけ(根元を除き1cm長さに切る) 1袋(150g)
A しょうがチューブ 小さじ1
A 溶き卵 1/2個
A 塩 小さじ1/4 塩分1.25g
A 砂糖 小さじ1
A 醤油 小さじ1/2 塩分0.4g
A ゴマ油 小さじ1/2
A 片栗粉 小さじ1/2


総重量  400g
適正塩分(0.6%) 2.4g
使用塩分  1.65g

1. ボールにAを入れて、粘りが出るまで手で混ぜる
2. ホットクックの蒸し板に30cm長さのクッキングシートを数枚敷き
  1を入れて全体に広げ、シューマイの皮を散らす。
  はみ出たシートは外側に折りこむ。
3 内鍋に200cc水を入れ
   手動 2 蒸し物 12分
4. クッキングシートごと取り出して16等分する。  

シューマイの皮を自分で作るには

8枚分だと
薄力粉  40g
強力粉  13g
水    25g
塩    1g強

打ち粉は 強力粉 適量

1. 薄力粉と強力粉を混ぜ、水に塩を溶かしたものを回しかけ混ぜる。
2. 手でなめらかになるまでこね、ラップをして30分寝かせる。
3. しっとりつややかになり弾力が出たら、打ち粉をして伸ばす。
4. 1mmくらい薄く伸ばして切る。

2023年4月20日

えのきだけの替りに玉ねぎ1個(皮や端を除いて150gみじん切り)を使いました。
卵は入れないで作ってみました。

1. 玉ねぎみじん切り150gを片栗粉大さじ2をまぶします。

siumai1.jpg

2. 1に豚肉ひき肉179g(ラ・ムーで国産189円 100g106円)
A しょうがチューブ 小さじ1
A みりん 小さじ2
A 塩 小さじ1/4
A 砂糖 小さじ2
A 醤油 小さじ1/2
A ゴマ油 小さじ1
A 鶏ガラスープ 小さじ1
A オイスターソース 小さじ1
を加えて、粘りが出るまで手で混ぜ合わせます。

siumai2.jpg

3. 1時間ほど冷蔵保存します。
4. 薄力粉  40g
  強力粉  13g
  水    25g
  塩    1g強
  薄力粉と強力粉を混ぜ、水に塩を溶かしたものを回しかけ混ぜる。

siumai3.jpg

5. 4を手でなめらかになるまでこね、ラップをして30分寝かせる。

siumai4.jpg

6. 5がしっとりつややかになり弾力が出たら、打ち粉をして伸ばす。
7. 6を1mmくらい薄く伸ばして切る。
8. ホットクックの蒸し板に30cm長さのクッキングシートを2枚敷き
  3を入れて全体に広げ、シューマイの皮を散らす。
  はみ出たシートは外側に折りこむ。

siumai5.jpg
siumai6.jpg

9. ホットクックの内鍋に200cc水を入れ
   手動 2 蒸し物 12分
 予熱は10分でした

siumai7.jpg

10. クッキングシートごと取り出して8等分する。

siumai8.jpg
  
餡の味は文句なく良かったです。美味しかったです。
シューマイの皮は、もっと薄い方が美味しくなりそうだし、もっと細く切ればもっと美味しくなりそうです。
蒸し方が悪かったのか、ちょっとビチャビチャになりました。
はみ出たシートを外側に折りこむのを怠ったせいだと思います。
はみ出たシートは切った方が蒸しやすそうです。

参考
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1770021671/

ホットクックで 煮込みハンバーグ

以前、クッキングプロで煮込みハンバーグを作った時に、固めだったので、今回はホットクックで煮込みハンバーグを作ってみました。

ハンバーグ種
合いびき肉 500g
ウスターソース 大さじ1  塩分1.26g
塩 小さじ 1/3 (2g)  塩分2g
粗挽きコショウ 少々(大胆に)
ナツメグ 少々(大胆に)
玉ねぎ 小さめ1個 150g(オニオンソテーだと50g)
パン粉 25g
牛乳 100cc
溶き卵 1個

ソース
ウスターソース 大さじ4  塩分5.04g
ケチャップ 大さじ3  塩分1.485g
酒 大さじ2
はちみつ 大さじ1/2
バター 15g  塩分0.225g

サイドディッシュ(鍋底に敷くよう)
にんじん(5mm程度の厚さ) 1本

総重量 1150g
適正塩分(0.6%) 6.9g
使用塩分 10g


作り方
ホットクックの鍋底に輪切りにしたにんじんを敷き並べておく。

つなぎの作り方
オニオンソテーにパン粉、牛乳を混ぜ合わせ、卵も混ぜ合わせる。

タネの作成
ひき肉にウスターソースと塩コショウ、ナツメグ、胡椒を合わせて、握るように素早く練る(氷水で冷やしながら混ぜると良い)。

タネが混ざったら、つなぎを入れて再度握るように素早く練る。

ボウルの中で肉を広げて指先でかき混ぜるように素早く混ぜる。
肉が粘り気が出た感じになったらOK。

手に油(分量外)を塗って、タネを4等分にして両手でお手玉のように軽く20回ほどキャッチボールして空気を抜いて楕円形に形成する。

冷蔵庫に30分保存する。

フライパンにサラダ油を入れ、強火の中火で両面2分ずつ焼いて焼き色を付ける。

ホットクックの内鍋ににんじんの薄切りを敷く。
その上に形成したタネを並べて置く。
ソースの材料をすべて混ぜあわせて、ハンバーグの上からかける。
ホットクック 自動 煮物 1-6(白菜と豚バラの重ね煮  手動だと煮物混ぜない30分)でスタート


2023年3月2日

今回は2人分で作りました。
ラ・ムーで輸入合い挽きミンチ(豚・牛)200g211円(100g105円)を購入しました。


合いびき肉 200g
ウスターソース 小さじ2
塩 0.8g
粗挽きコショウ 少々
ナツメグ 少々
オニオンソテー 20g
パン粉 10g
牛乳 40ml
溶き卵 1/2個
5mm程度の厚さにんじん(5mm程度の厚さ) 1/3本

ソース
ウスターソース 大さじ2
ケチャップ 大さじ1.5
酒 大さじ1
はちみつ 小さじ1
バター 5g



1. オニオンソテーにパン粉、牛乳を混ぜ合わせ、溶き卵も混ぜ合わせる。

nikomihanb1.jpg

2. バターを電子レンジで溶かして、残りのソースの材料を混ぜる。
  舐めたら塩っぱかったので牛乳を大さじ1加えました。

nikomihanb3.jpg

3. ひき肉にウスターソースと塩コショウ、ナツメグ、胡椒を合わせて、握るように素早く練る(氷水で冷やしながら混ぜると良い)。

4. タネが混ざったら、1を入れて再度握るように素早く練る。

5. ボウルの中で肉を広げて指先でかき混ぜるように素早く混ぜる。
肉が粘り気が出た感じになったらOK。

nikomihanb2.jpg

6. 手にサラダ油(分量外)を塗って、タネを2等分にして両手でお手玉のように軽く20回ほどキャッチボールして空気を抜いて楕円形に形成する。

nikomihanb4.jpg

7. 冷蔵庫に30分保存する。

8. 余った溶き卵(1/2個)に砂糖小さじ1、白ダシ小さじ1/2、牛乳大さじ1、チーズひとつまみを入れて電子レンジ600W2分で卵焼きを作りました。

nikomihanb5.jpg

9. フライパンにサラダ油を入れ、強火の中火で両面2分ずつ焼いて焼き色を付ける。

nikomihanb6.jpg

10. ホットクックの内鍋ににんじんの薄切りを敷く。
  その上に形成したハンバーグのタネを並べて置く。
  ソースの材料をすべて混ぜあわせて、ハンバーグの上から半分だけかける。
  卵焼きをのせる
  残りのソースをかける
  
11 ホットクック 自動 煮物 1-6(白菜と豚バラの重ね煮  手動だと煮物混ぜない30分)でスタート

ちょうど30分で完成しました。

nikomihanb7.jpg

柔らかくて、食感は最高でしたが、ソースは濃すぎでした。
ウスターソースの量は減らした方が良いと思います。
玉子焼きは無くても良かったです。

でもクッキングプロより数段美味しく出来ました。

次回作るとしたら
ソースは
ウスターソース 大さじ1
ケチャップ 大さじ1
赤ワイン 大さじ3
はちみつ 小さじ1
バター 5g
トマトピューレ(もしくはトマトジュース) 大さじ2
で作ろうと思います。
電子レンジで3分ほど過熱してから使ったほうが良さそうです。

https://happymeal.blog/hamburg_steak/

ホットクックで 豚バラ軟骨(パイカ)焼き

2022年5月15日

地元の料理屋さんでパイカ(豚バラ軟骨)焼きを食べてから、すっかり、パイカ焼きが気にったので、自分で作れないか調べてみました。

ラ・ムーで豚バラ軟骨を買ってきました。
国産の冷凍で単価79円401gで315円です。
賞味期限が5月19日と2週間も無いです。きっと期限を過ぎても大丈夫だと思います。

paika1.jpg

グランマサラは、どこでも売っているとという感じで無く、イオンのマックスバリューで見つけました。
7.5gで119円でした。

paika2.jpg

材料(4人分)

・豚バラ軟骨 400g
・水 800ml
・ネギの青い部分 1本分
・生姜 薄切り5枚
・料理酒 50cc

タレ

・玉ねぎすり下ろし 100g
・しょうゆ 大さじ5
・味噌 大さじ1
・はちみつ 大さじ4
・おろしニンニク 小さじ1
・生姜 小さじ1
・ゴマ油  小さじ1/2 
・一味唐辛子 小さじ1/4
・黒こしょう 小さじ1/4
・ガラムマサラ 小さじ1/4



冷蔵庫で豚バラ軟骨を解凍しました。
1日で完全に解凍できました。
大きいのもあったので切っておきました。

paika3.jpg

をホットクックの手動の蒸し物2で30分加熱して下処理をしました。
豚バラ軟骨は、流水で洗いました。
ネギは捨てます。生姜は残しておきました。
残った煮汁は、アクをとって、そのまま他の鍋に豚バラ軟骨と一緒に移し冷蔵庫に保存しました。

paika4.jpg

ホットクックの内鍋は洗っておきました。

翌日に油脂がいっぱい浮いていたので、取り除きました。

paika5.jpg

鍋の中身を、ホットクックの内鍋に移し、ホットクックの手動 煮物1-2(混ぜない)で5時間加熱
ネットでは1~2時間で大丈夫と説明されている場合も多いようですが、軟骨までトロトロにするには5時間の加熱が必要のようです。

ホットクックHN-HT99Aでは煮物の最長連続時間が2時間で延長でした。
手動 煮物1-2(混ぜない)で2時間加熱しました。
豚バラ軟骨の鍋は常温に戻しておいたのですが、ホットクックが沸騰するまでに30分程度かかりました。

2時間たってから食べてみたのですが、軟骨の部分はコリッコリとしていました。
人によっては、これでちょうど良いのかもしれません。

再び、手動 煮物1-2(混ぜない)で2時間加熱しました。すぐに沸騰温度になりました。
追加2時間(合計4時間)で、軟骨の部分はトロトロになっていました。
念のために30分延長を2回しました。合計5時間です。

時間が中途半端だったので、保温しておきました。

タレを作っておきます。

玉ねぎすり下ろし   100g
しょうゆ         大さじ5
味噌           大さじ1
はちみつ        大さじ4(砂糖だと大さじ12)
おろしニンニク 小さじ1
生姜 小さじ1
ゴマ油  小さじ1/2 
一味唐辛子、黒こしょう、ガラムマサラ  各小さじ1/4

を電子レンジ(500w)で4~5分加熱しました。

paika6.jpg

paika7.jpg

paika8.jpg

豚軟骨を熱いうちにタレに漬け込んで、オーブントースターでアルミ箔を敷いて焼きます。電子レンジのオーブンだと180℃で良いようです。

表面に香ばしい焼き目がつけばOKです。
8分加熱しました。

paika9.jpg

軟骨部分がトロトロで、最高に美味しかったです。
ガラムマサラの量は控えめにした方が良いような気がします。

参考
http://dt125kazuo.blog22.fc2.com/blog-entry-3095.html


豚軟骨を茹でた下茹で汁がもったいないので、野菜スープを作ることにしました。

レシピはソーセージでしたが、ベーコンが余っていたので、ベーコンにしました。

下茹で汁 全部700cc
じゃがいも 1個(70g)3mm幅の半月切り
にんじん 1/3本(50g)3mm幅の半月切り
ベーコン 100g 薄切り

鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1
こしょう 少々

下茹で汁は350ccしか残っていなかったので、水を加えて700ccにしました。

paika10.jpg

paika11.jpg

paika12.jpg

2023年2月15日

業務スーパーで、茹でて下処理済みの冷凍パイカ(豚バラ軟骨)が売られていたので購入してきました。
国産で500gで538円でした。
柔らかく下処理してあるので、15~20分煮込むだけで良いそうです。
ラ・ムーの冷凍パイカ(豚バラ軟骨)より小粒です。

paika13.jpg

材料(4人分


タレ

・オニオンソテー56g(タマネギの1/2~1/3程度)
・しょうゆ 大さじ5
・味噌 大さじ1
・はちみつ 大さじ4
・おろしニンニク チューブ4cm
・生姜 チューブ4cm
・ゴマ油  小さじ1/2 
・一味唐辛子 小さじ1/4
・黒こしょう 小さじ1/4
・ガラムマサラ 小さじ1/4

・豚バラ軟骨 500g(前日から冷蔵庫で解凍)
・水 800ml
・ネギの青い部分 1本分
・生姜 薄切り5枚

をホットクックの内鍋に入れて手動の煮物 混ぜないで50分加熱して下処理をしました。
予熱は30分程度かかりました。

アクが少なかったので、スプーンでとって、そのまま煮汁を使って調理を続ける事にしました。

硬さを確認したら、歯ごたえのある部分が残っていたので、1時間追加で加熱しました。
まだ歯ごたえのある部分が残っていたので、再び1時間追加で加熱しました。

完全に柔らかくなっていましたが、崩れている部分もありました。
加熱は下処理なしで合計2時間30分程度で良さそうです。

タレを電子レンジ(500w)で4~5分加熱しました。

paika14.jpg

豚軟骨を熱いうちにタレに漬け込んで冷蔵保存しました。

paika15.jpg

電子レンジの予熱無しオーブンで角皿にアルミホイールをしいて180℃8分で焼きました。

paika16.jpg

思ったほど焼けなくて、冷たかったので、耐熱皿に入れて電子レンジで温めました。途中で肉が破裂したので途中で止めましたが熱々になりました。

paika17.jpg

味は最高に美味しかったのですが、表面に香ばしい焼き目がつかなかったのが残念でした。

2023年2月16日

残っていた冷蔵した味付け豚バラ軟骨を電子レンジで温めた後に、オーブントースターにアルミホイールを敷いて上下(650W)8分で焼きました。

paika18.jpg

しっかり焼けましたが、焼き過ぎなのか肉が硬くなった箇所もありました。
焼くのは6分で良さそうです。

2023年2月17日

残っていた冷蔵した味付け豚バラ軟骨を電子レンジで温めないで、オーブントースターにアルミホイールを敷いて上下(650W)10分で焼きました。
熱々でないけど美味しく食べられました。

どれくらいの時間で豚バラ軟骨が柔らかくか分からなく食事の時間に合わせられないので冷蔵保存して食べるのは翌日にしたのですが、本来は食事の3時間ちょっと前から加熱して、タレを漬けて、オーブントースターにアルミホイールを敷いて上下(650W)6分で焼けば良さそうです。

2023年2月18日

残っていた冷蔵した味付け豚バラ軟骨をチャック付き保存袋を2重にして入れて、ホットクックの内鍋に水100ccと一緒に入れて温め直してから、オーブントースターにアルミホイールを敷いて上下(650W)6分で焼いてみました。
温め直しには10分かかりました。

ちょうど良い焼き加減で柔らかく美味しかったです。

paika19.jpg

ホットクックで トマトリゾット

カットトマト缶で出来る料理を調べていたらトマトリゾットがあったので作ってみました。

材料 4人分

無洗米:1合(約150g)*普通の白米でもOK。
玉ねぎ:50g *粗目のみじん切り。
トマト水煮缶:1缶 400g 塩分0.4g
ベーコン:約60g *1~2cmうす切り。
溶けるチーズ:2枚 36g *お好みで

調味料

にんにく:小さじ1 
水:100ml *トマト水煮缶1/2缶使う場合は「水」は300mlに増やします
こしょう:少々
バター:15g 塩分0.225g
塩:4.5g  可能なら高級な塩


総重量 760g
適正塩分 4.5g
使用塩分 4.7g

 

調理法

下準備
最初はお米が全部浸るくらいに水を入れ、手で軽くお米を2〜3回転させ(約10秒)たら、素早く水を全部捨てます。
2回目からは、ほとんど水の無い状態で、一定のスピードで同じ方向に20回ほど、お米の摩擦を利用しながらシャカシャカとかき回す。
水を入れ、底を混ぜてから白く濁った水を捨てる。
「水の取り替え」は2回ぐらい行い、合計3回(2,3,4回目)程度研ぐ
その後、水気を切っておきます。

1. 下処理したお米をホットクックの内鍋に入れる
2. 玉ねぎとベーコンを入れる
3. トマト水煮缶を入れ、にんにく、バター、コショウ少々を入れます。最後に水100ccと塩4.5gを入れます。
4. ホットクック 手動 煮物 混ぜる 20分
5. 終了後10分蒸らす
6. よくかき混ぜ、溶けるチーズをまぶす

2023年2月4日

今回1人分で作りました。

無洗米:50g*普通の白米でもOK。
玉ねぎ:20g *粗目のみじん切り。
トマト水煮缶:1/3缶 130g 
ベーコン:約20g *1~2cmうす切り。
溶けるチーズ:12g *お好みで

調味料

にんにく:小さじ1/3
水:30ml
こしょう:少々
バター:5g 
塩:1.5g


普通のお米の場合、最初はお米が全部浸るくらいに水を入れ、手で軽くお米を2~3回転させ(約10秒)たら、素早く水を全部捨てます。
2回目からは、ほとんど水の無い状態で、一定のスピードで同じ方向に20回ほど、お米の摩擦を利用しながらシャカシャカとかき回す。
水を入れ、底を混ぜてから白く濁った水を捨てる。
「水の取り替え」は2回ぐらい行い、合計3回(2,3,4回目)程度研ぐ
炊飯釜でお米を研いで、30分ほど浸水させておき(水加減は少なめで)、その後、水気を切っておきます。

調理法

1. 普通の白米の場合は、水で洗った後そのまま入れる
2. 玉ねぎとベーコンを入れる
3. トマト水煮缶を入れ、にんにく、バター、コショウ少々を入れます。最後に水30ccと塩1.5gを入れます。

Risotto1.jpg

4. ホットクック 手動 煮物 混ぜる 20分
   予熱は10分程度でした。
5. 終了後10分蒸らす
   試食したら米が硬かったので、水を30cc加えて温め直しをしました。
   ちょうど良い炊き加減になりました。
6. よくかき混ぜ、溶けるチーズをまぶす

Risotto2.jpg

まあ美味しくはなりました。
でもリピートは無いです。トマト味は好きでは無いのかもしれません。
お米の量は、もっと多くても良いと思いました。


参考
https://indoor-enjoylife.com/hotcook-tomatorisotto-revision/

ホットクックで ポークカレー

ホットクックはカレーを作るのが得意だというので、試してみようかなと思いました。

俊の好きなのは、野菜のかたまりが入っていなくて、柔らかい豚肉のかたまりが入っていて、ルーがシャバシャバなカレーなんです。

柔らかい豚肉のかたまりは、豚肉の角煮と同一なもので大丈夫だと思います。

豚バラ肉(かたまり)メキシコ産462g638円(単価138円)を業務スーパーで購入しました。

curry8.jpg

シャバシャバなカレーを作るには、カレールーの量を減らし、(50g程度)その代わりに、ブイヨンやコンソメの素(キューブ4個 or  大さじ2)などを加えると良いようです。

ホットクックでカレーを作る場合は、水の量はカレーのルーの説明より250g(4人分)少なめでも良いようです。

香りを強くするためにクミンシード、辛味を強くしたい場合はガラムマサラを加えると良いようです。
クミンシードとグランマサラは、売っているお店が少なく、イオンのマックスバリューで見つけました。
両方とも7.5gで119円でした。


curry1.jpg

材料(4人分)

豚バラ肉(かたまり) 462g
A.生姜(薄切り)2かけ(2cm)
A.ネギの青い部分 10cm
A.水 800cc
玉ねぎ(みじん切り) 大きかったので1個
ニンジン(みじん切り) 1本
残った出汁:500cc (ホットクックの場合は通常より250cc少なめ)
ゴールデンカレー中辛:60g (1パック100gで通常5~6皿分) 塩分7.9g
コンソメ(キューブ3個 or 大さじ2) 塩分7.08g
バター 20g  塩分0.3g
はちみつ 5g
クミンシード 小さじ1/2
グランマサラ 好みの量(小さじ2程度) 
生姜(おろし) 小さじ1
にんにく 小さじ1
チョコレート 1粒

総重量 1300g
適正塩分(0.6%) 7.8g
使用塩分 15.2g


5cm角に切った豚バラ500gとAをホットクックの内鍋に入れて
手動 蒸し物2 30分 加熱
して下処理しました。

少しアクが出ていたので、豚バラ肉と生姜を洗い、内鍋を洗って。ネギは捨てました。
余った生姜は、すりおろして使います。

curry2.jpg

アクをとった後の出汁を残しておいて、豚バラと一緒に別の鍋に移し、冷蔵庫に保存しました。

翌日、全面に脂が浮いていたので除去しました。

curry3.jpg

curry4.jpg

玉ねぎ:大きいのを1個 とニンジン:1本を皮を剥いてから、みじん切りしました。
包丁の扱いがへたなので、パナソニックのフードプロセッサーMK-K81-Wを使いました。
あっという間に、みじん切りができました。

curry5.jpg

curry6.jpg

サラダ油をひいてクミンシードを2~3粒炒め、シューっと細かい泡が出たら、残りのクミンシードを入れて、香りが出てきたら、生姜と玉ねぎを炒め、
玉ねぎがあめ色になったら、ニンジンを加えて焦げないように炒めました。

curry9.jpg

すべて(グランマサラ以外)をホットクックの内鍋に入れて、ホットクックの手動 煮込み 調理時間40分 まぜ技ユニットで加熱しました。

curry7.jpg

カレールーのしゃぶしゃぶ具合は、ちょうど良い感じです。
ルーと水は増やさなくても良さそうです。

味も問題なさそうな感じです。
辛さは、それほど無いですが、辛いものが苦手な家族もいるので、グランマサラを少しだけ加えました。

ホットクックの手動 煮込み まぜ無しで40分追加加熱しました。
味見しましたが美味しかったです。
冷蔵庫で翌日まで保存しました。
全面にカレー色の脂が浮いていたのですが、そのまま使いました。

curry10.jpg

量が少ないかなあと心配になったので、出汁を100ccを追加しました。

ホットクックの温めなおしで加熱しました。
1時間もかかりました。

curry11.jpg

豚肉も柔らかく、シャバシャバ具合も申し分なく、とても美味しかったです。満足です。
汁が少し残ったので、最後の出汁100ccの追加は不要だったようです。
ほとんど辛くなかったので、グランマサラの量は増やしても良かったかなあと思いました。


参考
https://monchiblog.net/hotcook-porkcurry/
https://kyoumisin4n.com/kareewosyabasyabanisitai/       


2023年1月28日

業務スーパーで冷凍の豚バラ肉ブロック(スペイン産1kg1099円)が売られていたので好奇心で購入しました。
スペイン産は前回懲りたので、もう買うまいと思っていたのですが、冷凍なら、急いで使わなくても良いと思ったのです。
半分に切られているので、500gずつ使えます。
500gというのは使いやすい量です。

gyoumubutabara.jpg


さっそく、500gを冷蔵庫で解凍しました

ポークカレー(4人分)

豚バラ肉(かたまり) 500g
A.生姜(薄切り)1かけ
A.ネギの青い部分 10cm
A.水 800cc
オニオンソテー(玉ねぎの1/2~1/3程度) 150g
ニンジン(みじん切り) 1本 120g
残った出汁:500cc 
ゴールデンカレー中辛:60g 
コンソメ(キューブ3個)
バター 25g
はちみつ 10g
クミンシード 小さじ1/2
グランマサラ 小さじ2
生姜チューブ 5cm
にんにくチューブ 5cm
チョコレート 1粒


5cm角に切った豚バラ500gとAをホットクックの内鍋に入れて
手動 蒸し物2 30分 加熱
して下処理しました。

少しアクが出ていたので、豚バラ肉と生姜を洗い、内鍋を洗って。ネギは捨てました。

アクをとった後の出汁を残しておいて、豚バラと一緒に別の鍋に移し、冷蔵庫に保存しました。

翌日、思っていたほど脂が浮いていませんでした。

皮を剥いたニンジンをフードプロセッサーMK-K81-Wでみじん切りしました。

サラダ油をひいてクミンシードを2~3粒炒め、シューっと細かい泡が出たら、残りのクミンシードを入れて、香りが出てきたら、オニオンソテーと生姜チューブとにんにくチューブとニンジンを加えて焦げないように炒めます。

すべて(グランマサラ以外)をホットクックの内鍋に入れて、
手動 煮込み 調理時間40分 まぜ技ユニットで加熱しました。
予熱20分でした、

味見してグランマサラを加えます。

ホットクックの手動 煮込み まぜ無しで40分追加で加熱。
冷蔵庫で翌日まで保存しました。

びちゃびちゃ感が少なかったので、水を100cc加えました。
ホットクックの温めなおしで加熱しました。
1時間程度かかりました。

カレー自体は美味しかったのですが、豚肉は硬くて噛み切れない部分も多かったです。
スペイン産の豚肉はダメです。
少し、塩気が多かったです。次回はコンソメの量を2個に減らそうと思います。

curry12.jpg



トマトのクリーミーうどん

トマトピューレと冷凍のうどんが残っていたので、トマトのクリーミーうどんを作ってみました。

材料(1人分)
トマト 1個
うどん (茹で) 1玉
(A)ケチャップ 大さじ2
(A)牛乳 50ml
(A)塩こしょう 適量
(A)鶏ガラスープの素 小さじ1
(A)ピザ用チーズ 30g
パセリ 適量

2023年1月21日

トマトをトマトピューレに変更しました。
茹でうどんを冷凍うどんに変更しました。
トマトピューレにしたので、トマトケチャップをやめて、白ダシを入れました。
玉ねぎ、ベーコンをオリーブ油で炒めて入れることにしました。

材料(1人前)
トマトピューレ 150g
冷凍讃岐うどん  1玉
(A)白ダシ 小さじ1.5 0.9g
(A)塩 少々
(A)こしょう 少々
(A)鶏ガラスープの素 小さじ1 2.5g
ピザ用チーズ 30g
牛乳 50ml
ベーコン 15g
玉ねぎ 30g
オリーブ油 少々
にんにく 1片
パセリ 適量

玉ねぎ、ベーコンを、オリーブオイル・にんにくすりおろしを入れて炒めておく。

ホットクックの内鍋にトマトピューレと冷凍うどん、玉ねぎ、ベーコン、(A)を入れて

ホットクック 手動 煮物 混ぜる 8分

牛乳とピザ用チーズを入れて

ホットクック 手動 煮物 混ぜる 2分

おいしく出来ましたが、個人的にはリピート無しです。
うどんを讃岐うどんにしたのは正解でした。

tomatoudon.jpg


参考
https://www.kurashiru.com/recipes/bdd12f84-b064-49a7-906b-983f6551365f

ホットクックで もつ煮込みうどん

前回、味噌味のもつ煮込みうどんを作りましたが、味噌味だとホルモンの存在感が薄くなるので醤油味で作ってみました。

材料(1人分)

好みの野菜(白菜、ニンジン、しめじ、ねぎ、白ネギ、しいたけ)なんでも入れます。

冷凍讃岐うどん(業務スーパー 200g)
国産豚ミックスホルモンの炒め物 100g  塩分1.28g
卵(温泉卵へ) 1個
天かす 好みで
長ねぎ(白ねぎ) 1/8本
玉ねぎ  1/6個(50g)
乾燥油揚げ 好みで
水 350ml(乾燥油揚げが無ければ300ml)
白だし 大さじ1  塩分1.845g
醤油 小さじ1.5(もつを入れなかったら大さじ1)  塩分1.2g
みりん 大さじ1

ホットクック 手動 煮物 混ぜる 10分

盛り付けて、炒めて暖かいホルモンと天かすと温泉卵をのせて食べます。

総重量 800gg
適正塩分(0.6%) 4.8g
使用塩分 4.325g


ホルモンを炒める場合は
解凍
・水 300ml
・国産豚ミックスホルモン 330g
でホットクック 手動 煮物 混ぜない 3分 
予熱17分程度。

・ごま油 大さじ1
・にんにくチューブ 3cm
・しょうがチューブ 3cm
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1.5
・オイスターソース 大さじ2  塩分3.42g
・酒 大さじ2
・しょうゆ 小さじ1  塩分0.8g
をかき混ぜて、レンジで600W1分加熱して、解凍したホルモンを3時間以上漬けておき、フライパンで炒めます。

総重量 736g
適正塩分(0.6%) 4.416g
使用塩分 4.22g


温泉卵を作る場合は
ホットクックに卵と、卵が全部浸る程度の水を入れ
 手動 発酵 65℃ 1時間 で作りました。
終了後に、すぐに取り出して水に漬けます。


2023年1月7日

今回は1人分で作りました。

国産豚ミックスホルモン 330gをホットクックで解凍しました。
(ホットクック 手動 煮物 混ぜない 3分)

motuudon4.jpg
motuudon5.jpg

ビニール袋に混ぜておいた調味料を入れて6時間漬けておきました。
調味料は
・ごま油 大さじ1
・にんにくチューブ 3cm
・しょうがチューブ 3cm
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1.5
・オイスターソース 大さじ2
・酒 大さじ2
・しょうゆ 小さじ1
です。

motuudon7.jpg

食べる少し前にホルモンを炒めました。

motuudon8.jpg

白菜と、白ネギと、玉ねぎを切っておきました。

motuudon6.jpg

温泉卵は、1個だけなので電子レンジで作る事にしました。
RMD1 [レンジで簡単 目玉焼き]に、常温に戻した卵を入れて、給湯器のぬるま湯を100cc入れて、黄身に穴をあけ、レンジで500Wで70秒加熱し、しばらく様子を見て、ちょうど良いと思った時に水を捨てる。

冷凍讃岐うどん(業務スーパー 200g)
長ねぎ(白ねぎ) 1/8本
白菜 1枚
玉ねぎ  1/6個(50g)
乾燥油揚げ 好みで
水 350ml
白だし 大さじ1
醤油 小さじ1.5
みりん 大さじ1

をホットクックの内鍋に入れて

ホットクック 手動 煮物 混ぜる 10分
予熱は15分でした

盛り付けて、炒めたホルモン100g、温泉卵、天かすを入れて完成です。

motuudon9.jpg

ホルモンの味が上品でインパクトに欠けました。
味噌味で炒めた方が良さそうです。
次回は赤味噌を小さじ1を加えて炒めようと思います。

スープも味付けが上品すぎでした。
醤油は大さじ1でも良かったみたいです。


2023年1月14日

今回も1人分で作りました。
ホルモンは前回調味料を入れて6時間漬けて冷凍しておいたものを1日冷蔵庫で解凍して使いました。
解凍したホルモンに赤味噌を小さじ1加えて混ぜてから炒めました。
スープは醤油を量を増やして大さじ1にしました。

冷凍讃岐うどん 1玉(200g)
長ねぎ(白ねぎ) 1/8本
白菜 100g
玉ねぎ  1/6個(50g)
乾燥油揚げ 好みで
天かす 好みで
温泉卵 1個
水 350ml
白だし 大さじ1
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1

・ホルモン 100g
・ごま油 大さじ1
・にんにくチューブ 3cm
・しょうがチューブ 3cm
・みりん 大さじ1
・砂糖 小さじ1.5
・オイスターソース 大さじ2
・酒 大さじ2
・しょうゆ 小さじ1
・赤味噌 小さじ1


motuudon10.jpg

温泉卵は割ってから電子レンジで500W90秒にしました。

ホルモンの味もインパクトがあって、とても美味しく出来ました。
ホルモンに豆板醤を入れるのもありかもしれません。
温泉卵は少し固めでした。電子レンジで500W80秒で良かったです。

motuudon11.jpg